2012年10月01日

四季祭@広島市中区幟町

広島市内の夕食、せっかくなので魚介のおいしいお店を・・と検索してヒットした、こちらに訪れました。

お店は、八丁堀付近のビルの二階に入っています。小さめの店舗で、カウンター席とテーブル席が3,4つほどだったと思います。お店はこぎれいで、カウンター席をはさんで店長さんが調理されておられ、それと女性店員さんが接客をされていました。

料理のメニューは、ほとんどが魚介もの。産地にもこだわりをもたれているようで、広島産をはじめ、島根・対馬・山口産など、中国地方の魚介類が中心となっています。お酒の種類も豊富にあります。

この日注文したのは、以下の料理+α(写真をすべて撮ってないので、忘れている料理があると思います)。

広島産 サバ炭火焼
北海道産 サンマ炙り造り
島根産 ノドグロ炙り造り
対馬産 アナゴ天ぷら
広島産 揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け
広島産 自家製カキのガーリックオイル漬け
広島産 黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼き
たまご掛けごはん

注文していて感じたことは、単純な刺身というものが意外と少なく、刺身も炙り刺身だったりするのが多いです。単純に刺身盛り合わせたっぷり!みたいなのが好みの方には向かないのかもしれませんが、どの一品も、お手頃価格で量も大目です。

個人的に印象に残った料理は・・

ノドグロ炙り造り。こちらは、ノドグロらしい、ほんのりとした甘み、炙りの香ばしさに加え、予想以上の脂の乗りのよさ!島根産ならではなのかもしれませんが、味の上品さは、一口一口うなるような旨みが口に広がりました。

サンマ炙り造り。こちらは、ノドグロと比べると、濃厚な青身魚らしい味が口の中に広がります。ストレートな脂の感じも、青身魚好きな私にとっては、旨いなぁと思える一品でした。

揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け。酸味も控えめであっさりとした南蛮漬けでした。太刀魚もあっさりとした味わいです。このお店の中では、とても安い価格帯の部類の一品だったと記憶しています。その割にはボリューム感もあり、満足度も高かったです。

黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼。魚介料理の中で、ある意味独特。かなり濃厚な味噌味と、脂分の多いカルビ。魚介のあっさり味で終わらせるのであればおススメできないかもしれませんが、強めの味わいが魚介料理の中で、個性を出していました。

全体的に、中国地方を中心とする魚介を堪能するのに、とても良いお店でした。これだけ注文して、しっかり酒も飲んで、一人5000円を少し超えたくらいでしたので、コスパも良いと思います。お店も気軽に立ち寄れそうな雰囲気が良いと思いました。

↓サンマ炙り造り、ノドグロ炙り造り
121001-3.JPG

↓自家製カキのガーリックオイル漬け
121001-4.JPG

↓アナゴ天ぷら
121001-5.JPG

↓揚げ太刀魚と焼玉ねぎの南蛮漬け
121001-6.JPG

↓サバ炭火焼
121001-7.JPG

↓黒毛和牛中落ちカルビ味噌漬け焼き
121001-8.JPG

↓突き出し・とろろ掛け鰹たたき
121001-9.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

石見銀山@島根県大田市

世界文化遺産の石見銀山です。日本は、一時期世界の三分の一の銀を産出していたそうですが、その日本の中で、最大の銀山だそうです。

銀山遺跡内での観光は、車は基本禁止のようですので、少し離れた「石見銀山世界遺産センター」に駐車します。そこから銀山遺跡へバスで移動。

銀山遺跡は、銀山地区と大森地区(古い街並み)があるので、大森地区でレンタサイクルを借りて観光しました。

大森地区は、かつての代官所跡があったり、銀山で亡くなられた方を供養する寺院があったり、往時の様子をしのばせています。

銀山地区は、龍源寺間歩(間歩とは坑道のことです)が公開されており、銀を発掘した間歩内を歩くことが出来ます。暗いのですが、手で掘った跡が確認できます。

少しのどかな雰囲気の漂う観光地、涼しい時期だとゆったりと過ごせると思います。

↓龍源寺間歩の中
121001-1.JPG

↓清水谷精錬所跡
121001-2.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場