2012年12月30日

宮きしめん・神宮店@名古屋市熱田区神宮(熱田神宮境内)

熱田神宮の境内にある「宮きしめん」さんです。

お店は、まさしく境内の中にあり、厨房こそ建物の中にありますが、食べるところは、大きなテントの中にテーブルが並べてあります。

メニューは、醤油のおつゆの「宮きしめん」600円が基本です。他に白醤油を用いたおすましつゆの「おすましきしめん」650円を選ぶこともできます。その他、とろろきしめん700円、白えびかき揚げきしめん750円、天ぷらきしめん850円、旬彩きしめん850円があります。夏場は、ざるつゆ、ごまだれなどの味も存在するそうです。きしめん意外には、かけそば、ライスなどが存在します。

この日は、きしめんを注文。注文後、すぐに作っていただけるので、トレーに受け取るセルフスタイルです。

この日は、寒波到来、しかも雨天で、体は冷え冷え。その温かい器を持つだけで温まります。

宮きしめんは、澄んだ色合いの醤油つゆに、具は、お揚げ、かまぼこ、ホウレンソウ、鰹節とシンプルなもの。ネギは、自由にトッピング出来るようになっています。

平打ちのきしめんは、表面のなめらかな舌触り、それと平麺なのに、意外としっかりと食感が感じられます。小麦の風味も生きていて、なかなか好みの味わいです。

醤油つゆは、少し独特の酸味を感じるものの、カツオなどの風味が出ていて飲みやすいものです。醤油の風味も見た目より強く感じ、あっさりなのに、強さを感じる味わいでした。この味と、あっさり味のきしめんは、とても相性が良いように思います。

熱田神宮の境内でいただく、独特の雰囲気の宮きしめん。この日、寒かったこともあり、とても体が温まり、その神聖な雰囲気とともに貴重な時間を過ごすことが出来ました。

↓宮きしめん
121230-1.JPG

↓きしめんのアップ
121230-2.JPG

↓お店の外観です。
121230-3.JPG

↓メニュー
121230-4.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ