2012年11月29日

前進丁@京都市上京区千本上立売上

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

千本今出川の交差点を千本通り沿いに北上するとあるお店「前進丁」さんです。

お店の雰囲気は、まさしく昭和そのもの。とても小さな外観のお店です。駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席のみで10人は座れないかな?という小さなスペースです。老夫婦で切盛りされており、素朴な雰囲気です。店内には小さなテレビも備え付けられています。

ラーメンメニューは、ラーメン(並)490円(大)600円、チャーシューメン600円、みそラーメン550円など、昭和価格です。いくつかの中華メニューや、セットメニューも存在します。

この日は、チャーシューメン600円を注文。

やや濁った色合いの醤油スープのラーメンが提供されます。具は、モヤシたっぷりにネギ、メンマ、チャーシューとシンプルなものです。それと胡椒が最初から振りかけられています。

スープは、豚骨なのか鶏ガラベースなのかが、よく分かりませんでしたが、あっさり目の昔ながらの醤油スープです。若干、甘みも感じるように思いましたが、胡椒が効いていて、ピリッとした引き締まった後味です。あっさり目とはいえ、動物系のコクもしっかりと感じることができ、なかなか飲みごたえがあるスープだなと思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。茹で具合は硬めで、意外なほどコシがあって食感が良かったです。個人的にはもう少し柔らかめでも良かったかな?と思いました。

チャーシューは、最初はスープに隠れていて見えなかったのですが、意外と多めに入っています。味付けは薄めで、赤身と脂身のバランスが良く、柔らかみもあり、昔ながらの一杯の中で存在感を感じることが出来るものでした。

クラシカルなラーメン、価格も雰囲気も昭和そのもの。素朴な接客と味わいは、心まで温まるものです。寒い季節に、このお店でゆっくりとラーメンをいただくのも良いものだなと思います。

↓チャーシューメン
121129-1.JPG

↓チャーシュー
121129-2.JPG

↓麺とスープ
121129-3.JPG

↓お店の外観です。
121129-4.JPG

↓メニュー
121129-5.JPG
posted by たぬき at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月28日

朝護孫子寺@奈良県生駒郡平群町(5)

11/25に紅葉を見に訪れた信貴山・朝護孫子寺です。

朝護孫子寺の紅葉は、二本ある大銀杏が有名ですが、この日は、まさに見頃でした。15時ごろ、そろそろ夕陽となってくる頃、本堂に近いほうの一本の大銀杏がお日様に照らされ、輝くように光っていました。また本堂前の紅葉も、紅く色づいていて、見応えがありました。

本堂から見下ろす景色も、この日は、好天のため、とても遠くまで見渡すことが出来ます。11月末なのに、ほのかに温かく紅葉観賞には最高の天気でした。

↓過去の参拝記録
朝護孫子寺(1)
朝護孫子寺(2)
朝護孫子寺(3)
朝護孫子寺(4)

↓本堂と虎
121128-1.JPG

↓本堂から望む大銀杏
121128-2.JPG

↓見頃の紅葉
121128-3.JPG
posted by たぬき at 20:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

2012年11月27日

談山神社@奈良県桜井市(2)

11/25に訪れました、奈良の紅葉の名所「談山神社」です。

この日、関西は快晴。午前の時間帯でしたが談山神社の駐車場までは、大渋滞が発生しておりました。

駐車場に入るまで、私は欲張らず、神社から一番遠い駐車場に停めましたが、それでも30分待ちくらいでした。近場の駐車場に停めようとされていた方が多く、その場合1時間以上、待たれていた方も多かったのではないでしょうか。

ただし快晴で陽のあたる紅葉は、まさしく見頃。赤・橙・黄・緑が見事に融合して、とても華やかな彩りを見せていました。

↓過去の参拝記録
談山神社(1)

↓十三重塔を背景に。
121127-7.JPG

↓鳥居
121127-8.JPG

↓十三重塔
121127-9.JPG

↓拝殿から望む紅葉
121127-10.JPG

121127-11.JPG
posted by たぬき at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良

中華ラーメン太郎@京都府京都市山科区大宅烏田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

山科の外環沿いにあるお店「中華 ラーメン太郎」さんです。以前から気になっていましたが、通りがかりに入ってみました。

お店は、散髪屋さんなどと同じ敷地内にあり、駐車場もそれなりの台数が停められるようになっています。店舗は比較的小さめです。

店内は中華食堂風で、カウンター席とテーブル席が並びます。接客は庶民的ですが、明るく好印象でした。

麺類のメニューは、ラーメン600円を中心に、味噌ラーメン、チャーシューメン、台湾ラーメン、スタミナラーメン、チャンポン、カレーチャンポン、五目そば、天津麺、焼そば、あげそばなど豊富なメニュー構成です。価格も最も高いもので780円と安めです。

また中華料理やセットメニューも充実していました。

この日は、最初、五目そばを・・と思いましたが、壁に掛けてあったラーメンの写真が美味しそうに見えたので、チャーシューメン780円にしました。

出てきたラーメンは、澄んだ色合いの醤油スープに背脂がきめ細やかに浮いています。具は、多めのモヤシ、ネギ、メンマ、チャーシューとシンプルなものです。

スープの味わいは、ますたに・ほそかわに代表される鶏ガラベースの背脂醤油系の味わいかなと思ってましたが、どちらかというと、豚骨ベースの第一旭・ラーメン藤系の味わいに背脂が浮いている感じです。ただ豚のコクはとても控えめで、かなりあっさりとした仕上がりのスープでした。

麺は、多加水の細めのストレート麺を使用されています。これが柔らかい茹で具合で、個人的には好みの食感でした。

チャーシューは、赤身と脂身のバランスの良いものが入っています。一つ一つがやや厚切りなのと、意外なほど量が入っていて食べ応えがあります。味付けは薄めですが、食感は柔らかめで良い感じでした。

こちらのお店は、それほど目立たないお店ですが、スープも良い感じで、そこそこ満足度も高いお店でした。値段も安く庶民的な雰囲気で、普段使いに良さそうなお店だと思います。

↓チャーシューメン
121127-1.JPG

↓チャーシュー
121127-2.JPG

↓麺とスープ
121127-3.JPG

↓お店の外観です。
121127-4.JPG

↓メニュー
121127-5.JPG

121127-6.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月26日

丸亀製麺@京都府城陽市寺田高田(2)

丸亀製麺の城陽店です。

最近、朝うどんと題して、朝の時間帯に提供されている丸亀製麺さん。この日は、朝食時に訪問。広い店内は、だれもお客さんがおられず・・・あれ?と思うほど。香川と違って、朝うどんは、まだ関西では浸透してないのでしょうか・・

さて、期間限定の肉汁つけうどん・ざる・並480円を注文。うどんは、釜揚げと、ざるから選択出来るので、ざるにしました。

この肉汁つけうどん、並でも他のメニューより1.5倍量入っているとのことで、かなりボリューム感を感じます。うどんは角がきれいに立っておりとても美しいです。つけ汁には、豚肉とネギが入っています。

うどん自体は、丸亀製麺さんらしく、しっかりとしたコシと小麦の風味が効いていて、やはり高レベル。

そしてこのメニュー、つけ汁がほんのり甘く、そして濃いめのおだしに、さらに豚とネギの旨みが合わさる感じで、なかなか癖になりそうな美味しさがあります。これが意外なほど美味しいので、一瞬のうちに平らげてしまいました。

このメニューのおダシは、特別に作られているんでしょうかね。これからもレギュラーメニューとして使ってほしいなと思えるような良さがありました。

↓過去の記録
丸亀製麺・城陽店(1)

↓肉汁つけうどん・ざる・並
121126-1.JPG

↓うどんのアップ
121126-2.JPG

↓お店の外観です。
121126-3.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

2012年11月24日

創立55周年記念復刻ビール(オリオンビール)

創立55周年記念復刻ビール(アルコール4.5%)

オリオンビール創立55周年を記念した復刻ビールです。創業時のレシピを元に醸造されたとのことですが、非熱処理であり、最新の技術も取り入れているとのことで、味は少し異なるのかもしれません。

その味わいは、しっかりとした苦みと、喉越しの良さがあり、夏場に飲みたいような切れ味の良いビールです。またオリオンビールは赤の三つ星が伝統のラベルのようです。今まで知りませんでした。

↓創立55周年記念復刻ビール
121124-1.JPG
posted by たぬき at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2012年11月23日

ラーメンさのや@京都市上京区寺之内通新町東入古木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

同志社大の今出川キャンパスから、歩いて数分のところにあるお店「ラーメンさのや」さんです。ずっと行きたいなと思っていたお店の一つでしたが、この付近に来る用事が少なく・・・ この日は、報恩寺の特別公開がありましたので、参拝ついでに訪れました。

お店は、烏丸寺之内の交差点を西に行くとあります。レンガ造りのマンション?の1Fに立地しており、黄色い看板が目立ちます。駐車場はありません。

店内は、とてもこじんまりしていて、カウンター席と小さなテーブル席一つ。それと奥に4人掛けの座敷が一つあるくらいです。お店は、男性二人で切盛りされていました。寡黙そうな店長さんでしたが、お客さんがお店の扉を開けるのに困っておられると、すぐに手伝いに行かれたり、親切で丁寧な接客が印象に残りました。

ラーメンメニューは、シンプルで、3種類のスープ(深味醤油、背脂醤油、塩)から選ぶのみです。他にチャーシューメンや、ネギラーメンなどトッピングの有無により値段が変わるようになっています。並が650円、大750円。チャーシューメン並950円、大1050円などです。

単品も焼めし、ごはん、鶏唐揚げのみでしたが、それらとラーメンをセットに出来るお得なメニューもありました。

この日は、深味醤油のチャーシューメン(並)950円を注文。

出て来たラーメンは、鉢一杯に乗ったチャーシューのインパクトが強い、醤油ラーメンです。スープは澄んだ色合いで、少し一味がかけられていました。トッピングは、チャーシュー、メンマ、たっぷりのネギとシンプルなもの。それと最初から胡椒が振りかけられています。

スープは、鶏ガラベースの醤油味だと思いましたが、もみじ、豚骨、さば節なども使われているそうです。それらの旨みと、京都らしい五光醤油を使った深い醤油のコクが合わさり、シンプルなのに、旨みがあるスープです。それと一味と胡椒がかけられているため、意外と後味に刺激感を感じます。

麺は、玉子入りの細めのストレート麺を使用されています。とてもコシが良く、噛むのが楽しくなるような麺でした。

そしてチャーシューは、やや厚切りのものがボリュームたっぷりに入っています。鉢の周りだけでなく、真ん中まで敷き詰められて・・+300円のチャーシューメンだけあるなと思いました。また赤身、脂身のバランスも良く醤油ダレでしっかりと味が付いており、なかなか良い出来だと思いました。

こちらのお店のスープは、とてもシンプルですが、旨みもしっかりしており飽きない味わいだと思います。まだオープンして2年くらいの新しいお店だそうですが、世間の流行に左右されず、末長く続いてほしいお店だなと思いました。

↓深味醤油・チャーシューメン(並)
121123-1.JPG

↓チャーシュー
121123-2.JPG

↓麺とスープ
121123-3.JPG

↓お店の外観です。
121123-4.JPG

↓メニュー
121123-5.JPG
posted by たぬき at 08:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月22日

報恩寺@京都市上京区小川通寺之内下ル射場町

京都の非公開文化財特別公開で、訪れた報恩寺さんです。

こちらのお寺、有名なのは「鳴虎図」です。これは、四明陶佾(しめいとういつ)という中国の画家が描いた、虎の絵なのですが、虎の体毛、一本一本、そして背後にいるカササギの動きなど、とても鮮明で美しい絵です。

これを秀吉が気に入り、報恩寺から伏見の聚楽第へ持ち帰ったところ、その夜、一晩中、虎の鳴き声が響き渡り、秀吉は眠ることすらできなかったそうです。翌日、虎が寺に帰ることを望んでいるんだと考えた秀吉は、すぐさまお寺に返されたとか。。

そんな「鳴虎図」。初めて見ましたが、見る角度によって虎の表情が変わるようなリアルな感覚、そして、細やかな表現も美しく、秀吉が気に入ったのが納得できるような絵画でした。

それと、こちらのお寺、快慶作の阿弥陀如来様など見どころが豊富なのですが、一番の見どころは・・「厨子入木造千体地蔵菩薩像」でしょうか。写真はというと、京都新聞のサイトなどに載っています。
京都新聞の厨子入木造千体地蔵菩薩像 紹介ページ

たった15センチ四方ほどの空間に、びっちりと千体近くお地蔵さまが刻まれた、ものすごく緻密で繊細な仏様たちです。この千体近いものすごくミニチュアなお地蔵さまは、きちんと光背まで付いており、驚くばかり。

繊細なこの像は、ガラスケースに入れられ、その繊細さから、配管で歩く際も近場ではゆっくり、そろりと振動をさせないように・・と注意が入るほどでした。

久しぶりに、ものすごいものを拝観させていただいたな・・と思った、そんな文化財公開でした。

↓報恩寺の庭園です。
121122-1.JPG
posted by たぬき at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2012年11月20日

すき家・四条店@京都市下京区立売西町

「すき家」の四条烏丸にあるお店です。

この日は、9時ごろ、食べるところがないかな・・とうろうろ。良さそうなところが見つからず。。春頃CMをやっていた、すき家の海鮮中華丼が美味しそうに見えたのを思い出して、食べてみようと入りました。

牛丼チェーンの中でも、すき家は、あまり入る機会がないのですが、店内は牛丼屋さんとして、おおよそ想像し得る店内です。ただ、奥の方にテーブル席が多くあるのが印象的でした。それと、すき家さんは食券制じゃないので、店員さんに注文します。朝の時間帯、店員さんが少なく、逆にお客さんは意外なほどおられて、ファストフードなのに時間かかっちゃう感じなのは、残念でした。

さて、当初の目的通り海鮮中華丼480円を注文。

出て来た海鮮中華丼は、やっぱりCMと比べると差がありますね〜。CMや広告の写真は、丼ぶり一杯に海鮮、野菜がびっちり詰まっているのに対して、本物は、ご飯が見えてしまってます。どのお店も、こんなものなのかな?とネットで検索しても、やっぱりそのよう。ただ持ち帰りにすると、パックの丼ぶりが小さめなので、丼ぶり一杯に海鮮・野菜が詰まるようです。見た目的には、持ち帰りのほうが満足度が高そうですね。

さてお味は、ご飯にレトルト的なものをかけたのみなのでしょうが・・意外としっかりしています。

少しとろみのある感じのあんかけ状。具もホタテ、エビ、イカ、イカ足、ウズラ、チンゲンサイ、白菜、なると、キクラゲ、タケノコ、ニンジンなど、具だくさんです。それにエビやホタテが、それほど安っぽくなく、大きめのものが入っているのも値段からすると良かったです。

個人的に、もう少し丼ぶりの形を工夫して、ご飯が見えないようにするだけでも、もっと満足度が高くなりそうなのにな・・と思いましたが、チェーン店だけに器は、それほど自由度がないのでしょうね。ただ、価格を考えると、それなりに良い感じの海鮮丼だと思います。

↓海鮮中華丼
121120-1.JPG

↓具のアップ
121120-2.JPG
posted by たぬき at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2012年11月18日

プレーオフ敗戦

京都0-4大分

J1昇格プレーオフ、苦手とする大分に完敗いたしました。来期もJ2が確定しました。

来期に向けて気持ちを切り替えましょう。

121118-1.JPG
posted by たぬき at 18:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2012年11月17日

ラーメン餃子館 小次郎・本店@京都市右京区西京極大門町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

西京極にある「ラーメン餃子館 小次郎」さんです。このお店はずいぶん以前に数回、使ったことがあり、個人的に好みでしたが、久しぶりに訪れました。

店舗はこじんまりしており、お店の前に車2台くらいおける駐車スペースがあります。店内は、改装でもされたのでしょうか、私の記憶よりきれいな感じがしました。カウンター席、テーブル席が並ぶ食堂風です。この日は、昼食時なので満席に近く、活気がありました。店員さんは、男性二人と女性一人で切盛りされており、庶民的な雰囲気の接客です。

ラーメンメニューは、たくさんありますが、基本のスープは醤油、塩、味噌の3種類だと思います。ここの面白いところは、中華の具をそのままラーメンに載せたようなメニューがたくさんあることです。(唐揚げラーメン、 回鍋肉ラーメン、豚キムチラーメン、ザーサイラーメン、ナス挽肉ラーメン、マーボーラーメン、焼肉ラーメンなどなど)

もちろん同じく中華丼系、中華料理単品もたくさんあります。うれしいことは、基本のラーメンが470円、中華がドンと乗ったラーメンも最も高いもので780円と価格が安いことです。しかも平日PM2時までは、ライスが無料で、コストパフォーマンスは高いです。

この日は、マーボーラーメン680円を注文。注文後、厨房を見ていると、中華鍋で麻婆豆腐を作られ、麺とスープを入れた丼ぶりに、そのまま豪快に麻婆豆腐を入れられます。期待が高まる感じですね。

出てきたラーメンは、大きめの器に鉢一杯に麻婆豆腐が乗せられています。スープは澄んだ色合いのきれいな醤油スープです。

ベースの醤油スープは、鶏ガラ・豚骨ベースだと思いますが、その動物系のコクは控えめで、とてもあっさりと飲みやすいものです。そこにマーボーのピリ辛さ、挽肉の旨みが合わさり、なかなか癖になるような美味しさがあります。ベースのスープが、あっさり癖がないものなのは、おそらく中華メニューと合わせやすくするためなのだろうなと思います。

麺は、多加水の細めのストレート麺を使用されています。少し安っぽくも感じるのですが、挽肉、豆腐との絡みがあるので、美味しくいただけます。

麻婆豆腐は、この価格ですが、十分なたっぷり量が入っています。意外なほど満腹度があります。

久しぶりに訪れましたが、マーボーラーメンも意外とイケルな!という印象でした。他のメニューも機会があれば、順番に試してみたいなと思います。

↓マーボーラーメン
121117-1.JPG

↓具のアップ
121117-2.JPG

↓麺とスープ
121117-3.JPG

↓お店の外観です。
121117-4.JPG

↓メニュー
121117-5.JPG

121117-6.JPG
posted by たぬき at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月14日

中華処揚子江@京都市伏見区竹田西桶ノ井町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日は、安楽寿院と城南宮の特別公開を見るために竹田駅へ。ちょうどお昼時でしたので、駅前にあった、こちらのお店に入りました。

お店は、駅前ですが、少し住宅街に入り込んだようなところにあり、分かりにくいかもしれません。ただ建物全体が朱色で、目立ちます。駐車場は街中ですので存在しません。

店内は、カウンター席とテーブル席があり、それほど広くはありません。老夫婦で切盛りされており、家庭的な雰囲気がありました。

メニューは、本当にたくさんの中華メニューが並びます。私が撮ったメニュー写真以外にも、セットメニューやら宴会メニューやら、とにかく豊富にありました。麺類は7種類ありました。

この日は、五目ラーメン850円を注文。

カウンターに座ってましたので、しっかりと野菜などを炒めて調理されているのがよく見えます。手さばきもよく料理が待ち遠しくなります。

五目ラーメンは、とても具だくさんで登場します。スープは、澄んだ色合いの醤油味の中華スープ。そこに具が本当にこんもりと乗っています。具は、ニンジン、白菜、ネギ、キクラゲ、チンゲンサイ。野菜だけかな・・と思っていたら、豚肉、イカ、エビ、ホタテ、うずら玉子なども入っています。そして、あんかけが薄くかけられています。

スープは、とても優しい味わいの中華スープです。中華料理店だけあり、一般的なラーメン店で感じるような豚骨や鶏ガラの風味とは、また違う風味を感じます。そして醤油の深いコクが生きていてとても美味しいなと思える味わいでした。後味もすっきりしていて、とても飲みごたえのあるスープです。

麺は、かなり細めの麺を使用されています。やや加水率が高めで食感も良い感じです。とにかく具がたっぷりなので、具との絡みも良いです。

そしてたっぷりの具は、炒められた香ばしさが生きていて、とても食が進みます。ニンジンなどの野菜も一つ一つ丁寧に切られていて、好感が持てます。それにエビ、ホタテなどが大きいのが惜しげも無く入っているのも高得点でした。

適当に入ったお店。お店の外観の昔ながらの雰囲気と言い、そんなに大きな期待はしていませんでしたが、なんのなんの、とても美味しい高いレベルの中華麺をいただくことが出来ました。他の中華メニューも気になるお店です。

↓五目ラーメン
121114-1.JPG

↓具のアップ
121114-2.JPG

↓麺とスープ
121114-3.JPG

↓お店の外観です。
121114-4.JPG

↓メニュー
121114-5.JPG

121114-6.JPG

121114-7.JPG
posted by たぬき at 20:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月13日

城南宮@京都市伏見区(4)

京都市非公開文化財特別公開で後悔が行われていました城南宮です。

こちらは、絵巻や屏風を中心に公開されていたのですが、個人的には、古事記1300年目を記念して「神々の絵画」が展示されていたので、そちらを楽しみに行きました。

今から100年前の明治年間にも同じく古事記1200年を記念して、描かれた絵画があったようで、それらの展示があり、天照大神から天皇家への繋がりがよく分かる面白い絵画展でした。

春には、枝垂れ梅や桜の名所でもある神苑は、花が少なく、紅葉もまだまだでしたので(約10日前)、観光客も少なく静かでした。

↓過去の参拝記録
城南宮(1)
城南宮(2)
城南宮(3)

↓神苑の様子。
121113-1.JPG

121113-2.JPG
posted by たぬき at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2012年11月11日

プレーオフ・・・

京都0-0甲府(西京極)

雨の西京極。寒い中1万人を超える観客。

この日、勝利すればJ1への切符を手にすることが出来た京都サンガは、猛攻むなしく0点に終わり、J1昇格プレーオフに回ることとなりました。

J2 3位となったサンガは、6位大分との戦いとなります。来週、試合は西京極で行われますが、やや苦手の相手。若い選手の勢いとともに、なんとか勝ちぬけてほしいものです。

↓試合後、挨拶をする中山ヒロキ
121111-10.JPG
posted by たぬき at 18:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

天下一品・竹田店@京都市伏見区竹田久保町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の竹田店です。お店は国道24号線沿い、竹田久保町の交差点のところにあります。

それほど大きくはない外観の店舗ですが、見た感じはとてもきれいです。お店の裏手に、駐車場も多くあり、かなりの台数が停められるようになっていました。

店内は、カウンター席とテーブル席で構成されています。この日は、お昼時でしたが、とても活気がありました。私が入った時、ちょうど満席。すぐにカウンターが一席空きましたが、久しぶりに天一で待ったと思います。接客も明るく元気で、とても好感が持てるものでした。

このお店、ユニークなのが、店内入ってすぐのところに無料のサービスカウンターがあるところです。この日は10種類のトッピング類、ニンニク、コーン、ニラ、モヤシ、ゴマなどなどが置かれていました。うれしいサービスですね。

ラーメンメニューも、他の天一に比べると豊富です。スープは、天一定番のこってり・こっさり・あっさりの3種類のほか、ピリ辛、味がさね、ちゃんぽんも選択することが出来ます。

トッピングも豊富で、メンマ、キムチ、煮玉子、チャーシュー、Wチャーシュー、すじ、豚トロ、ソーキがあります。また単品メニュー、セットメニュー、オリジナルメニューもかなり豊富にそろっています。

この日は、すじや豚トロトッピングは他のお店でもあるけど、ソーキのトッピングは珍しいな・・と、こってり(並)700円のソーキトッピング+250円を注文しました。注文の時、私はニンニク入れるかどうか聞かれませんでしたが、周りのお客さんは聞かれてました。店員さんによって差があるのかもしれませんね。

出て来たラーメンは、天一らしい濃厚スープにソーキが2つ、チャーシュー1枚、それとネギ、メンマのトッピングです。

スープは、天一らしい、鶏ガラと野菜をとことん煮詰めたような超濃厚スープ。注文時に聞かれなかったので、ニンニクは入ってないのかな・・と思ったら、かなり強力にニンニクが効いていました。この濃厚で重みのあるスープに、ニンニクの風味、やっぱり癖になるようなスープだと思います。

麺は、中細の多加水ストレート麺を使用されています。天一は、茹で具合は柔らかめなところが多い中、このお店は、やや硬めかな?という茹で具合でした。柔らかめが好みの方は、注文時にお願いしたほうが良いかもしれませんね。

チャーシューは、薄切りの物を使用されています。柔らかみもほどほどにあり、濃厚スープと絡めるのに適していました。メンマは、細めで、やや存在感が薄いでしょうか。

ソーキは、軟骨入りの煮込まれたものが使用されていました。醤油ダレの味が染み入っていて、軟骨もほろほろと噛みきれるくらいの柔らかさとなっています。口の中でとろけるような味わいは、なかなかのものでしたし、濃厚スープとの味の組み合わせも良かったと思います。

活気ある店内、メニューの豊富さ、無料サービスカウンターの存在など、他の天下一品と比べても秀逸なお店だったように思います。ラーメンの味自体もとても美味しく、近所に住んでいたら、しょっちゅう通いそうだなと思ったお店の一つでした。

↓こってり(並)+ソーキトッピング
121111-1.JPG

↓ソーキ、チャーシュー
121111-2.JPG

↓麺とスープ
121111-3.JPG

↓無料サービスカウンター
121111-4.JPG

↓お店の外観です。
121111-5.JPG
posted by たぬき at 18:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月10日

安楽寿院@京都市伏見区竹田

毎年楽しみにしている、京都非公開文化財特別公開です。このイベントは、春秋に開催されますが学生さんのボランティアが丁寧に解説してくださるので、とても好きです。

今年の秋は、3つほど巡ってみました。その中の安楽寿院です。

鳥羽離宮の中で鳥羽上皇が国家安泰と、自らの後世安楽を願われて創建されたお寺とのことです。この日は、鳥羽上皇の念持仏でもある阿弥陀如来像がこうかいされていましたが、こちらは、胸に「卍」の字が彫られた独特のものでした。表情は、とてもおだやかで優しいお顔をされていました。

↓大師堂
121110-1.JPG

↓近衛天皇安楽寿院南陵
121110-2.JPG
posted by たぬき at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2012年11月09日

彩華ラーメン 吉祥院店@京都市南区吉祥院西ノ茶屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良・天理の名店「彩華」の吉祥院店です。京都には、以前にも出店されていましたが、そちらはお店を閉じられ、この吉祥院で営業されています。

店舗は171号線沿いにあり、近年の彩華ラーメンらしくファミレス風のきれいな外観です。駐車場も完備されており、少しお店から離れたところに第二駐車場も用意されています。

店内もとてもきれいで、木目調で統一されています。カウンター席、テーブル席、座敷などがあり、多くの人が入れそうです。接客も明るく感じは良かったです。

メニューは、天理系のスタミナラーメンである彩華ラーメンがメイン。トッピングなどにより値段が変わるようになっています。トッピングも昔と比べるとずいぶんと増え、生玉子だけでなく温泉たまご、半熟煮たまご、青ネギ、白ネギ、メンマ、バラチャーシュー、モモチャーシューなどがあります。一時期されていた炙りチャーシューは、今はやっておられないようです。

他にラーメンは、醤油ラーメンがありました。以前、奈良店で美味しいなと思った札幌味噌は、やっておられないようです。

また中華単品、ご飯類も用意されています。奈良では隠れ人気?の彩華丼は、この店舗にはないようです。

この日は、彩華ラーメンのバラチャーシュー+生玉子トッピング(昔からの彩華ファンで言うところの、スペシャル)、それと餃子を注文。そういえば、最近のメニューには、彩華名物の「スペシャル」の文字は消えましたね。少し寂しい気もします。

登場した彩華ラーメンは、鶏ガラ醤油スープがベースですが、白菜、ニラ、豚肉、ニンジンなどの具たっぷり、豆板醤を効かしたピリ辛風のスープ!これぞ天理ラーメンという風貌です。そこに豚バラ肉が乗せられています。生玉子は、この日は不思議と別皿で提供されたので、自分で割って入れました。

スープは、豆板醤のピリ辛味とニンニクの風味が効いていて野性的な味わい。ニンニクは、他の彩華の店舗と比べて控えめに思いましたので、テーブルに置いているニンニクを加えました。このジャンクな味わいがとても癖になります。また生卵を割って、混ぜると、そこに絶妙なマイルド感も加わり良い感じです。

麺は、細ちぢれ麺を使用。以前と麺の感じが変わったかな?と思いましたが、気のせいでしょうか。ちょっと表面のツルツル感が強く感じました。ただ、このちぢれ麺がたくさんの具と絡みあって美味しさを口に運んでくれます。

チャーシューは、柔らかみのある豚バラチャーシューを使用されています。個人的に、昔、使用されていた、いかにも解凍したのみという安っぽい豚バラチャーシューが意外と好きだったのですが、これはこれでより本格的になって美味しいチャーシューだと思います。

白菜をはじめとする具も、最初見た感じは少なめかな?と思いましたがスープの中からゴロゴロと。この店舗も意外と悪くないなと思いました。

餃子は彩華らしくニンニクの効いた風味。具もしっかりしており、なかなか美味しい味わいでした。

最近の彩華ラーメンは、店舗もきれいになって、昔の大衆中華的な雰囲気や、店舗感で具が違ったり。店内にぽつんと置いてあるプーアル茶飲み放題も出来なくなり。そんな庶民的な雰囲気がなくなったのは、少し残念な気もしますが、全体的なレベルとしては、上がったと思います。奈良・天理のご当時の味として、これからも頑張ってほしいです。

↓彩華ラーメン・スペシャル(バラチャーシュー・生玉子トッピング)
121109-1.JPG

↓チャーシュー
121109-2.JPG

↓麺とスープ
121109-3.JPG

↓餃子
121109-4.JPG

↓お店の外観です。
121109-5.JPG
posted by たぬき at 19:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2012年11月07日

天下一品・桜井店@奈良県桜井市吉備

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の桜井店です。お店は165号線沿い、トマト&オニオン、ジョーシンと並んでお店が立っています。駐車場も多くの台数が停められるようになっています。

この日の目的は、天下一品の西大寺店で見た、こってりのカレーラーメンを食べること。西大寺店と、このお店は同じ系列とのことで訪れました。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。それほど大きくない店舗ですが、意外と人数は入れそうでした。

ラーメンメニューを見て愕然。カレーラーメン、トッピングのカレーのところ、赤線で消されています(笑)。この日の目標が突然消えました(^^;

メニューは、天一独特のこってり・(こっさり)・あっさりから注文を選択でき、トッピングなどにより値段が変わるようになっています。この西大寺店、桜井店の系列が面白いのは、トッピングに背脂、角煮、うまからなどちょっと変わったものがあるところでしょうか。

こってり・あっさり以外のスープでは、味がさね、みそラーメン、塩ラーメンなどが存在します。また単品や定食メニューも充実しています。

この日は、お目当てのカレーラーメンがなかったので、天一では好きなメニューの潮彩ラーメンのこってりできますか?と聞いたら、出来るとのことでしたので、潮彩のこってりを注文しました。潮彩ラーメンは、あっさりスープでしか対応してくださらないお店が多いので、うれしかったです。それと、この店では、何も言わないと、ニンニク抜きでスープが提供されるようです。

潮彩ラーメン(こってり)が登場します。いつもながらの鶏ガラ・野菜をとことん煮込んだこってりスープ、そこに海老、ホタテ、イカ、タコ足、アサリなどの海鮮、白菜、ニラ、タケノコ、ニンジン、キクラゲ、ベビーコーン、ネギなどの野菜がたっぷりとトッピングされています。

スープは、いつもながらの鶏ガラ・野菜の旨みたっぷりの濃厚スープですが、そこに魚介・野菜の風味がにじみ出ていて、さらに旨みが増す感じです。やっぱりこってりスープの塩彩は、美味しいなぁといつも思います。

麺は、天一のやや多加水の中細ストレート麺が使用されています。このお店は、普通くらいの茹で具合でした。濃厚スープだけでなく、ニンジン、白菜などともよく絡み合い、美味しさを口に運んでくれます。

魚介も、海老、ホタテなど大きなものがゴロンゴロンと入っています。野菜も多くてボリューム感もあります。具を変にケチっていないのが、天一の塩彩ラーメンの良い点だと思います。

この日、本来の目的のカレーラーメンが食べられなかったのは残念でしたが、好みの潮彩ラーメン・こってりをいただけたのは、とても良かったです。この濃厚スープ+海鮮・野菜は癖になる美味しさだと思います。

↓潮彩ラーメン(こってり)
121107-1.JPG

↓具のアップ
121107-2.JPG

↓麺とスープ
121107-3.JPG

↓お店の外観です。
121107-4.JPG

↓メニュー
121107-5.JPG

121107-6.JPG
posted by たぬき at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2012年11月04日

はなまるうどん・京都錦店@京都市中京区錦小路通東洞院東入ル西魚屋町

はなまるうどんの京都大丸の裏手にあるお店「京都錦店」です。この日は、朝10時、食べるところないかな・・とうろうろ。こちらがやっておられるだろうな・・と訪れました。

街中にあるため駐車場は、ありませんが、烏丸四条から歩いてすぐなので、交通アクセスはとても良い場所にお店があります。

店内は、細長い作りで、とてもきれいです。一人用のカウンター席、テーブル席が並びます。

このお店のシステムは、好きなうどんを注文して、好きな天ぷらなどを取る、いわゆるセルフ形式。うどんメニューは、かけ、ぶっかけ、釜揚げ、ざる、釜玉、カレーなど讃岐らしいメニューが並びます。

この日は、はなまると言えば、かけうどんでしょう!ということで、かけうどん105円と、イカ天105円を取りました。合計210円なり。

はなまるうどんは、トッピングの天かすが、とても安っぽく業務用のものが置かれているのが難点かな・・と思っていましたが、この店舗では、天ぷらを揚げた天かすが、しっかり置かれていて好印象です。

さて、かけうどん。透き通った駆け出しにネギが乗るだけのシンプルな一品です。うどんは、角が曲線的なやや太めの麺です。

そのうどんは、ほどほどのコシとしっとりとした食感。小麦の風味も効いていて、個人的にとても好みです。関西の讃岐うどんのお店は、やたらコシにこだわったお店が多い感じがしますが、香川に行くと、意外とものすごい粘り腰の麺に出会う機会が少なくて、このくらいのコシの麺が多いかな・・ 香川発祥のチェーンだけあり、本場の味をしっかり伝えてくれる気がします。

そしておだしも、ほんのりとイリコの風味の効いた味わい。本場香川を思わせます。イリコも強すぎずに、後味のあっさり感もあって、とても飲みやすいものです。

イカ天は、開店とほぼ、同時に入ったためか、揚げたて感ありで、とてもサクっとした食感が良かったです。イリコの効いた、だしに付けていただくと、より風味が増す感じがします。

関西にもいろいろな讃岐系のチェーン店や、お店が増えましたが、はなまるうどんさんは、讃岐の味わい・雰囲気をよい意味で伝えてくれる優良店だと思います。またふらっと何度も入りそうです。

↓かけうどん
121104-1.JPG

↓うどんのアップ
121104-2.JPG

↓イカ天
121104-3.JPG

↓お店の外観です。
121104-4.JPG
posted by たぬき at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ

2012年11月02日

マラソン10月度練習&今後の予定

今月度初めごろ、脚の怪我もあり、ランニングは中止にして、ずっとウォーキングしていたのですが、歩いている途中、突然痛みが・・(+_;

なかなか良くならないなぁと思いつつ、上向きに会った私の膝の怪我。一気にどん底。そのあと、歩くのもつらい日々が数日。これまでウォーキングで痛みが増加したことがなかっただけに凹む。

最近、普通に歩けるようになってきましたが、これはマジでつらいです。まあ、何度も怪我しているし、ある程度、なるようになるさ・・と思えるようになったのが幸いです^^

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km

レースは、11月に京都丹波ロードレース、12月に奈良マラソン、2月に木津川マラソンと申し込んでいます。しかも京都丹波ロードレースは、明日11/3です。でも脚の状態がダメダメなので、会場にすら、行かないつもりです。

しばらくは安静にして、ゆっくりと復帰を目指します^^
posted by たぬき at 20:15| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン練習