2012年05月03日

京平ラーメン@京都市中京区寺町通二条下ル榎木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都市役所の裏手にあるラーメン店「京平」さんです。

店舗は、少し細長い造りとなっていて、外観からも昔ながらのラーメン店を想像できます。街中にあるので、駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席と、奥のほうにテーブル席が2つ。京都らしい大衆ラーメン店という雰囲気が漂います。お店は、店長さんがひとりで切盛りされています。

メニューは、基本のラーメンが、醤油味で600円。他に+100円で味噌ラーメン、博多ラーメンがあります。チャーシューメンは+150円、大盛りも+150円。夏は、京平名物の冷しそば(つけ麺)650円もメニューに追加されます。サイドメニューは焼豚、鳥から揚げ、生玉子、ライスなどが存在するだけで、とてもシンプルなものです。

この日は、特製ラーメン(チャーシューメン)750円を注文。

出てきたラーメンは、京都ラーメンの王道を行くような見た目。やや濁った色合いの醤油スープに、もやしがたっぷりトッピングされています。他のトッピングもネギ、チャーシューとシンプルなものです。

スープをいただくと、いわゆる第一旭・ラーメン藤系の味わいなのですが、丁寧に作られているのが分かるスープ。豚の旨みがしっかり出ており、何度でも飲んでみたいな・・・と思える出来です。オーソドックスな醤油スープですが、じわじわ迫りくる豚の旨み、これぞ京都の本流のスープと言える味に仕上がっていると思います。

麺は、近藤製麺工場さんの低加水の中細ストレート麺を使用。このお店の特徴は、京都ラーメンのお店としては珍しく、やや硬めの茹で具合で提供されるところでしょうか。そのため、サクっとした、心地よい食感が楽しめます。

チャーシューは、モモ肉を使用。薄切りで、柔らかく、豚本来の味わいを楽しめます。チャーシューメンとしては、京都のお店としては、やや少なめでしょうか。そのあたり改善されてもいいかなと思いました。

このお店は、京都の本流を走るしっかりとしたスープを提供されているお店だと思います。昔ながらの味わいで、個性があるわけではありませんが、何度いただいても飽きない味わいだと思います。

↓特製ラーメン
120503-1.JPG

↓チャーシュー
120503-2.JPG

↓麺とスープ
120503-3.JPG

↓お店の外観です。
120503-4.JPG
posted by たぬき at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都