2012年08月28日

神来@京都市中京区壬生淵田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

西院駅の近くにある神来さんです。お店は「熟成麺屋」を名乗られており、昨年、親会社の倒産で閉店された背脂醤油系の名店「宝屋」さんの関係なんだろうな・・と想像がつきます。

しかし「宝屋」さんの関係のお店、かなり確実に「熟成」をキーワードにお店を立ち上げておられますね。職人さんのチームワークでしょうか。

お店は五条通り沿いにあり、赤く塗られた和風の店舗が目印です。街中のため駐車場はありません。

店内は、とても落ち着いた美しい雰囲気です。カウンター席とテーブル席が並びます。

メニューは、背脂醤油系のラーメン650円がメイン。チャーシューメンは+150円。他に特製炙りチャーシューメン(にんにく入り)880円、涼麺800円があります。

単品メニューやセットメニューも、そこそこ充実しています。

この日は、チャーシューメン800円を注文。

出て来たラーメンは、鉢一杯のチャーシューメンです。スープは、濁った色合いの醤油スープに背脂が浮いています。一味は浮いておらず、このあたりが宝屋・大王さんの系列という感じがします。他にネギ、メンマがトッピングされています。

スープをいただくと、豚骨の旨みがしっかりとでたまろやかな味わいの豚骨(鶏ガラも入っているのかな?と思いました)醤油スープ。やや甘みも感じるような味わいです。深いコクと優しい柔らかさが両立したスープです。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用。普通くらいの茹で具合で、食感が心地よく、食べていて楽しくなるような麺でした。コクのあるスープとの絡みも良いものです。

チャーシューは、薄めのバラ巻きチャーシューを使用。味付けは薄めです。柔らかく、スープや麺と絡めて食べるのに適していました。脂身も落としてあり、食べやすいものだと思います。

この上品な味わいは、宝屋ゆずりですし、コクのあるスープの風味も大王さんを思い出すような。なかなか高レベルの味わいだと思いました。雰囲気も落ち着いていて、とても好感の持てる新店だと思います。

↓チャーシューメン
120828-1.JPG

↓チャーシュー
120828-2.JPG

↓麺とスープ
120828-3.JPG

↓お店の外観です。
120828-4.JPG

↓メニュー
120828-5.JPG

120828-6.JPG
posted by たぬき at 20:43| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都