2012年12月09日

奈良マラソン2012

本日は、奈良マラソン。7月最初に怪我をして、9月下旬ごろ順調に治りつつあった右膝。その膝をウォーキング中に痛めてしまい、歩くことも辛い時期がありました。しかもなかなか治らず・・もう奈良マラソンは無理だなと思っていたところ、2週前ごろから痛みが消えてきました。

あきらめずに筋トレや、傷みの少ない日はウォーキングを繰り返してきた効果なのでしょうか?奈良マラソン1週前に、数回4km走を走ってみると、膝に違和感は若干覚えるのですが、普通に走れそう・・と思い、とりあえず出場することに。


さてスタート。今回は、膝が本調子でもないし、平坦な道を出来るだけ走って、膝に負担がかかる場所は歩く戦法です。しかし、スタート場所・・・持ちタイムが、ある程度あるだけに、2番目のブロックからのスタート。周りはエリートランナーぽい方々がいっぱい。今回、下手したらリタイアでもいいやとリラックスムードの私は、ちょっと恥ずかしい気分。

スタート後、タイムじゃなく、膝が気になるので、膝に負担を書けないように気をつけながらゆっくりジョグします。抜かれる一方。その膝の状態は・・2kmであ・・・痛みあるかもと一瞬思いましたが、その後、不思議となんともなく走れます。意外とイケル!?

あまり無理せず15kmを過ぎ、最初の難関の坂は歩こうとすると、奈良マラソン名物の「今の葉狂志郎さん(忌野清志郎さんのそっくり様)」さんの大音量パフォーマンス!私が通過するときは行きは「上を向いて歩こう」帰りは「雨上がりの夜空に」でした。無理したらダメと思いつつ清志郎の前だけは!!と走りました(笑)

その坂を登り切って、まだ行けるかな・・と思っていたら、なんと・・痛めている右膝ではなく、逆の左膝が悲鳴を上げ始めました。私の膝はガラスの膝です^^; でも、怪我とかではなく疲労による痛みの感じでしたので、ところどころ休んで膝の様子を見ながら、折り返しも過ぎ、30km地点も3時間30分以内で過ぎました。

その時点で、もう絶対完走は大丈夫と思いましたので、膝に負担をかけないよう、残りはすべて歩くことに。そして5時間を過ぎてから、ゆっくりとfinish。

レース後、膝は、それほど悪くなってないようですし、半年も、まともに練習できなかったのに予想以上に走れる自分にも驚きました。しばらく養生して、来シーズンに向けてゆっくり練習できる環境に持っていきたいと思います。

それにしても、この奈良マラソン、沿道の皆さんの応援。とても暖かくて・・・沿道の皆さんの応援を受けるだけで100メートル分のエネルギーをもらえるような。こんなに素晴らしいなと思えるマラソンは、なかなか無いと思います。来年もぜひ出場して連続完走記録を伸ばしたいなと思います。

↓フィニッシャータオル
121209-1.JPG

↓完走メダル
121209-2.JPG

※今年は古事記編纂1300年。それを記念して、完走メダルはヤマトタケルの頭をイメージした形を楕円形3つで描いておられます。裏面には、勾玉の中にヤマトタケルが草薙剣を持つ姿と鏡が描かれています。
posted by たぬき at 18:27| Comment(6) | TrackBack(0) | マラソン大会