2012年10月11日

キリン@香川県高松市新田町甲

ちょっと変わった店名のうどん屋さん「キリン」です。こちらは屋島に近い場所に立地しています。

店名も変わっていますが、もうひとつ変わっているのが外観。変っていると言うか、単純に工場の倉庫?を改装されて、その中でうどん店をされています。そのため駐車場も広いです。

店内?倉庫内?は、だだっ広い空間。ただ意外と言えば失礼なのですが、倉庫ということで想像するような汚さはなく、どちらかというと整然としています。

それと、お店に入ったところに和風の庭園のような空間があったり、お店の看板猫?なのでしょうか。猫がうろうろしていたり、ある意味、とても奇抜な空間です。テーブル席、座敷がずらりと並び、中央奥には大画面テレビもあります。

メニューは、讃岐うどんらしい、かけ、ぶっかけ、釜あげ、釜たま、ざるなどは揃っています。それとうどんだけでなく、蕎麦、中華そばなどもやっておられます。かけうどんは、1玉150円、2玉220円、3玉290円と安めです。

この日は、かけうどん1玉150円と、ちく天を注文。ちく天はいくらだったか忘れましたが100円くらいだと思います。

うどんは、玉を受け取り、自分好みにテボで温めるセルフ式です。適度に温めて、かけだしを適量かけます。温だしをかけた後に気が付いたのですが、冷だしもあるようでした。トッピングは、天かす、ショウガなど置いてあったと思います。

うどんは、きれいに角が立った讃岐らしい麺です。その食感は、コシはほどほどと言う感じでしょうか。それよりも、もちもち感が強いのが特徴的だなと思いました。

ダシは、やや強めにイリコが効いているのと、塩分が強めなのが特徴的です。予想外に迫力のある、だしの味わいだなという印象です。

ちく天も同じく、揚げたて感はあるものの、脂分が強めでしょうか。個人的には、もう少しあっさりしていても良いかなと思いました。

一軒目に訪れた「しんせい」さんと比べると、やや味に主張が強い感じのおうどん+天ぷらだなという印象でした。人によって、どちらが好みかは、分かれるかもしれませんが、このお店も、なかなか良かったと思います。味も良いのですが、それ以上に、独特の空間を味わうのが楽しいお店だと思います。

ちなみに、この日は台風17号が来襲。香川でうどんを2件ほど食べて、鳴門に移動して、Jリーグの試合を観戦する予定だった私。この店で食べている時間帯(10時)に台風による試合延期決定を知りました。えぇ!四国に来た意味が・・・ 仕方ないので、もう少し食べ歩くことに予定変更です^^;

↓かけうどん(1玉・温)
121011-1.JPG

↓うどんのアップ
121011-2.JPG

↓ちく天
121011-3.JPG

↓お店の外観です。
121011-4.JPG

↓広〜い店内(倉庫を改装)
121011-5.JPG

↓和コーナー!?
121011-6.JPG

↓看板猫?
121011-7.JPG
posted by たぬき at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ