2012年11月01日

らーめん亭ちえぞう@京都市上京区堀川丸太町西入ル北側黒門東藁屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

堀川丸太町の交差点近くに昔からあるラーメン屋さん「ちえぞう」さんです。

お店の外観は、昔ながらのラーメン店という感じで、オレンジ色のテント屋根が目印です。街中なので駐車場はありません。

店内は、カウンター席のみで、こちらも昔ながらのラーメン店という感じ。お店は、おばちゃん一人で切盛りされています。

このおばちゃんが、とても愛想が良いのが印象的。この日も、次々、常連の学生さんたちが来られ会話を楽しんでおられました。

ラーメンメニューは、醤油スープ、とんこつ醤油スープ、みそスープから選ぶようになっています。他にもチャンポン、皿そば、焼そばなど豊富に揃っています。ご飯類、定食類もあるのと、それと夜は帰宅時のサラリーマンとかが寄られて、飲み屋風になるのでしょうか。壁に居酒屋メニューのような一品が多く書かれていました。

この日は、おばちゃんの想像以上にお客さんが来られたそうで、13時前でしたが、ご飯がもう切れていて、さらにラーメンもいっぱい出たので、ラーメンに入れる煮玉子が、ないとのこと。丁寧に謝られていました。

私は、チャーシューメン(醤油スープ) 740円を注文。煮玉子が入れられないから、ネギ多めでも、メンマ多めでも、なんでも言ってと言われましたが、普通でいいよと答えておきました。

さて出てきたラーメン、見た目も素朴そうな昔ながらの醤油ラーメンです。やや濁った色合いの醤油スープに、チャーシュー、ネギ、メンマが浮いています。

スープは、見た目は、あっさり系かなと思いましたが、醤油ダレの旨み、ベースの鶏ガラと豚骨も使われているのかな?と思いましたが、味噌でも入っているのと思うような深いコクがあります。ですが、後味はすっきり感があります。とても高レベルなスープでした。京都のお店で言うと、同じく老舗の虎角さんを思い出す味わいでした。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。食感も心地よい感じの茹で具合で、食べやすいものでした。

チャーシューは、やや小ぶりなものが多めに入っています。一枚一枚、赤身・脂身のバランスもよく、醤油の味が染みていて、なかなかのものです。ただ、もう少しボリュームがあればよかったかなと思いました。

このお店のラーメンは、素朴な安心の昔ながらのラーメンです。ただ、一番の特徴は、おばちゃんの存在だと思います。予想以上に大繁盛だったこの日、お客さんが次々来られ、片付ける暇もないほど・・・・ 

私が食べ終わる頃、来られた数人の学生さんたちは常連さんのようで、おばちゃんが「今日は汚いやろ」「ごめんな〜!」と笑顔で会話され、冗談で「片付けといてくれへん?」と言うと、学生さんたちも「分かった、おばちゃん、やっとくわ〜」と片付けて、カウンターを拭き拭き。

ラーメン店を巡っていると、味以上に人の力で客を呼ぶお店に出会うことがありますが、このお店もおばちゃんの人柄に惹かれて、何度も通う方がおられるんだろうな・・と。そんな温かみのあるお店です。

↓チャーシューメン(醤油)
121101-1.JPG

↓チャーシュー
121101-2.JPG

↓麺とスープ
121101-3.JPG

↓お店の外観です。
121101-4.JPG

↓メニュー
121101-5.JPG
posted by たぬき at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都