2012年10月24日

丸亀製麺・大津膳所店@大津市丸の内町

丸亀製麺の大津膳所店です。最近オープンしたお店で、近江大橋の西詰(大津側)にあります。

駐車場も完備されていますが、この日昼食時、十分お客さんがおられるのですが丸亀製麺にしては、並びも無くスムーズに入ることが出来ました。このお店の前の道路は北上する側からしか入れないためかもしれません。

店内は、丸亀製麺の中では、中規模くらいの店舗で、テーブル席やカウンター席が並びます。

いわゆるセルフ系のお店で、うどんを注文、受け取り、好きな天ぷらなどを取って、精算するシステムです。讃岐うどんにある、かけ、ぶっかけ、ざる、釜揚げ、釜玉、生醤油、カレーなどのメニューは一通りそろっています。

この日は、丸亀製麺で、あまり「ざるうどん」食べたことないなぁと思い、ざるうどん(並)280円、それと、ちくわ天100円、ハムカツ120円を取りました。計500円なり。

ざるうどん、麺はきれいに角が立ち、つややかに光る讃岐らしいものです。冷して締められているためか、そのコシとモチモチ感も素晴らしく、素直に満足できる味わいです。

おだしも和風の昆布や鰹などで取られた、ほんのりとした甘さを感じる仕上がりで、関西人でもとても飲みやすいものです。

ちくわ天は、いつもながらの揚げたて感と大きさもあり、普通に満足度が高いです。ハムカツは、初めて食べると思いますが、これも想像できる味わいでしょうか。やや厚めのハムが揚げられており、サクッとした揚げたて食感とともに美味しくいただくことが出来ます。

このお店、他の丸亀製麺と比較して、ひとつ良い点が。座る席によっては琵琶湖の湖岸と近江大橋を眺めながら食事をすることが出来ます。讃岐うどんと言うと、田舎風景が似合う気もしますが、発展が続く湖国のレイクサイドビューを楽しみながらいただくのも、気持ちの良いものです。

↓ざるうどん(並)
121024-1.JPG

↓うどんのアップ
121024-2.JPG

↓左:ちくわ天、右:ハムカツ
121024-3.JPG

↓お店の外観です。
121024-4.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ