2012年10月09日

ラーメン大ちゃん・四条大宮店@京都市中京区錦大宮町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

西京区にある「ラーメン大ちゃん」の支店です。この日、京都市内を散歩していたら、偶然、阪急大宮駅近くに「大ちゃん」の看板を見つけて入りました。知らないのも当たり前で、一週間前(10/1)にオープンしたそうです。

お店は、四条大宮の交差点の近く、ラーメン大将の隣のビルの1Fにあります。大ちゃんと言えば、看板にご主人の顔が、描かれているのですが、本店とは違って妙にマイルドなお顔となっています。駐車場は街中のため存在しません。

店内は、オープンしたばかりで、とてもきれい。テーブル席とカウンター席があります。

メニューは、本店よりもシンプル。スープが3種類あって、それのサイズとチャーシューメンかノーマルかを選ぶくらいです。あとトッピングが数種類存在し、チャーシュー丼とのセットメニューもあります。スープは、醤油(あっさりコクウマ)、味噌(ピリっと辛め)、黒大豆(こってりコクあり)の三種類。単品メニューは、餃子と焼豚、ライスです。

この日は、醤油チャーシューメン(並)940円を注文。チャーシューメンに+200円でさらにチャーシュー増量できるそうなのですが、大ちゃんの肉のボリューム感を知っているのでやめておきました(^-^;

さてチャーシューたっぷりのラーメンが登場します。スープは、醤油スープでやや濁っています。トッピングは、チャーシュー、もやし、ねぎとシンプルなものです。

スープは、京都らしい豚骨醤油スープです。ただ、このお店の特徴は、チャーシューだけでなく、モヤシなども炙りが入っていて、香ばしさがあります。その香りとスープの旨みが合わさり、何とも言えない力強さを感じます。その迫力あるスープは、濃厚な感じですが、後味はすっと引くようなすっきり感も合わせ持っています。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。京都では、よく見るタイプの麺で、しっとりとした食感が特徴的。慣れ親しんだ安心感があります。

チャーシューは、たっぷりの赤身肉を使用されていますが、炙りの良い感じの香ばしさが生きています。量は、たっぷりすぎるくらいで、満足度大です。もやしも同じく、炙られた香ばしさが出ていて脇役ではない存在感があります。

このお店のラーメンは、第一旭や大栄系の京都ラーメンの系統ですが、工夫を重ねることにより、迫力を加えた男の京都ラーメンとも言える一杯だと思います。立地条件も良いので、リピートしてしまいそうなお店です。

↓醤油チャーシューメン(並)
121009-1.JPG

↓チャーシュー
121009-2.JPG

↓麺とスープ
121009-3.JPG

↓お店の外観です。
121009-4.JPG
posted by たぬき at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都