2012年10月04日

足立美術館@島根県安来市古川町

夏に京都で「横山大観展」があったのですが、それを見て以来ずっと訪れたかった島根県安来市にある「足立美術館」です。

足立美術館で有名なのは、横山大観の絵の豊富さ。創始者であり、島根県出身の実業家である足立全康氏が、集めたその数は約130点にのぼるとのことです。他にも多くの著名な画家の絵画、北大路魯山人の陶芸など多くのコレクションが展示されています。

ただ絵画・工芸品など以上に有名なのが庭園です。米国の日本庭園専門雑誌では、9年連続、日本庭園一位に輝く、その庭は、とても手入れが行き届き、美しい景色です。またミシュラン・グリーンガイドでも、この庭園は三ツ星評価を受けているとのことです。

ゆっくり見ていると2時間は必要でしょうか。この豊富な絵画と日本一庭園を、一個人が作り上げていったというのは、すごいことだなと・・感心するばかりです。

↓日本一に選ばれる庭園
121004-10.JPG

121004-11.JPG

121004-12.JPG

121004-13.JPG

121004-14.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

玉井別館@島根県松江市玉湯町玉造

玉造温泉の旅館「玉井別館」さんです。こちらは、玉造温泉街のもっとも入り口付近にあります。

外観は、少し古い感じがするのですが、館内はとても清潔感があります。接客もとても丁寧です。

玉造温泉と言うと高めの価格設定のイメージがあるのですが、今回宿泊したプランは、一泊夕朝食付きで、一人12000円くらいでリーズナブルな価格でした。料理プランは、夕食「ケンボロー豚140g しゃぶしゃぶ鍋会席」、朝は、この旅館の名物と言う「島根の日本一」朝食というものです。

部屋もハイクラスの部屋を選択したわけでなかったのですが、14畳くらいありそうな広めのお部屋。部屋の中もとても清潔感がありました。お風呂は、露天こそ、少し狭めでしたが、内湯は広々していました。お庭も落ち着いた雰囲気があり、宿泊料金よりワンクラス上の旅館と言う感じでした。

ということで、、

◎夕食「ケンボロー豚140g しゃぶしゃぶ鍋会席」

この日は、部屋食ではなく、食事どころでの提供でした。ただ一部屋のお客さん毎に、個室なので落ち着いていただけます。主な料理内容は、もずく酢、川魚、ホタテ、刺身二種(ブリとスズキかな?)、鯖の味噌焼、そしてたっぷりの野菜の豚しゃぶ鍋(肉質は二種類用意されていました)です。

豚しゃぶは、かなりのボリューム感があり、食べ応え抜群。そして他の一品料理も、あっさりとした上品な味付けがとても食べやすいものでした。食べ終わる頃は、酔いも合ったのですが、しばらく動けない〜状態です。しかし、ゆっくりといただく、そのお味はとても良質のものでした。


◎朝食「島根の日本一朝食」

こちらは、テレビなどでも取材されると言う朝食だそうです。内容は・・
○日本一干しカレイ(浜田港産、ここの旅館と契約したオリジナルの干物だそうです)
○宍道湖産しじみの味噌汁
○大あご(飛魚)野焼き
○奥出雲産「ネッカエッグ」温泉玉子
○水次牛乳
○とんばら漬け

どれも地元島根の食材にこだわった一品のようです。干しカレイは、あっさりとした中にも、独特の味が染みています。また個人的には、しじみの味噌汁、こちらが良かったです。貝の苦みをほとんど感じることがなく上品な味に仕上がった味噌汁で、優しい味わいでした。しじみの量もこれでもかというくらい入っています。それと大あご野焼きも、とびうおの旨みをしっかりと楽しめて良かったですね。

なんとも優しい島根の美味しさの詰まった朝食でした。

料理だけでなく、お宿の雰囲気なども含めて満足できる滞在でした。山陰の温泉には、まれに行くことがあるのですが、こちらも次からの選択肢になりそうです。

↓夕食・会席
121004-1.JPG

↓ケンボロー豚
121004-2.JPG

↓野菜
121004-3.JPG

↓しゃぶしゃぶ鍋
121004-4.JPG

↓鯖の味噌焼
121004-5.JPG

↓お吸い物
121004-6.JPG

↓島根の日本一朝食
121004-7.JPG
posted by たぬき at 21:54| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

2012年10月03日

松江城@島根県松江市殿町

山陰地方唯一の現存天守を持つ松江城です。その天守は、重要文化財の天守閣の中では最大とのことです。築いたのは、大河ドラマ功名が辻でも、何度も登場した堀尾吉晴・忠氏の親子です。

建築物こそ、天守閣以外はほぼ撤去されているものの、その石垣、お堀は壮大なものが残っています。天守からは、松江の街並み、宍道湖を望むことが出来、とても美しい景色が広がります。

↓天守
121003-7.JPG

↓石垣
121003-8.JPG

↓天守から宍道湖を望む
121003-9.JPG
posted by たぬき at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

かねや@島根県出雲市大社町杵築東四ツ角

出雲大社参拝の際に、出雲蕎麦のお店ということで、訪れました。

お店は、出雲大社のすぐ近くにあります。お店近くの路地は狭い目ですが、お店の隣に駐車場が存在します。お店の外観は、古風な民家風です。

店内も昔ながらのお店と言う感じです。雰囲気は大衆食堂的で、木のテーブル席と、座敷が並びます。接客も庶民的な感じです。

メニューは、それほど多くなく、このお店が元祖?という三色割子(割子そばの薬味を変えた3種類(3段))1000円が基本のようです。他にも普通の割子そばや、かけそば系のメニューなどもあります。

この日は、せっかくなので・・・ 三色割子5段1500円を注文しました。

三色割子そば。さすがに5段だと、タワーのようで、少しのっぽな印象です。一つ一つの内容を見ていると、普通の割子(ノリ、ネギ、もみじおろし入り)が2段、それと生玉子入り、おろし入り、とろろ入りのよう。3段の三色割子の内容は、普通の割子+生玉子入り+とろろ入りのようでしたので、四色じゃないの?とか思っちゃいましたが、どうなんでしょうね^^;

普通の割子からいただきます。おダシは、割子そばらしく段ごとに順々についで行くのかな?と思いましたが、たっぷりと出してくださいますので、一段一段にかけても大丈夫でした。まず、普通の割子の味わいは・・ お蕎麦が意外なほど黒々としていて蕎麦の風味たっぷり。それと、かなり強めのコシというか、硬いごわっとした男性的な食感が特徴です。麺も不均一な感じで、食感も噛むごとに変化がある感じでした。

それと、おダシだけを飲むと、かなり甘めの味わいなのですが、もみじおろしを混ぜると、ぴりりっと引き締まった味わいになります。これと剛性の麺がよく合っているなぁと思いました。

他に、おろし、とろろ、生玉子の段を順番にいただきます。おろしは、おろし自体の辛味もあって、さらに味が引き締まる感じです。逆に生玉子やとろろは、まろやかな味になります。

お蕎麦自体の風味と、強めの食感を楽しめるだけでなく、薬味の違いによる変化も味わえるのが良かったです。5段にすると、価格が高く、その割にボリュームが少ないのはネックな気がしましたが、出雲の神聖な土地でいただくお蕎麦は、また格別の良さがありました。

↓三色割子5段
121003-1.JPG

↓三色割子5段(並べたところ)
121003-2.JPG

↓お蕎麦のアップ
121003-3.JPG

↓お店の外観です。
121003-4.JPG

↓メニュー
121003-5.JPG

121003-6.JPG
posted by たぬき at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年10月02日

マラソン9月度練習&今後の予定

膝の状態は、よくなる気配があまりありません(^-^; 8月の終わりごろには、ほぼ痛みも収まっていたのですが、痛みはある。その状態が9月もずっと続いている感じです。

走ろうと思えば走れて、4〜5km走ることが出来ます。ただ痛みが増す感じがあるので、やっぱり控えておこうと思います。この痛みは、3,4年前の篠山マラソンの後に感じた痛みと一緒のような気がします。あの時は9カ月かかったなぁ・・と遠い目です。

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km

一応、11月に京都丹波ロードレース、12月に奈良マラソン、2月に木津川マラソンと申し込んでいます。怪我が治らなくても、奈良マラソン、木津川マラソンはタイム制限が長いので、ジョグとウォーキングで完走してみようかな・・なんて考えています。
posted by たぬき at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン練習

出雲大社@島根県出雲市大社町杵築東

出雲大社です。今年度は、古事記編纂1300年とのことで、古事記にまつわる各地(島根、鳥取、奈良、宮崎などなど)で、催し物があるようですが、島根県が一番力を入れられているように思います。

出雲大社の隣に立地する古代出雲歴史博物館の前では「神話博しまね」と題して、大きなイベントが開催されています。

中でも、大迫力映像と石見神楽を交えた「神話映像館」は、迫力満点。内容は古事記の中にあるスサノオのヤマタノオロチ退治を題材にされています。

古事記を読むと、面白い話がいろいろと出てきますが、出雲大社は、その中の大国主さまが祀られています。島根は大国主の国造り神話の舞台となった場所でもあり、見どころがたくさんありますね。

出雲大社は本殿は遷宮のため、改修中です。そのため大国主さまは、今、仮殿におられます。注連縄も立派なもので、他の神社とは逆に巻かれているそうです。

↓御仮殿
121002-1.JPG

↓注連縄
121002-2.JPG

↓因幡の白兎のワンシーン
121002-3.JPG
posted by たぬき at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 寺社@その他

2012年10月01日

四季祭@広島市中区幟町

広島市内の夕食、せっかくなので魚介のおいしいお店を・・と検索してヒットした、こちらに訪れました。

お店は、八丁堀付近のビルの二階に入っています。小さめの店舗で、カウンター席とテーブル席が3,4つほどだったと思います。お店はこぎれいで、カウンター席をはさんで店長さんが調理されておられ、それと女性店員さんが接客をされていました。

料理のメニューは、ほとんどが魚介もの。産地にもこだわりをもたれているようで、広島産をはじめ、島根・対馬・山口産など、中国地方の魚介類が中心となっています。お酒の種類も豊富にあります。

この日注文したのは、以下の料理+α(写真をすべて撮ってないので、忘れている料理があると思います)。

広島産 サバ炭火焼
北海道産 サンマ炙り造り
島根産 ノドグロ炙り造り
対馬産 アナゴ天ぷら
広島産 揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け
広島産 自家製カキのガーリックオイル漬け
広島産 黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼き
たまご掛けごはん

注文していて感じたことは、単純な刺身というものが意外と少なく、刺身も炙り刺身だったりするのが多いです。単純に刺身盛り合わせたっぷり!みたいなのが好みの方には向かないのかもしれませんが、どの一品も、お手頃価格で量も大目です。

個人的に印象に残った料理は・・

ノドグロ炙り造り。こちらは、ノドグロらしい、ほんのりとした甘み、炙りの香ばしさに加え、予想以上の脂の乗りのよさ!島根産ならではなのかもしれませんが、味の上品さは、一口一口うなるような旨みが口に広がりました。

サンマ炙り造り。こちらは、ノドグロと比べると、濃厚な青身魚らしい味が口の中に広がります。ストレートな脂の感じも、青身魚好きな私にとっては、旨いなぁと思える一品でした。

揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け。酸味も控えめであっさりとした南蛮漬けでした。太刀魚もあっさりとした味わいです。このお店の中では、とても安い価格帯の部類の一品だったと記憶しています。その割にはボリューム感もあり、満足度も高かったです。

黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼。魚介料理の中で、ある意味独特。かなり濃厚な味噌味と、脂分の多いカルビ。魚介のあっさり味で終わらせるのであればおススメできないかもしれませんが、強めの味わいが魚介料理の中で、個性を出していました。

全体的に、中国地方を中心とする魚介を堪能するのに、とても良いお店でした。これだけ注文して、しっかり酒も飲んで、一人5000円を少し超えたくらいでしたので、コスパも良いと思います。お店も気軽に立ち寄れそうな雰囲気が良いと思いました。

↓サンマ炙り造り、ノドグロ炙り造り
121001-3.JPG

↓自家製カキのガーリックオイル漬け
121001-4.JPG

↓アナゴ天ぷら
121001-5.JPG

↓揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け
121001-6.JPG

↓サバ炭火焼
121001-7.JPG

↓黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼き
121001-8.JPG

↓突き出し・とろろ掛け鰹たたき
121001-9.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

石見銀山@島根県大田市

世界文化遺産の石見銀山です。日本は、一時期世界の三分の一の銀を産出していたそうですが、その日本の中で、最大の銀山だそうです。

銀山遺跡内での観光は、車は基本禁止のようですので、少し離れた「石見銀山世界遺産センター」に駐車します。そこから銀山遺跡へバスで移動。

銀山遺跡は、銀山地区と大森地区(古い街並み)があるので、大森地区でレンタサイクルを借りて観光しました。

大森地区は、かつての代官所跡があったり、銀山で亡くなられた方を供養する寺院があったり、往時の様子をしのばせています。

銀山地区は、龍源寺間歩(間歩とは坑道のことです)が公開されており、銀を発掘した間歩内を歩くことが出来ます。暗いのですが、手で掘った跡が確認できます。

少しのどかな雰囲気の漂う観光地、涼しい時期だとゆったりと過ごせると思います。

↓龍源寺間歩の中
121001-1.JPG

↓清水谷精錬所跡
121001-2.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場