2012年11月20日

すき家・四条店@京都市下京区立売西町

「すき家」の四条烏丸にあるお店です。

この日は、9時ごろ、食べるところがないかな・・とうろうろ。良さそうなところが見つからず。。春頃CMをやっていた、すき家の海鮮中華丼が美味しそうに見えたのを思い出して、食べてみようと入りました。

牛丼チェーンの中でも、すき家は、あまり入る機会がないのですが、店内は牛丼屋さんとして、おおよそ想像し得る店内です。ただ、奥の方にテーブル席が多くあるのが印象的でした。それと、すき家さんは食券制じゃないので、店員さんに注文します。朝の時間帯、店員さんが少なく、逆にお客さんは意外なほどおられて、ファストフードなのに時間かかっちゃう感じなのは、残念でした。

さて、当初の目的通り海鮮中華丼480円を注文。

出て来た海鮮中華丼は、やっぱりCMと比べると差がありますね〜。CMや広告の写真は、丼ぶり一杯に海鮮、野菜がびっちり詰まっているのに対して、本物は、ご飯が見えてしまってます。どのお店も、こんなものなのかな?とネットで検索しても、やっぱりそのよう。ただ持ち帰りにすると、パックの丼ぶりが小さめなので、丼ぶり一杯に海鮮・野菜が詰まるようです。見た目的には、持ち帰りのほうが満足度が高そうですね。

さてお味は、ご飯にレトルト的なものをかけたのみなのでしょうが・・意外としっかりしています。

少しとろみのある感じのあんかけ状。具もホタテ、エビ、イカ、イカ足、ウズラ、チンゲンサイ、白菜、なると、キクラゲ、タケノコ、ニンジンなど、具だくさんです。それにエビやホタテが、それほど安っぽくなく、大きめのものが入っているのも値段からすると良かったです。

個人的に、もう少し丼ぶりの形を工夫して、ご飯が見えないようにするだけでも、もっと満足度が高くなりそうなのにな・・と思いましたが、チェーン店だけに器は、それほど自由度がないのでしょうね。ただ、価格を考えると、それなりに良い感じの海鮮丼だと思います。

↓海鮮中華丼
121120-1.JPG

↓具のアップ
121120-2.JPG
posted by たぬき at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ