2012年09月30日

お食事処 おおもり@島根県大田市大森町

石見銀山観光ついで。ちょうどお昼時だったのですが、目当てのお店は臨時休業?でやっておられず。レンタサイクルで、石見銀山の大森地区をうろうろ。大森代官所跡(石見銀山資料館)の近くにある「お食事処 おおもり」さんに入りました。

お店は、古い民家を改装されたような造りになっており、大森地区の古い街並みとも合っています。

店内は、土産物を売っていたり、いわゆる観光地風のお店です。食事をするところは、古風なテーブル席が並ぶ食堂という感じです。この日は平日でしたが、意外とお客さんが多く繁盛していました。接客も観光地にしては丁寧でした。

メニューは、蕎麦を中心に、和定食、丼もの、ラーメン、ハヤシライス、オムライスなど、いろいろあります。その中でも、蕎麦はお店で打たれておられるそうです。なので、お店のおススメメニューという「代官そば」(釜あげ、割子2段、天ぷら、山菜・梅、山芋、そば湯)1100円にしました。

出てきた「代官そば」は、メニューに載っていたとおりの構成。釜揚げ蕎麦には、海苔、もみじおろし、ネギ、鰹節がかかっています。一方、割子は、1段目、2段目ともに、海苔、鰹節、ネギ。それとは別に、山芋、山菜、梅が付いているので、薬味に使えそうでした。

まず割子の一段目をいただきます。お蕎麦は黒めで、蕎麦の風味も強めに感じて良い感じ。かけるおだしは、ほんのりとした甘みのある味わいでした。麺のコシが強めで、するする〜といただくことが出来ます。二段目は、とろろを入れたり、山菜を加えたり、ちょっとした味の変化を楽しめるのが良い感じです。

一方の釜揚げは、コシに関しては、さすがに割子よりかは弱めでしょうか。ただ、おだしがとてもあっさりとしており、こちらもするするといただくことが出来ます。蕎麦の風味はやはり、しっかり出ています。

天ぷらは、具が小さめで、これはある意味観光地品質?ただ衣がパリッとしているのは良かったです。また、山菜と同じ皿に乗っていた梅干。これは、今まで食べたことがないような甘さが特徴ですね。酸味がまったくない感じで肩透かしを食らうようでした。

全体的には、値段からして、もう少しボリュームがあっても良かったかなと思いました。ただ、お蕎麦に関しては、観光地なのでと思っていた分、意外と味も満足できたと思います。

↓代官そば
120930-9.JPG

↓お蕎麦のアップ
120930-10.JPG

↓お店の外観です。
120930-11.JPG
posted by たぬき at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

島根県立しまね海洋館(アクアス)@島根県浜田市久代町

中国地方の水族館巡りその2です。こちらは、島根県浜田市にある通称「アクアス」、しまね海洋館です。

こちらの水族館は、かなり大きめの規模です。メインはなんと言ってもシロイルカ達。ソフトバンクのCMでバブルリングを披露した、あのシロイルカは、こちらの水族館の「アーリャ」だったりします。

他にもペンギンの餌やりタイムを始め、多くの魚たちが。館内も広くきれいで、見るところの多い水族館でした。

↓バブルリング中
120930-6.JPG

↓うまく撮れなかったですが・・
120930-7.JPG

↓餌に群がるペンギンさん
120930-8.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

広島城@広島市

広島城です。広島城は、太平洋戦争の原爆投下により倒壊しているので、再建ですが、外観は往時の雰囲気を思い出させるものです。

現在は、天守の中は資料館のようになっています。毛利家、福島家、浅野家と継がれていった資料が多くみられるお城となっています。

↓広島城
120930-4.JPG

120930-5.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

宮島水族館(みやじマリン)@広島県廿日市市宮島町

水族館好きな私は、宮島観光ついでに宮島水族館(いわゆる「みやじマリン」)へ。

外観は、地味な感じの水族館ですし、建物も若干古くなっているようですが、2008年に町立から民間委託のような形に変えられ、リニューアルされているようです。ですので館内はとてもきれいな感じがしますし、こじんまりとしつつも、まとまった良さがあります。

ここの水族館のアイドルはなんと言っても「スナメリ」です。その笑っているかのような愛嬌のある顔で、観客を興味深そうに覗き込みに来る姿は、とても微笑ましいものでした。

↓スナメリ
120930-1.JPG

↓カブトガニ
120930-2.JPG

↓チンアナゴ
posted by たぬき at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場