2012年04月25日

京都北山元町らーめん@京都市中京区東洞院通錦小路下ル阪東屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の老舗店のひとつ「元町ラーメン」さんです。店長さんが代替わりされて、西京極にお店を構えておられましたが、こちらに移転されたようです。

お店は四条烏丸の交差点近く、少し入り組んだ路地内にありますが、近くに行くと、お店の案内図の看板などが立っていますので分かりやすいです。お店の赤い看板に書かれた「ラーメン」の文字もよく目立ちます。駐車場は存在しないと思います。

店内は、カウンター席のみ。まだ移転されて間もないため、とてもきれいです。落ち着いた雰囲気で、女性客にも入りやすい雰囲気だと思います。お店は、夫婦で切盛りされていて、接客も丁寧なものでした。

メニューは、元町ラーメンの伝統でもある濃厚醤油味のらーめん650円がメイン。他に白ラーメン(白醤油+削り節のあっさり味)650円、牛すじらーめん750円(濃厚醤油or白スープの選択可)、坦々麺700円、野菜らーめん780円(白らーめんに、たっぷり野菜)があります。他に単品や、定食メニューも存在します。

この日は、濃厚醤油味の「ちゃーしゅうめん」750円を注文。お店としては、濃厚醤油スープには、生ニンニクトッピングをおススメされているのですが、この日は用事もあったので、そのままいただくことにしました。

ラーメンは、とてもクラシカルな京都らしいラーメンです。スープの色合いが濃い茶色で濁っており、いかにも濃厚そうな雰囲気が伝わってきます。トッピングは、チャーシュー、モヤシ、ネギとシンプルなものです。

そのスープの味わいは、まず辛いくらいの強烈にくる醤油味。この醤油はうなぎのタレに使う、たまり醤油を使用されているとのことで、一口ごとに感じるインパクトは大です。ただ、醤油だけでなく、ベースの豚骨、鶏ガラのコクがしっかり出ていて深みのあるスープに仕上がっています。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用。この麺、しっかりと強烈な醤油味を吸いこみ、旨みをしっかりと口に運んでくれます。

チャーシューは、やや厚切りで、こちらも強めに醤油ダレで味付けされています。脂身の多い部分、赤身の多い部分のチャーシューがバランスよくトッピングされてます。その強めの醤油味はスープともマッチしていますし、ボリューム感もあり、食べごたえは抜群です。

この濃厚醤油のラーメンは、クラシカルな一杯ですが、インパクトもあります。ただ、インパクト勝負ではなく、ベースの動物系の旨みがしっかりしていて、なんとも味わい深い安心の味わいだと思います。

↓ちゃーしゅうめん
120425-1.JPG

↓チャーシュー
120425-2.JPG

↓麺とスープ
120425-3.JPG

↓お店の外観です。
120425-4.JPG
posted by たぬき at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都