2012年07月31日

福知山城@京都府福知山市

復元天守ではあるのですが、福知山市を見渡せるようにきれいにそびえるお城「福知山城」です。

明智光秀が切り開いたこの地、場内では、光秀を大河ドラマにという署名がおこなわれていましたが、謎の多い光秀を大河にするのは難しそうですね。

丹波から、播磨にかけては、秀吉、光秀が織田勢として、数多くの激戦を戦った地でもあります。光秀の攻撃を何度も撃退した赤井直正は、赤井秀和の先祖でもあるそうです。

↓福知山城
120731-1.JPG

120731-2.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年07月30日

金ちゃんラーメン・北山店@京都市北区上賀茂岩ケ垣内町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

京都の老舗チェーンのひとつ「金ちゃんラーメン」の北山店です。

お店は、地下鉄の北山駅を降りてすぐのところにあります。意外と大きめの店舗で、金ちゃんの謳い文句「けしからんうまい」「麺許皆伝」が看板などに書かれています。駐車場もありました。

店内もかなり広い感じで、テーブル席、カウンター席があり、大人数が入れるようになっています。お店の接客は、昔ながらのラーメン店風。

私は、カウンター席に座ったのですが、けっこう衝撃的なのが、調理風景を見ていると、あからさまに業務用のメンマ、ネギの袋から、ラーメンにトッピングしているところ・・(笑)。業務用のネギやメンマを使っているお店は、有名店でも多くありますが、ここまで大っぴらに業務用使ってますよ〜と、客の前で平気で見せるのは、すごいもの見たぞ!?と思わせるものでした。

でも職人さんは、麺とともに、モヤシをしっかり湯通し、手際良くラーメン作られています。熟練の技を感じます。

さて、ラーメンメニューは、基本は屋台風しょうゆラーメン630円。他にみそラーメン680円、九州ラーメン680円があります。それらにトッピングによって、値段が変わるシステムになっています。トッピング、変ったものがあります。コロッケ2個130円とか、納豆100円とか。。 どんな味になるのでしょうか。

他に名物の骨付き唐揚げや、単品メニューとラーメンを組み合わせたセットメニューなどがあります。

この日は、しょうゆスープのチャーシューメン830円を注文。

出てきたラーメンは、鉢一杯に巻きチャーシューが乗った、チャーシューメンです。スープはやや濁った色合いの醤油スープ。トッピングは、モヤシ、メンマ、ネギとチャーシューです。

昨年いただいた城陽店では、スープが背脂たっぷりかつ、表面が脂の層になっているような感じでしたが、北山店では、オーソドックスな豚骨・鶏ガラベースの醤油スープの模様です。その味わいは、豚骨・鶏ガラのコクがしっかり出ていて、滑らかで柔らかい醤油スープ。しっかりとした京都らしい味わいだなと思いました。

麺は、細めの多加水麺を使用。ややカールしたような麺です。京都では、あまり見ない麺ですが、スープとの絡みも良く、なかなか良い感じです。

チャーシューは、しっかりとした醤油ダレで味付けされています。脂分は、意外なほど抜かれていて、食べやすいものです。量も多く入っており、醤油スープとの相性も良く、素朴に美味しいなと思えるものでした。

クラシックな味わいの京都らしいラーメンですが、そこそこ客入りが良いのがよくわかる、しっかり作られたスープだなと思いました。この近辺は、なかなか来る機会が少ないですが、また立ち寄りたいお店の一つです。

↓しょうゆ・チャーシューメン
120730-1.JPG

↓チャーシュー
120730-2.JPG

↓麺とスープ
120730-3.JPG

↓お店の外観です。
120730-4.JPG
posted by たぬき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年07月29日

2012年ツバメさん(20)

○7/24(誕生24日目)

この日、長期出張のため、いつもよりさらに早い早朝6時頃、観察。一日前に巣に戻っていたトリオの長兄・姉?は、すでに飛んでいった模様で、二羽が残っている。

いかにも飛び立ちそうに活発に動く一羽と、まだまだ巣に残りたいよぉ〜という自信なさげな雰囲気の一羽。観察していても、微笑ましい可愛らしさでした。

私は、巣立ちを見届けることが出来なかったのですが、家族から聞いた話では、この日のうちに無事、二羽は巣立っていったそうです。

↓右:もう飛び立つけど、おまえどうする? 左(末っ子):まだ残りたいんだけどぉ〜
120729-6.JPG

○7/29(誕生29日目)

28日、出張から戻ると、巣は空っぽ。当たり前ですが、少し寂しい気がしますね。

そして、29日の夕方。家の近所をうろうろしていると、隣の家の庭の木に、3羽の若いツバメが止まっています。その周りには、餌を運んだり、飛び方を教えたりしている両親の姿が・・・。

3羽というのが、個人的には、もしかして一羽はやっぱり事故なのかな・・とか思ったりしましたが、もしかしてうちにいた雛だろうか・・としばらく、観察してしまいました。隣のお宅なので、写真は撮りませんでしたが、しばらくのうちは、このような様子が見られるのかな・・ うちを巣立ったツバメたちも無事に南の国へたどり着けることを祈っています。
posted by たぬき at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

無鉄砲・本店@京都府木津川市梅谷髯谷(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

無鉄砲の木津にあるお店です。無鉄砲さんは、奈良の京終で営業されておられましたが、その後、木津川市にお店を構えておられます。

個人的には、奈良の京終でお店を始められたころは、行列も無かったので、よく行ったのですが、その後は、その味が示す通りの大人気行列店となっています。木津川のお店になってからも年に1度くらいは、平日に訪れたりしていたのですが、だんだん行列がつらくなり、この日は3年ぶりの訪問です。

お店は、木津から加茂に向かう途中の、あまり人の住んでおられないようなところに立地しています。お店の外観は、ログハウス風。行列時は、お店の前に待つスペースがあります。また駐車場も数多く停められるようになっています。

店内は、カウンター席が中心で、テーブル席も存在します。私の知る限り、ほぼどの時間帯でも満席だと思います。

メニューは、基本はとんこつラーメン700円です。他に限定しょうゆ750円があり、チャーシュー、半熟玉子などのトッピングで値段が変わるようになっています。またギョーザ400円、ごはん150円なども存在します。

この日は、突然のゲリラ豪雨で予定が変更になったため、開店の40分前くらいに到着。最初の客だったので車の中でゆっくり待っていると、開店25分前くらいに次のお客さんが来られて並び始められました。そのため車から出て、待つことにしました。

とんこつチャーシュー900円+半熟玉子トッピング100円を注文。麺の硬さやネギの多さは普通、スープはこってりでお願いしました。

出て来たラーメン、久しぶりにご対面という無鉄砲のラーメン。濃厚そうな豚骨スープ、そこにネギ、メンマ、チャーシュー、半熟玉子、海苔がトッピングされています。

そのスープの味わいは、豚骨をとことん煮込んだような超濃厚スープ。濃厚なのに、癖や豚骨特有の臭みが少ないのが、このお店の人気の秘密なんだと思います。以前の記憶では、もっとザラザラ感のあるような豚骨スープだったように思うのですが、この日感じたのは、どちらかと言うと、コラーゲン質が強く出た粘性の高いスープだなと思いました。味わい自体は豚骨の旨みがしっかり出ていて、旨いなぁと思えるものでした。

麺は、中太の多加水気味の縮れ麺を使用。濃厚かつ粘度の高いスープとの相性は、とても良く、さらに噛むたびに感じる良い食感が心地よいものです。

チャーシューは、柔らかく煮込まれたものを使用されています。このお店では、チャーシューは、あくまで濃厚スープと絡める脇役という感じにも思えます。半熟玉子も黄身がとろけるようで、完成度の高いものでした。

この超濃厚スープは、濃厚なのに、くどいような脂分とか臭みを感じず、癖になるような味わいですね。なんだかんだとスープを全部いただいてしまいました。これからも奈良発の超濃厚豚骨として、頑張ってほしいなと思います。

↓過去の記録
無鉄砲・本店(1)

↓とんこつチャーシュー+半熟玉子トッピング
120729-1.JPG

↓チャーシュー
120729-2.JPG

↓麺とスープ
120729-3.JPG

↓お店の外観です。
120729-4.JPG

↓メニュー
120729-5.JPG
posted by たぬき at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年07月23日

2012年ツバメさん(19)

○7/21(誕生21日目)

トリオたち。朝から巣の中を元気に動き回っていました。昼間は出かけていたので、観察していないのですが、夕方、もう巣立っただろうか・・と観察しても、巣立つ気配なし。

と思いきや・・・雛のうち一羽が巣の端に立って、羽ばたく練習など始めます!飛ぶのかな・・と思ったら、羽ばたく練習だけです。羽ばたいた練習の後には、周りを確認してますが飛びそうで飛ばない。 明日には巣立ちかな・・?

↓突然一番成長している兄・姉?が・・体勢を変えて・・
120723-7.JPG

↓羽ばたく練習開始。末っ子二人はのんびり眺めています。
120723-8.JPG

↓練習後は、地面のほうを確認。明日には飛べるかな?
120723-9.JPG


↓餌を取って帰って来た奥様
120723-6.JPG

↓そんな親の飛ぶ様子を、一生懸命トリオは同じ動きで追い続けます。愛嬌たっぷり。
120723-1.JPG

120723-2.JPG

120723-3.JPG

120723-4.JPG

↓餌キャッチ!
120723-5.JPG


○7/22(誕生22日目)

午前に観察するとトリオは、まだいました。この日、京都サンガの試合観戦のために、昼以降に家を出たのですが、巣を観察すると・・ あっ!・・一羽巣立ったようです。残りの二羽は、親の餌運びをのんびり待っています。少しだけ一羽は成長がゆっくりのような。

ツバメの本に書いてあったのですが、二回目の産卵は、成長に差が出やすいみたいです。なので、やっぱり4羽のうち1羽は、早く巣立って、今回は、順番に一羽ずつ巣立っていくのかな・・ ちなみに夜帰宅すると、二羽は普通にまだ巣の中で過ごしていました。

↓残された二羽
120723-10.JPG


○7/23(誕生23日目)

朝、観察していると、二羽が残っています。それと近くの電線を観察していると、昨日巣立ったと思われる一羽が止まっていました。もう残りの二羽も巣立ちかな・・

で、夜、帰宅すると・・・驚くことに、昨日、巣立った一羽も戻ってきて、またトリオを結成している。今日は、また一泊するのでしょうか。

明日から、出張に出ますので、今回は巣立ちを見送ることが出来なさそうだなぁ。次戻って来た時は、巣は空っぽでしょうね。トリオ+1羽の雛たち、元気で南国に旅立ってね。

↓朝。一羽に見えますが、奥にもう一羽、二羽が残っています。
120723-11.JPG

↓夜。兄?姉?が戻ってきて、またトリオです。今晩はトリオで過ごすようです。
120723-12.JPG
posted by たぬき at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

2012年07月21日

第一旭・綾部店@京都府綾部市宮代町土代

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭のFC店の綾部店です。第一旭のうち、丹波、丹後地区の店舗は、「総本家広瀬屋」を名乗っておられ、広瀬産業さんがチェーン展開されています。

このお店は、綾部駅近く、京都府道8号沿いにあります。いくつかある飲食店街のような複合店舗の中の一つとして第一旭さんが入っている感じで、駐車場も多く停めれるようになっています。

店内は、結構広く、明るい雰囲気です。カウンター席とテーブル席があり、結構な人が入れるようになっています。

メニューは、基本の醤油味のスペシャル650円、厚切りバラ肉入りのデラックス800円、甘辛く煮た厚切りバラ肉入りのターロー900円、みそ700円、こってり豚骨系の鉄人750円。このあたりは、第一旭のFCらしいメニューです。

オリジナルメニューとしては、みそキムチ800円、みそデラックス850円、キムチラーメン800円、塩ラーメン650円などがありました。単品メニューやセットメニューも充実しています。

この日は、福知山店でいただいた半額券を使って、スペシャル650円(半額で330円になるそうです)+肉増し+200円を注文。同じ肉増しでも福知山店よりも50円安いんですね。

ラーメンが出されるまで、厨房を見ています。製麺所の箱は「高橋製麺所」さん。総本家広瀬屋さんは、この製麺所さんのようですね。麺を茹でて、盛り付けておられる雰囲気を見て、おっ!?と思いました。チャーシューをモリモリと盛られています。期待大!

さて、出てきたラーメン、本当に、チャーシューがこんもりと盛られたものが出てきます。スープは、これまでいただいた総本家広瀬屋系列では、濁った色合いのスープだったのに対して、意外なほど澄んだ感じの醤油スープ。そこに背脂が浮きます。他の具はネギとモヤシです。

そのスープをいただくと、いわゆる第一旭らしい醤油の旨みと、ベースにある動物系の強い味わいを感じます。この系列のお店は、豚骨の風味が強いなぁと思っていましたが、ここは、第一旭の本流を行くようなスープだと思います。後味は、切れがよくすっきり。背脂は、あくまで脇役と言う感じでしょうか。なかなかレベルの高いスープだなと思いました。

麺は、多加水の中細ストレート麺を使用。麺そのものに味が付いているような感じで、食が進みます。茹で加減は普通くらいでしょうか。食感も普通な感じです。

チャーシューは、薄切りの赤身肉で、柔らかい食感です。けっこうボリュームたっぷり入っていて、同じ系列の福知山店と、こんなにも違うものかな・・?と思いました。綾部店は、ボリューム満点で、かなり満足できます。

全体的に、第一旭らしい味をしっかりと再現出来ているし、総本家広瀬屋らしい背脂入りの、多加水麺というオリジナルの美味しさも感じることが出来ました。総本家広瀬屋のお店の中で、京都の第一旭に近い味わいを求めるならば、綾部店かなと思いました。

↓スペシャル+肉増し
120721-2.JPG

↓チャーシュー
120721-3.JPG

↓麺とスープ
120721-4.JPG

↓お店の外観です。
120721-5.JPG

120721-6.JPG
posted by たぬき at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

GRAND KIRIN(キリンビール)

キリンビールから、セブンイレブンで先行発売されているプレミアビールGRAND KIRINです。ビールそのものだけでなく、瓶も特別に作った自信作のようです。

その瓶からグラスに注ぐと、かなり豊かな香りが漂います。その味わいも深い麦芽のコク、やわらかい甘み、後味に残る苦みがしっかりと生きています。しっかりとした深い味わいを楽しめるビールだと思います。

↓GRAND KIRIN
120721-1.JPG
posted by たぬき at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2012年07月20日

2012年ツバメさん(18)

○7/19(誕生19日目)

この日から、とても気になることが・・・ 前日までいた雛4羽。そのうち1羽が確実にいなくなりました。巣に潜り込むと、雛が見えないことは良くあることなので、最初は、巣の陰で見られないだけなのかな・・と思っていましたが、何度観察してもいない。

カラス・蛇・猫などの外敵に襲われるにしても、一羽だけなんておかしい気がするし、もう巣立ったのかな・・成長の良い兄貴だけが。他に考えられるとすると、一羽だけ巣から落下して、猫にでも襲われた??

でも、ツバメの本やサイトを見ていると20日よりも早く巣立つ雛もいるようなので、もう巣立ったのかな・・と思ってます。 でも、残されたトリオ達は、巣立ちそうなくらいの元気さを見せつつも、しっかり親に餌をねだっています。巣立ちは明日?あさって?いつになるのでしょうか。

↓残されたトリオです。元気一杯。
120720-1.JPG

120720-2.JPG


○7/20(誕生20日目)

長兄・姉?が巣立った?と思われるので、今日こそ巣立ちなのかと思いきや、朝からトリオは、親の動向を見ながら鳴き声を上げるばかり。夕方観察していても、まだ巣立ちもせず、元気に巣の中で動き回っています。

ひさしぶりに私が写真を取ろうと観察していると一羽がモゴモゴと怖がるように巣に引っ込む動きを見せたり・・ 残ったトリオは、あと少ししたら、大人になるのかな?

↓いつ巣立つのかな?
120720-3.JPG

↓いつもとは違う体勢です♪
120720-4.JPG
posted by たぬき at 19:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ツバメ観察

DA KAMEOKA@京都府亀岡市大井町並河熊田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

もともと、このお店は、第一旭 大井店だったと思います。現在は「DA KAMEOKA」というかっこいい店名になっています。DA=第一旭なのです。私なら生真面目に第一旭=DIAなんて略しそうですが。おそらくFC店から、脱退され店名を変更されたんでしょうね。

このお店は昼から夜への通し営業ではなく、休憩を入れられます。ずいぶん前に運転中、このあたりに第一旭あったな・・と、入ろうとしたら「今から昼休憩なので・・」と断られた記憶が残っています(^-^;

そのDA KAMEOKA。お店の外観は、店名と異なりかっこよくもなく・・・地方の古ぼけたレストラン風。駐車場は、かなりの台数が停められるようになっています。

店内も素朴な田舎のレストラン風です。カウンター席、テーブル席、座敷があり、かなりの人数が入れると思います。また昔、第一旭のFC店だったころの名乗りなんでしょうね。FC店特有のパネル式のメニューが店内に貼られています。店員さんは、男性の方ばかりでしたが、素朴な接客で笑顔も絶やさず個人的には良いなと思いました。

ラーメンメニューは、第一旭のFC店のメニューがそのまま継承されています。醤油スープの基本ラーメンがスペシャル600円、厚切りバラ肉チャーシュー入りのデラックス750円、甘辛く煮たバラ肉チャーシュー入りのターロー900円。他に、牛スジ入りのスタミナ750円もあります。

他にもこってり豚骨系の鉄人650円、味噌ラーメン650円、和風ラーメン(かつお風味)600円、キムチメン(白味噌仕立てのピリ辛四川風)750円なんてものもあります。いろいろ第一旭を巡ってますが、この和風とキムチメンは、初めて見たような・・・また単品メニュー、セットメニューも充実しています。

それとお店を出るときに気が付いたのですが、お店の入り口付近にサラダ取り放題の無料サービスがありました。これは気をつけないと誰も気づかないかも・・(^-^;

この日は、チャーシューメン750円を注文。

出て来たラーメン、スープが一般的な第一旭とは異なり、濁った色合い。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシです。見た感じはクラシック京都ラーメンという感じなのですが、チャーシューが、ややレアな感じなのが面白いです。

そのスープの味わいは、豚骨のコクがそこそこあるのですが、奥深い醤油の風味が前面に出ています。この醤油味が、かなり濃厚な感じなのですが、くどさも後味に残るような感じも無く、切れが良いです。かなり高レベルの醤油スープだなと思いました。

麺は、第一旭には珍しい、多加水の中細麺を使用されています。ややカールしたような麺です。茹で具合はやや柔らかめです。個人的には、低加水麺のほうが、このスープには合いそうな気がするのですが、意外とこの麺も合っているように思いました。

チャーシューは、本当にややレアな感じで、ハムのような風味を楽しめます。このような古風なお店が、このレア感をわざと出しているのか分かりませんが、意外とスープとも合うし良いなと思いました。またメンマは、強い味付けで、このラーメンの中で脇役にならず存在感を発揮していました。

食べ終わって、スープが美味しくてDA!なかなかやるな!というのが印象に残っています。またの機会にデラックスや、鉄人も食べてみたいと思います。

↓チャーシューメン
120719-1.JPG

↓チャーシュー
120719-2.JPG

↓麺とスープ
120719-3.JPG

↓お店の外観です。
120719-4.JPG
posted by たぬき at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年07月18日

2012年ツバメさん(17)

○7/17(誕生17日目)

朝、観察していると、またツバメさん達が数多く家の近くの電線やら家の屋根の上で集会してました。7/11のメンバーと同じなのかな・・ 秋の南の国への旅立ちの前の会議なんでしょうか。

それはともかく、早朝、雛たちを観察していると、両親の帰りを待って顔を出しているものの、私には驚くのか、私が近付くとモゴモゴと巣の中に引っ込もうとします。

夕方、帰宅時に観察していると、さらに成長して体が一回り大きくなった感じで・・もう、やんちゃ坊主という風貌。そして私が観察で巣の近くにいても、もう慣れたのか、逆に身を乗り出して顔を私に向けて「この人なんだろう?」と興味深そうに見ています。本当に、元気な雛たちに成長したものです。

↓7/17早朝・すこし私を怖がる雛たち。眠そうにも見えます。
120718-1.JPG

↓7/17夜・元気一杯。もうぜんぜん怖がりません。
120718-2.JPG


○7/18(誕生18日目)

早朝からめちゃくちゃ元気な雛たち。もう飛びそうなくらいの雰囲気。もう少し羽が抜けたら、立派な若者のような風貌です。もう私に怖がることなく、逆に興味津々で私の様子を伺っています。

夜は、巣の周りを飛び回る親の動きに合わせて、巣の中で雛たちが行ったり来たり場所を奪い合っています。しっかり目も見えるし、音も聞き取れるんですね〜

巣立ちまでおそらくあと3〜5日くらいだと思います。元気に成長してね。

↓7/18早朝・飛び出しそう・・
120718-3.JPG

↓7/18夜・両親の姿を追って動きまくる雛たち。
120718-4.JPG
posted by たぬき at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

2012年07月17日

第一旭・福知山店@京都府福知山市堀小字下高田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭のFC店のひとつ、福知山店です。丹波、丹後地区の第一旭は「総本家広瀬屋」を名乗っており、広瀬産業さんがチェーン展開されています。

このお店は、福知山の街中にあります。外観は、昔ながらの小さなラーメンレストラン風。お店の横に駐車場が完備されています。

店内は、テーブル席とカウンター席が並び、外観よりも広く感じます。店員さんの雰囲気も昔ながらのラーメン屋さんという素朴な感じです。

メニューは、第一旭のFC店らしい構成ですが、少しオリジナリティーあるメニューがいくつかあります。基本の醤油味は、スペシャル650円、厚切りバラ肉入りのデラックス800円、甘辛く味つけたバラ肉入りのターロー900円。他にみそ700円、こってり(豚骨系)の鉄人750円。

このあたりは、基本的なメニューですが、博多ラーメン(焦がしニンニク入り)700円、キムチラーメン800円、冷麺800円、塩ラーメン650円などもあります。また単品やセットメニューも充実していました。

この日は、スペシャル650円の肉増し+250円を注文。肉増しは、メニューには載ってなかったのですが、出来ますよとのことで注文しました。

出てきたラーメン、濁った色合いの醤油スープに背脂が浮いています。トッピングは、ネギ、モヤシとチャーシューです。濁った色合いのスープに、背脂という組み合わせが、同じく総本家広瀬屋の西舞鶴店を思い出します。

そのスープの味わい、西舞鶴店でも感じたのですが、豚骨の風味が強く出た醤油味です。一般的な第一旭をイメージすると、醤油味の強さの背景に豚骨が控えているというような感じですが、こちらは豚骨がしっかりと前面に出たマイルド豚骨醤油。これが、なかなかいけるもので、何度も何度も飲んでしまうような美味しさがあります。背脂の甘さも効いていて、癖になる味わいです。

麺は、第一旭には珍しい中細の多加水ストレート麺を使用されています。麺の箱を見ていると「高橋製麺所」のものを使用されている模様。ネットで調べると舞鶴の製麺所さんのようですね。舞鶴のお店で食べた時は、スープと合わない気がしたのですが、このお店では、独特の味が付いたような麺が、逆に食をそそるような感じで、美味しいな・・と感じました。食感は普通くらいです。

チャーシューは、薄切りの赤身肉を使用。柔らかく、味付けは薄味のものです。量的には、肉増しにしては、少ないかな・・・と、思いました。

お店を出る時には、次回、ラーメン半額券をいただきました。しょっちゅう、このキャンペーンされているのなら、コスパは、かなり良さそうだなと思いました。

総本家広瀬屋のお店は、2件目ですが、福知山店はチャーシューに不満が残ったものの、スープや麺の味わいは、かなり良かったと思います。これからも福知山の人々を楽しませるお店として、頑張ってほしいなと思います。

↓スペシャル+肉増し
120717-1.JPG

↓チャーシュー
120717-2.JPG

↓麺とスープ
120717-3.JPG

↓お店の外観でです。
120717-4.JPG

↓大ちゃん
120717-5.JPG
posted by たぬき at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年07月16日

2012年ツバメさん(16)

徐々に大人っぽくなっていくツバメさん達です。おそらく7/21〜23ごろが巣立ちとなると思います。


○7/13(誕生13日目)

写真で首を伸ばしている雛さん。おそらく一番末っ子なんでしょうが、すこし成長が悪いような気がします。ツバメの本で調べると、2度目の産卵は失敗に終わる率が高いそうです。なんでも気温の影響で、同じ日に孵化しないことがあるそうで、一羽だけ成長不良になることがあったりするそう。少し心配です。

↓末っ子、大丈夫かな?
120716-3.JPG


○7/14(誕生14日目)

おそらく4羽の雛たち。前日感じたような成長の悪さは、感じられないような。親が積極的に末っ子に餌をやったりしているのかな・・ この日も両親は、熱心に餌を何度も運んでいました。雛たちもずいぶん大きくなってきたな・・

↓蛾を捕まえて来たよ〜
120716-4.JPG

↓餌やりタイム
120716-5.JPG

120716-6.JPG

↓両親を待つ雛たち
120716-7.JPG

↓夫婦で休憩中
120716-8.JPG


○7/15(誕生15日目)

朝だけ観察してました。暑いのか、雛たちもダレている感じです。雛ってどうやって水分補給しているんでしょうね?

120716-9.JPG


○7/16(誕生16日目)

朝に観察していると、昨日と同様にダレダレ〜。なのに親が頻繁に餌を運ぶ夕方は、雛たちはまっすぐ、巣の外を向いて、親を待っています。

もう、しっかり大人っぽくなってきて、目も見えるんですね。私が、観察で巣に近づくと、怖いのか、巣の中にもごもごと籠ります。なので全部の雛の写真をなかなか撮影できません(^-^;

120716-10.JPG
posted by たぬき at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

東京スカイツリータウンビール


東京スカイツリーにオープンした「世界のビール博物館」で売られているビールです。

こちらは、商品名が「東京スカイツリータウンビール」となっていますが、チェコで醸造された本格派のようです。飲んだのは二種類です。


東京スカイツリータウンビール(プレミアム)アルコール8%

注ぐと黄金色にやや褐色がかったようなビール。深い麦芽のコクが感じられ、ほんのりとした甘さが漂います。苦みはそれほどありません。アルコール8%と高めですが、本当に飲みやすく後味もすっきり。飲んだ後は、かなりの酔いがまわります。

↓東京スカイツリータウンビール(プレミアム)
120716-1.JPG


東京スカイツリータウンビール(ピルスナー)アルコール4.4%

こちらも注いだ時の色合いは、黄金色に近く、やや褐色がかったような感じです。ほんのりとした麦芽のコク、甘みが効いています。こちらのほうが、ホップの苦みも後にぐぐっと来る感じで、ビールらしい味わいだと思います。

↓東京スカイツリータウンビール(ピルスナー)
120716-2.JPG
posted by たぬき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2012年07月15日

本家 鶴喜そば・アルセ店@滋賀県大津市坂本

坂本のお蕎麦と言えば「鶴喜そば」です。大津で育った私にとっては、このお蕎麦が身体に染みついています。

日吉大社、延暦寺、西教寺に向かう門前に本店があり、江戸時代からの約300年もの長い歴史があります。一方、「比叡山麓鶴喜そば」を名乗る主に郊外型のチェーン店を出している別会社もあります。こちらは、理由は詳しく走りませんが、この本家から分かれた会社だそうです。

この坂本のアルセ平和堂3Fにあるお店は、本家の唯一の支店です。いつも混雑している本家、それと唐崎にある「比叡山麓鶴喜そば」も混雑していますが、意外とこのお店は、それほど混雑なく利用できる穴場だったりします。

店内は、テーブル席と座敷があります。小さめの店舗ですが、意外と人数は入れるようになっています。接客も素朴な昔ながらのレストラン風です。

メニューは、本家の本店とは異なり、丼ぶりとお蕎麦を組み合わせた定食系メニューが充実しています。代表的なメニューと言えば、ざるそば680円、天ざるそば1260円、かけそば520円などなど。定食メニューは、かけそば(ざるに変更可能です)に丼ぶり物+香の物が付いて1000円以下。このお店は、定食メニューがお得かもしれません。

この日は、天ざるそば1260円を注文。

最初に、小皿に揚げ蕎麦菓子が出されます。特に味付けはされていないものの、蕎麦の風味が味わえて、なかなか美味しいものです。

そして、天ざるそばの登場。ざるそば+天ぷらは、エビ2つ、海苔、ししとう2つです。

この本家鶴喜そばの本店の店長さんは、もう何代目かは知りませんが、先日読んだ雑誌で、今の店長さんは出雲で修業されていると書かれていました。お蕎麦は、七割だそうです。このお店も、本家の支店と言うことは、それを引き継いでおられるんでしょうね。

お蕎麦の風味は、ものすごく強いわけではないのですが、ほんのりと香ります。その食感は、心地よいもので、喉をするすると通るような軽さがあります。麺も細めでとても食べやすいです。蕎麦つゆは、ほんのりとした甘みがあり、飲みやすいもの。あっさりとしたお蕎麦とよく合います。

天ぷらは、ざるそばから+600円近くの価格の割には、少しエビも小ぶりかな・・と思えます。ただ、揚げたての熱々感もあり、エビのプリッとした食感も良く、味は悪くないです。

食後は、蕎麦湯を出してくださいますので、おつゆと合わせていただきます。この蕎麦湯は、お蕎麦の香りが豊かで良い感じです。

こちらの店舗は、本店のような古い建物で味わう独特の雰囲気は楽しめませんが、鶴喜の味を楽しむのには、良いお店だと思います。それほど混雑も無く、気軽に使える良いお店だと思います。

↓天ざるそば
120715-1.JPG

↓そばのアップ
120715-2.JPG

↓天ぷら
120715-3.JPG

↓揚げ蕎麦のお菓子
120715-4.JPG

↓お店の外観です。
120715-5.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年07月14日

長島ビール園(長島観光開発株式会社)

長島ビール園(長島観光開発株式会社)

一年以上前に飲んだビールです。三重県長島の「なばなの里」で購入したビールです。瓶が500 mLがうれしかったりします。飲んだのは3種類です。


ピルスナー(アルコール5%)

ピルスナーらしい淡色系の色合い。意外とマイルドで優しい舌触りが印象的です。苦みは強めに思いましたが、舌触りが柔らかく、あっさりと飲めます。夏場に飲むと引き締まりそうな、苦みが強いテイストでした。

↓ピルスナー
120714-1.JPG


ヴァイツェン(アルコール5%)

注ぐと濁った色合いです。ヴァイツェンらしく、フルーティーな香りが強めにします。味わいもフルーティーで、意外と喉越しは良い感じ。ただ、後に独特のトロミのような食感が残るのも印象的でした。

↓ヴァイツェン
120714-2.JPG


デュンケル(アルコール5%)

褐色系ビール。ロースト麦芽風の香りが漂います。味は、ほんのりとした甘みと、若干の酸味を感じます。意外とあっさりとした味わいで飲みやすいビールだなと思いました。

↓デュンケル
120714-3.JPG
posted by たぬき at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2012年07月13日

北海道PREMIUM(サッポロビール)

北海道PREMIUM(アルコール5%)

サッポロの新しい第3のビール商品「北海道PREMIUM」です。缶のデザインからも発泡酒の「北海道生搾り」に近いイメージを持ちます。

この商品、CMにも松嶋菜々子、曲は斎藤和義を使いお金をかけているようですが、期間限定じゃなく定番商品となるようです。

その味わい、たしかに爽やかで口当たりもいいし、素直に美味しいとうなずける味わいだと思います。北海道の麦芽や富良野産ホップを一部に使用しているようですが、その謳い文句以上に、北海道生搾りを思い出すようなみずみずしい味わいに仕上がっているような。

この商品が定番化すると、ヒット商品の麦とホップ、ドラフトワンとの住み分けは、どうするんでしょうね。どちらかというと、この飲みやすい味わいは、ドラフトワンとバッティングするのかなと思います。

↓北海道PREMIUM
120713-11.JPG
posted by たぬき at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

プラタン ペルラ

プラタンペルラ(アルコール6%)

Prácheňská perla(プラタン ペルラ)というチェコのビールです。ネットで調べても醸造所がよく分かりません。日本では、とても珍しいビールのようです。日本ではあまり飲まれていないのかな・・かなり貴重品?

注ぐと黄色がかった褐色系の輝くような色合い。本格的なピルスナーのようです。香りにさわやかなフルーティーさを感じるのですが、飲んでも、程よいフルーティーさを味わえます。しかしながら後味はグッとくる苦みがあります。

麦芽の深みを感じるのに、何とも言えないクリアさも両立しています。かなり個人的には、ヒットだな!と思える深い味わい&とても飲みやすいビールだと思います。

↓プラタン ペルラ
120713-10.JPG
posted by たぬき at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

スケアクロウ天宝@京田辺市田辺中央

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京田辺市、JR京田辺駅と近鉄新田辺駅の間、市の中心部にあるお店「スケアクロウ天宝」さんです。一乗寺にあった「天宝」さんが、場所を変えて、お店を構えておられます。

一乗寺の時もそうでしたが、最初、京田辺のお店も夜間のみでやっておられました。しかし、最近、昼営業も始められました。そのため、昼間に訪れてみました。

お店の外観は、一乗寺の時のある種、独特の個性的な外観から一転、こじんまりとしてますが、きれいな外観になっています。駐車場はありませんが、JR、近鉄の駅から近いのでアクセスは良いと思います。

店内は、ほぼカウンター席のみですが、入口近くに小さな4人掛けできそうな、小さなテーブル席も存在します。お店は男性二人で切盛りされていました。

お昼のメニューは、角煮ラーメン730円、角煮大入りラーメン(角煮二倍)930円、角煮切れ端ラーメン(角煮の煮崩れ部位入り)730円、白菜ラーメン(肉抜き)600円の4種類。それぞれのラーメンは、スープを二種類、一乗寺オリジナル(甘辛タレ)、京田辺仕様(甘さ控えめ)から選択できるようになっています。他にセットメニューとして+ライス+50円、からあげセット(ライス付き)+150円が存在します。

夜になると、カレーラーメン730円、辛口麺780円、ちょい辛にんにく麺830円、単品メニューなども豊富に提供されるそうです。

この日は、角煮大入りラーメンを、一乗寺オリジナルスープでお願いしました。

さて、かなり大盤で平たい器でラーメンが提供されます。醤油スープの上に、野菜あんかけ風に炒められた白菜、ニラなどが乗せられ、ネギ、大きな角煮が二切れトッピングされています。

スープは、ベースは豚骨なのかな・・と思いましたが、動物系の旨みは控えめ。醤油の風味と独特の甘辛い仕上がりが、とても特徴的です。あんかけ風のため、かなりのトロミもあります。味わい自体は、辛すぎず、甘すぎず、なんとも絶妙の仕上がりになっていると思います。

麺は、細めのストレート麺。トロミのあるスープをしっかりと持ちあげてくれます。食感もしっとりとしており、個人的に好みのものでした。

角煮は、とても柔らかく、味付けも強すぎず、かなり高レベルのものです。大きいのに、口の中でほろほろと崩れる感じは、たまりません。またたっぷり入っている白菜とニラも柔らかく、ピリ辛のスープとの相性も良いです。

一乗寺にあったころから、ある種独特の雰囲気がありましたが、京田辺のお店は、お店の雰囲気はこぎれいです。しかしながら味わいは個性的。アジアンテーストというか、近場で言うと、奈良・天理系のラーメンに近いような個性的な味が楽しめるお店だと思います。

↓角煮大入りラーメン(一乗寺オリジナル)
120713-1.JPG

↓角煮
120713-2.JPG

↓麺とスープ
120713-3.JPG

↓お店の外観です。
120713-4.JPG
posted by たぬき at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年07月12日

2012年ツバメさん(15)

二度目の子育てが始まりました。その様子です。

○7/3(誕生3日目)

まだ生まれたばかりの雛を温めるように奥様が抱雛していました。たまにちょっと動いては雛を確認したりしています。
120712-1.JPG


○7/4(誕生4日目)

夜に帰宅すると、奥様は雛を見守るように寝る態勢に入っていました。
120712-2.JPG


○7/7(誕生7日目)

前回、1回目の産卵時と同様に誕生7日目にして、初めて雛の口ばしが確認できました。よく観察していると両親が餌を運ぶときに大きく首をのばし、餌をねだります。その時によく顔を見ることが出来ます。今回は、雛は4羽なのかな・・?

↓7/7午前、すこしだけ口ばしが・・
120712-3.JPG

↓7/7夕方、餌をねだる雛たち
120712-4.JPG

120712-5.JPG


○7/8(誕生8日目)
昨日よりかは、少しは大きくなったのかな・・ 餌やりは早朝〜昼間よりも夕刻に頻繁に両親がやっているように思います。

120712-6.JPG

120712-7.JPG

↓見張りのご主人。
120712-14.JPG


○7/9(誕生9日目)
帰宅が遅くなったので、餌やりは観察できず。夜、見守りながら眠りの態勢に入る奥様です。

120712-8.JPG


○7/10(誕生10日目)
早朝、少しだけ観察。大きくなったのかな・・よく分からないな。
120712-9.JPG


○7/11(誕生11日目)
早朝、雛を見ていると、ずいぶん大きくなったな・・と。それと珍しい出来事が一つ。

朝、両親意外に6羽ものツバメさんたちが家の前の電線に、集合していました。もしかして、前の雛たち?とか思いましたが、それにしても1羽多いですね。うちから飛び立ったのは5羽のはずだし。それに尾の感じからも、しっかりとした大人のツバメさんのようです。

なので、うちを巣立った雛たちとは違うんでしょうね。ツバメの集会でしょうか!?

120712-11.JPG

↓ツバメの集会
120712-10.JPG

○7/12(誕生12日目)

早朝は、活発なえさやりは見られず。帰宅後観察していると、頻繁に両親が餌を運んでいる。雛たちの体もずいぶん大きくなったようです。

120712-12.JPG

120712-13.JPG
posted by たぬき at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ツバメ観察

2012年07月11日

幸楽苑・京都久御山店@京都府久世郡久御山町田井字向野

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道1号線沿い久御山田井の交差点のところにあるお店「幸楽苑」さんです。

お店は、ファミレス風で黄色い看板が目印です。駐車場も広々としています。

店内も広々と明るい雰囲気。テーブル席とカウンター席があり、幅広い客層に対応できそうです。それと、このお店、接客が丁寧で、とても良い印象が残りました。

ラーメンメニューは、基本は醤油スープ、味噌スープ、塩スープの3種類。醤油の中華そばは290円、味噌らーめん、塩らーめんは390円という安さです。この日は、他に丸源ラーメンの肉そばに似た、肉たっぷり、もみじおろし入りの肉中華そば620円もありました。他にも冷し坦々麺590円があります。つけめんも普通のつけめん390円、濃厚魚介つけめん490円、和風盛り中華390円があります。

他にもセットメニューや、サイドメニューがとても充実していました。

この日は、中華そば290円+チャーシュートッピング+200円を注文。合計すると490円でとても安いのですが、税抜き表示なので、実際は、514円とわずかにワンコインでいけないのが残念です。

さて出てきたラーメンは、澄んだ色合いの醤油スープにチャーシュー、ノリ、ネギ、メンマがトッピングされています。醤油の色合いは濃いめで、スープの表面にわずかに脂分が浮いています。

そのスープの味わいは、鶏ガラと魚介ベースなのかな・・と思いましたが、野菜も使っているのでしょうか。動物系のだしは、わずかに感じるくらいですが、醤油の旨みと、ほんのりと感じる野菜の甘みが、とても優しい感じです。実は、この日、前日の飲み会でたらふく飲んだ私にとっては、この優しい味わいは、胃にしみわたるような美味しさに感じました^^;

麺は、多加水の中太ちぢれ麺を使用。もちっとした食感が心地よく、味わいもあっさりとしたスープと合っており、素直に箸がすすみます。

チャーシューは赤身肉を使用。昔ながらのチャーシューという感じですが、しっかりとした醤油ダレの味が染み込んでおり、噛むたびにその旨みがじわっと口の中に広がります。かなり出来の良いチャーシューだなと思いました。

正直、それほど期待せず入ったのですが、あっさりした味わいの中に、しっかりとした旨みを感じられる一杯でした。チャーシューメン、税抜きだと490円、税込だと514円。あと一歩でワンコインチャーシューメンだったのになぁと、惜しい気もしました。

↓中華そば(チャーシューメン)
120711-1.JPG

↓チャーシュー
120711-2.JPG

↓麺とスープ
120711-3.JPG

↓お店の外観です。
120711-4.JPG
posted by たぬき at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都