2012年10月14日

大谷製麺所@香川県高松市牟礼町原

11号線を東へ。高松市のはずれ、さぬき市の近くまで行くとあるお店「大谷製麺所」さんです。

お店の外観は古風な感じです。駐車場もお店の隣に完備されています。

店内も古風で、大衆食堂風な雰囲気ですが、こぎれいな感じです。テーブル席とカウンター席が並び、それなりに人が入れそうでした。

メニューは、かけ、ぶっかけ、釜揚げ、ざる、たまごかけうどんなどなど。讃岐らしいメニューが並びます。かけは冷・温から選択可能で、一玉180円、一玉半230円、二玉280円、三玉380円となっています。

この日は、ひやかけの一玉180円と、ちく天、高野豆腐天を取りました。天ぷらの値段は覚えていませんが100円前後だと思います。

ひやかけうどんは、最初からネギが入っています。澄んだ色合いのおだしと、平打ち気味のつややかな麺が印象的です。

おうどんは、讃岐うどんの中では、かなり柔らかめのしっとり食感でしょうか。個人的に、このしっとりとした食感は、好みの感じで良いなぁと思いました。ただ麺の味自体は、どことなく硬いような感じがするのが残念でした。

ひやかけのだしは、ほんのりとイリコが効いた感じの優しいさっぱり風味。爽やかな味わいで夏場だと、もっと美味しさが高まりそうです。

ちく天は、やや冷め気味だったのが残念でしたが、磯辺味になっており、そこそこのお味でした。

それと高野豆腐天は、香川ではたまに見かけるのですが、いただいたことがなかったのでチャレンジ。おもしろい味ですね。高野豆腐が天ぷらの脂を吸いこんでいて、独特の旨みが出ています。ただその分、脂っぽさも感じる、美味しさと、くどさが半々のような・・ 高野豆腐だけに食感も天ぷらのパリッと、豆腐のふにゃっとした感じが相反していて、不思議な味わいでした。

全体的には、雰囲気も落ち着いた古風な感じで、優しい味わいのうどんをいただくことが出来ました。お店の方も素朴な感じで、ゆったりとおうどんを楽しめるお店だと思います。

↓ひやかけ
121014-1.JPG

↓うどんのアップ
121014-2.JPG

↓左:ちく天、右:高野豆腐天
121014-3.JPG

↓お店の外観です。
121014-4.JPG

↓メニュー
121014-5.JPG
posted by たぬき at 20:06| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ