2012年06月19日

山頭火・京都三条店@京都市東山区大和大路通三条下ル東側大黒町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

旭川発祥のチェーン店「山頭火」さんです。今は海外でも多く出店されています。他の店舗では、何度かいただいたことがあるのですが、この京都のお店は、長い間入っていないと思います。この日は、出張先の海外でいただいた「山頭火」さんの味が、とても美味しく感じたので、ひさしぶりに入ってみました。

お店は、京阪三条駅の地上すぐ。三条通りに面しています。街中なので、駐車場は存在しません。

店内は、とても落ち着いた雰囲気です。カウンター席が中心ですが、テーブル席もあります。この日は、お昼時を過ぎていましたが、アクセスが良いだけにお店は混んでいました。お店の雰囲気は良いのですが、個人的には、このお店の接客、、、笑顔がなく、客に注文を聞きに行かない、水の提供忘れが目立つ・・ この日は偶然かもしれませんが、本当に店員さんのやる気が感じられず、良いイメージはありませんでした。

ラーメンメニューは、しお、しょうゆ、みそスープから選択できます。普通のラーメンは790円、チャーシューめんは950円、特撰とろ肉らーめんは1150円。他につけ麺に元味890円と辛味940円があります。他にもこの日は、チャーシュー切り落としらーめん(チャーシューを切り落とすときに出来る濃い味部分のチャーシュー使用)690円があったり、他にも特別メニューが存在したと思います。

この日は、しおのチャーシューめんを注文。

出てきたラーメンは、やや小ぶりな器に入ってきます。スープは薄く白濁しています。具は、チャーシュー、なると、ネギ、キクラゲ、メンマ、梅干しです。またチャーシューには、ゴマが振りかけられています。

スープは、豚骨ベースの塩味。ベースの豚骨の旨みはあるものの、かなりあっさりとした感じです。塩分もきつすぎず、とても飲みやすい味わいと言えます。またゴマの風味が効いていて、あっさり風味に変化を加えてくれます。海外でいただいたスープのほうが、豚骨味が強く出ていて好みでしたが、この味わいも飲みやすく悪くないと思います。

麺は、低加水の細めの縮れ麺を使用。食感も良い感じで、食べていて楽しい感じでした。

そしてチャーシューは、やや厚切りのバラ肉を使用。とろ肉を選択しなかったのですが、十分とろけるような旨みを楽しめます。味も濃すぎず、あっさりとした豚骨塩スープに合っていると思います。またあっさり味の中、少し塩分強めの梅干しをいただくと、ちょっとした味のアクセントとなります。

全体的には、とても飲みやすい万人受けする豚骨塩ラーメンだと思います。チャーシューもレベルが高いですし、十分満足できる味わいかなと思います。個人的に、海外で食べたスープのほうが美味しく感じたのですが、海外出張時に、多くの場所で出店されているこちらのお店、いろいろな場所に出店されているので、これからも使ってみたいなと思います。

↓しお・チャーシューめん
120619-1.JPG

↓チャーシュー
120619-2.JPG

↓麺とスープ
120619-3.JPG

↓お店の外観です。
120619-4.JPG

↓メニュー
120619-5.JPG

120619-6.JPG

120619-7.JPG
posted by たぬき at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都