2012年10月15日

常盤@京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町

寺町三条に昔からある食堂「常盤」さんです。明治11年創業と言う、歴史の古いお店だそうです。このお店、中・高時代に部活仲間たちとよく使っていました。今から考えれば、なんと渋いお店を使っていたことかと思います。

店舗は、商店街の中にあります。駐車場は街中なので存在しません。

店内も、昔ながらの大衆食堂風でテーブルが並びます。

メニューは、そば、うどん、中華そばを中心とした麺類、丼物、そして定食類があります。価格は、ほとんど1000円未満。定食類はお得かなと思います。

高校時代の私は、このお店では、にしんそば、にしんざるなんかを注文することが多かったです。この日もにしんざる800円を注文。

にしんざるの内容は、ざるそば、にしんの甘露煮に、そばつゆとそば湯が付いているくらいで、シンプルなものです。蕎麦には、あらかじめきざみノリが乗っており、薬味として、ネギ、ワサビ、ゴマが付いています。

お蕎麦は、それほど色が濃くなく、蕎麦の風味もそれほど感じない程度です。食感は、つるつるとしておりとても食べやすいものです。それほど本格的なお蕎麦ではありませんが、夏場によい感じです。

おつゆは、とても甘めの味わいで、昆布などの風味が強く効いています。醤油の味わいも濃く、甘辛いくらいに感じるのが特徴です。

それと、にしん。昔の記憶だと、もっと厚みがあったような気がしたのですが、やや薄めのにしん。しかしながら濃厚かつ、やや甘めに煮込まれたそのお味は、にしんの甘露煮の王道のような美味しさがあります。ほっとするような味わいです。

食事後には、温かいそば湯で、濃いめのおつゆを割っていただきます。甘辛いくらいだったおつゆが、不思議とまろやかに。ゆっくりと暖まるひと時でした。

ものすごく美味しいと言う訳ではない、そんなお店だと思いますが、昔からずっとある、そんな落ち着く大衆食堂だと思います。ちょっと一息休むのに重宝します。

↓にしんざる
121015-1.JPG

↓お蕎麦のアップ
121015-2.JPG

↓お店の外観です。
121015-3.JPG

↓メニュー
121015-4.JPG

121015-5.JPG
posted by たぬき at 21:17| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ