2013年01月31日

マラソン1月度練習&今後の予定

年末の奈良マラソン以降、少しだけ痛みが増したように感じていた膝ですが、徐々にマシになりつつあります。それと、筋トレも以前より増やし始めました。

1月の最終週、4kmジョグを数回しましたが、ほぼ違和感なく走れる感じです。これを少しずつ復帰に向けて、頻度と距離を伸ばしていこうと思います。

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km
11月 0km
12月 72km
2013年
1月 22km

今後ですが、2月3日に、木津川マラソンに申し込んでいますが、脚がようやく良化したところなので、今回はパスしようと考えています。今後レースの予定は、まったく入れていませんが、じっくり治して、気が向いたら、春から夏前の小さな大会で、10〜ハーフくらいの距離を走ってみたいものです。
posted by たぬき at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン練習

2013年01月30日

長田 in 香の香@香川県善通寺市金蔵寺町

善通寺市にある人気の釜揚げうどんのお店「長田 in 香の香」さんです。この日は、朝の9時半ごろに訪れました。人気店と聞いてましたので、行列があるのかな・・と思っていたのですが、朝早いためかそれほどでもなく、ほっとしました。

お店は、金蔵寺郵便局前にあります。お店の名前が、なんとなく今風なので、お洒落な感じの外観かも・・なんて思っていたら香川によくある、うどん屋さんらしい素朴な雰囲気です。駐車場は、かなり多く停められるようになっていました。

店内は食堂風。カウンター席とテーブル席が並んでいます。接客も庶民的ですが、丁寧で好感が持てました。

メニューは、釜あげ 小250円、大350円、特大600円。冷しも同じ価格です。他に、たらい 小1000円、大2000円のほか、ご飯類があります。

ここは、お店の人に注文すると番号札を渡され、それを持ってテーブルで、うどんの出来上がりを待つシステムになっています。ねぎ、生姜などがトッピング可能で、おダシは、徳利に入った熱いものと、魔法瓶に入った冷ダシが使えます。

この日は、釜あげ 小 を注文。

しばらくすると、小ぶりな器に入って釜揚げうどんが登場します。うどんは、讃岐うどんにしては、やや細めで角が、やや丸みを帯びています。

徳利から、ダシを入れようとすると、最初うまく入れられず・・・ 単純に徳利をテーブルに付けたまま倒すと簡単に入れられるんですね(^^;

まず、うどんのみを食べてみると、表面がほろっととろけるような舌触り。それと真ん中に芯のあるような讃岐らしい強さもあります。小麦の風味も良い感じで出てます。

さて、まずは温かいおだしに入れていただきます。このおだしがイリコの効いた濃厚な旨みが効いていて、あぁ、なんと、このおうどんと合うことなんでしょう!?と言うのが素直な感想でした。うどん以上に、このだしの味わいに感動を覚えます。

そして冷たいおだし。こちらは、だし自体の味わいは、美味しいのですが、熱い麺を付けると、当たり前ですが麺が冷えちゃって、いまいち(笑)。そりゃ、ひやしうどん用のものでしょうから、当たり前ですね(^^;

この日のうどん巡り一軒目は、濃厚なおダシの旨みと、独特の食感の釜揚げうどんに満足したのでした。

↓釜揚げ(小)
130130-1.JPG

↓うどんのアップ
130130-2.JPG

↓熱いおだしの徳利
130130-3.JPG

↓お店の外観です。
130130-4.JPG

↓メニュー
130130-5.JPG
posted by たぬき at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ

2013年01月28日

てうれ@京都市左京区田中東高原町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

茶山駅の近くに昔からある札幌ラーメンのお店「てうれ」さんです。

店舗は、京都田中高原郵便局の向かい側にあります。お店は一軒家を使用しておられ、黄色い看板が目印です。駐車場は1台分だけ停められるスペースが存在します。

店内は、昔ながらのラーメン店という感じで、テーブル席が二つとカウンター席が並びます。お店は、老夫婦と思われる二人で切盛りされておられますが、その接客が、とても温かく好感が持てました。

メニューは、味噌ラーメン450円、バターラーメン450円、塩ラーメン400円、しょうゆラーメン400円、カレーラーメン580円、五目ラーメン650円など。昭和のまんまという価格で、とても良心的です。他に、皿うどんや、餃子、ライスなどが存在します。

この日は、味噌チャーシューメン600円を注文。

スープは、味噌スープらしい濁った色合い。そこに黒ゴマが浮いています。トッピングには、チャーシューと、もやし、ニンジン、タマネギ、ネギが乗っており、さらに胡椒がわずかに振りかけられています。

スープの味わいは、味噌の風味が濃いめに出ています。濃いのですが、とてもまろやかで、何度でも飲みたくなるような味わいです。味噌の味わいが強いためか、後味にはちょっとした辛味も感じられます。味噌ラーメンと言えば、昔からこれだよなぁという安心の味わいです。

麺は、中太の、ややカールした多加水麺を使用されています。表面がツルっとした感じで、食感もとても良いものです。味噌スープとの相性も良いです。

チャーシューは、赤身部分の物を使用されています。味付けは薄めで、濃いめの味噌スープと絡めて食べるのに適しています。また、もやし、ニンジン、タマネギが意外なほど多く入っていて、食べ応えがありますし、麺と絡めて食べると食感の変化も楽しめます。

関西でいただく味噌ラーメンと言えば、この味だなぁと思える懐かしの味わいでした。雰囲気もアットホームで温かみがあり、何度でも通いたくなるような雰囲気を持っているお店です。

↓味噌チャーシューメン
130128-1.JPG

↓チャーシュー
130128-2.JPG

↓麺とスープ
130128-3.JPG

↓お店の外観です。
130128-4.JPG

↓メニュー
130128-5.JPG
posted by たぬき at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月26日

博多っ子@京都市山科区音羽前田町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

音羽病院の近くにあるお店「博多っ子」さんです。国道1号線を通ると、ラーメンの看板が見えて、昔からずっと気になっていたお店です。このお店、他サイトで調べると不定休となっていますが、そうなのかもしれません。以前、訪れた際は、休んでおられました。

店舗は、国道1号から、少し外れた路地に入らないといけないので、ひっそりとしていますが、黄色いテント看板で、博多っ子と書かれていますので、すぐに分かります。私がここに訪れた時は、いずれも歩いて訪れたので、駐車場の存在は確認しておりません。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。少し年老いた男性の店長さん一人で切盛りされていました。テレビが店内にあり、見ながら食べることが出来ます。

メニューは、600円のラーメンが8種類。とんこつ、しょうゆ、みそ、塩、キムチ、わかめ、コーンバター、カレーがあります。他にチャーシューメン750円、激辛ラーメン750円など。他に皿うどんや、焼うどん、焼そばがあります。また単品メニューも充実しています。

このお店、どちらかというとラーメンメインですが、定食メニューがとても充実しており、どの定食も1000円以下となっています。

この日は、チャーシューメン750円を注文。

出てきたラーメンは、きれいに白濁した豚骨スープ。そこにチャーシュー、ネギ、モヤシが乗っています。

スープは、豚骨の動物的な臭みなどは少なく、とてもクリーミーでマイルドな味わいとなっています。味付けは、ほんのりとした塩味で、強すぎず、ちょうど良い塩梅です。関西の昔ながらの豚骨スープという印象です。

麺は、多加水の細めのストレート麺を使用されています。ちょっと安っぽい感じもするのですが、引っ張るとぐぃ〜んと延びるような麺で、とても弾力性があります。素朴な豚骨スープとは良く合っています。

そしてチャーシューは、厚切りのバラ肉がたっぷりと入っています。味付けは薄いのですが、かなり厚切りなので、ボリューム感を感じます。噛むとじわっと脂分がにじみ出る感じで、なかなか美味しいチャーシューだと思いました。

素朴な大衆食堂的なラーメンでしたが、このチャーシューの味は、とても美味しかったです。焼豚丼がメニューにあったのですが、けっこうイケる味のように想像してしまいます。次、入ることがあれば焼豚丼とミニラーメンのセットを注文してみたいです。

↓チャーシューメン
130126-1.JPG

↓チャーシュー
130126-2.JPG

↓麺とスープ
130126-3.JPG

↓お店の外観です。
130126-4.JPG
posted by たぬき at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月25日

ザ・ロイヤル・ビター(サントリー)

ザ・ロイヤル・ビター(アルコール6%)

昨年、夏ごろに売っていたコンビニ限定のサントリー商品です。飲んだのも昨年の夏ごろです。缶のデザインからもプレミアムモルツと似ており、高級志向の商品というのが分かります。

やや褐色がかった色合いのビールで深い麦芽のコクと、強い目の苦みがぐっとくる本格的な味わいが印象的でした。とても美味しいビールで、コンビニ限定とせず、定番商品にしてほしい味わいだったのを記憶しています。

↓ザ・ロイヤル・ビター
130125-1.JPG
posted by たぬき at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2013年01月24日

ほのか 梅田店@大阪市北区太融寺町

新年会で利用した「ほのか」さんです。お店は曽根崎東の交差点のところにある梅田プラザビルの地下1階にあります。神戸にんにくやさんの系列にあたるようです。

店内は、予想以上に落ち着いた和の雰囲気です。(おそらく)全室、個室対応だったと思います。接客も丁寧でした。

いくつかコースメニューも存在したと思います。この日いただいたのは、このお店の中では安いほうの宴会「ほのか」コース4000円(8品、飲み放題付き)です。飲み放題は、アサヒスーパードライを始め、サワー類、ワイン、日本酒、焼酎、ハイボール、カクテルなど豊富なものでした。それとクーポン利用で、シャンパンフルボトルが一本無料で付いていました。

料理は、以下の感じです。

・前菜
・和風サラダ
・お造り三種盛り合わせ(サーモン、イカ、ブリ)
・揚げ物(唐揚げ、チーズハムカツ)
・牛肉のコロコロステーキ
・トマトとニンニクのスパゲッティ
・和風あんかけおこげ
・デザート(ゆずシャーベット)

料理の配膳ペースは、かなりゆっくり目で、この日、土曜日でしたが2時間30分くらいかけてゆっくりと提供してくださいました。料理の味付けは、しっかりとしたものでそれぞれ美味しかったと思いますが、がっつりと飲み食べたいと言う方には、量が少ないかもしれません。

個人的に、お造りは、厚切りで鮮度も良い感じで美味しくいただけました。それと、トマトとニンニクのスパゲッティは、ニンニクの風味も効いていて、美味しい味に仕上がっているなぁと思いました。神戸にんにくやさんの系列らしい味わいです。

牛肉のコロコロステーキも、好みの応じて、一味や、ニンニクチップと合わせていただくことが出来るのは良かったです。

全体的に、料理も美味しくて、本当に落ち着いていただける居酒屋さんだと思いました。雰囲気がとても上質なお店でしたので、女子会やデートでの利用が合っているのかな?と思いました。

↓前菜
130124-1.JPG

↓和風サラダ
130124-2.JPG

↓お造り三種盛り合わせ(サーモン、イカ、ブリ)
130124-3.JPG

↓揚げ物(唐揚げ、チーズハムカツ)
130124-4.JPG

↓牛肉のコロコロステーキ
130124-5.JPG

↓トマトとニンニクのスパゲッティ
130124-6.JPG

↓和風あんかけおこげ
130124-7.JPG

↓デザート(ゆずシャーベット)
130124-8.JPG
posted by たぬき at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2013年01月22日

龍神@京都市左京区田中野神町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

元田中にあるラーメン店「龍神(たつじん)」さんです。以前、お店の前を歩いてて、こんなお店あるんだなと初めて知り、いつか入ってみようかなと思っていました。

お店は、田中里ノ前交差点を西に入ってすぐのところにあります。こじんまりとした外観ですが、赤いラーメンの暖簾がかけられているので分かりやすいです。駐車場はないと思います。

店内は、とても小さなスペースです。4人分のカウンター席と、4人掛け、6人掛けのテーブル席がそれぞれ1つずつあったと思います。お店は、寡黙そうな主人と女性店員さんの二人で切盛りされていました。

ラーメンメニューは、鶏豚骨スープの「龍神ラーメン」、鶏ガラ醤油スープの「あっさり龍神ラーメン」の二種類。それぞれ600円で、チャーシューメンは750円となります。私は注文後に気が付いたのですが、チャーシューたっぷりの「これでもかチャーシューメン」950円と言うのもありました。

そのお他、単品メニューやセットメニューなど充実しています。

この日は、鶏豚骨スープの「龍神チャーシューメン」750円を注文。

出てきたラーメンは、白濁した濃厚そうなスープにチャーシューたっぷり、そこにネギ、メンマが乗せられています。

スープを見た感じ、少し天下一品ぽいなぁと思ったのですが、スープを飲んでみても、天下一品と似た感じがあります。鶏の旨みが濃厚に出ていて、若干ざらっとした感じ、そこに豚骨も加わっている味わいです。濃さは、天下一品を薄めた感じで、味は、豚骨の臭みのようなものが少し加わっていて、少し癖のあるこってりスープという印象でした。

しかしながら、脂分も少なく、とても飲みやすく仕上がっています。こってりスープが好みの方には、受ける味わいだと思います。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。ちょうど良い具合の茹で具合で、食感は心地よいものです。スープに粘度があるので、絡みはとても良いものです。

チャーシューは、大判の赤身肉を使用されています。味付けは薄味です。ぱさついた食感なのが残念な気がしますが、そのボリューム感はたっぷりあり、これでもかチャーシューメンにすると、すごい量になるんだろうなぁと想像できます。

立地が、目立たない場所のためか、あまりお客さんがおられなかったのですが、こってりスープ好きの方には、選択肢の一つになる良いお店だと思います。

↓龍神チャーシューメン
130122-1.JPG

↓チャーシュー
130122-2.JPG

↓麺とスープ
130122-3.JPG

↓お店の外観です。
130122-4.JPG

↓メニュー
130122-5.JPG
posted by たぬき at 20:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月20日

鴨町らーめん@京都市左京区田中下柳町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

出町柳駅を降りてすぐのところにあるお店「鴨町らーめん」さんです。お店をたたまれた老舗ラーメン店「いちばん」さんの場所で営業されています。鳳林・三条店の方が、お店をたたまれて、この場所で再開されているそうです。

お店は、とても小さめの造りとなっています。駐車場は存在しません。

店内は、「いちばん」さんの頃から、ほぼ変わってない雰囲気で、カウンターのみとなっています。お店は、夫婦と思われる男女で切盛りされていて、その接客がとても笑顔で好印象でした。

メニューは、醤油味のらーめん600円を中心に、博多らーめん700円、チャーシューメン750円、坦々麺750円、特製角煮らーめん800円など。大盛りは+100円となるようです。鳳林というと、辛味噌ラーメンが有名ですが、そちらはメニューにはなく、まったく新しい感じで営業されているようです。

その他、ぎょうざ、唐揚げ、ライス、玉子など単品メニューがありますが、とてもシンプルな構成でした。

この日は、チャーシューメンを注文。作られている様子を見ていると、チャーシューを丁寧に炙っておられます。とても期待が膨らみます。

登場したラーメンは、白濁した豚骨醤油スープに、わずかに背脂が浮いています。トッピングはネギ、メンマ、チャーシューとシンプルなものです。

スープは、豚骨、鶏ガラベースの醤油味ですが、豚骨の風味が強く出ていてとてもまろやかな味わいです。京都のラーメンで言うと、横綱、百万石、京都一などの系統の味なのですが、このお店は、とてもすっきり感が強いです。豚骨のコクは出ているのに、あっさりといただけるような仕上がりで、老若男女に受けるスープだと思います。

麺は、中細の多加水麺を使用されています。柔らかめの茹で具合で、まろやかなスープとの相性も良いものです。

チャーシューは、炙っておられたのですが、意外なほど焦げ目も無く・・あれ?と思いました。他にレビューされている方の写真などもかなり、炙りが入っているように思うのですが、脂を落とすくらいの炙り方なのかもしれませんね。しかし、このチャーシューが、箸で持つと崩れるくらいのホロホロとした柔らかさがあり、なかなか高レベルな感じでした。

見た目以上に、あっさりとした、このお店のラーメンは、多くの人に愛される一杯だと思います。接客も「いちばん」さんを思い出すような、暖かみのあるもので、駅前の名店として、末長く続いてほしいお店だと思います。

↓チャーシューメン
130120-1.JPG

↓チャーシュー
130120-2.JPG

↓麺とスープ
130120-3.JPG

↓お店の外観です。
130120-4.JPG
posted by たぬき at 09:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月18日

越後屋@京都府長岡京市天神

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

正月3日の長岡天神駅。昼食時だったので、駅前をうろうろして営業されていた、こちらのお店に入りました。適当に入ったお店ですが、大阪にあるお店の支店のようです。

お店は、長岡天神駅を降りてすぐのところにあります。駐車場はありません。それと、このお店、中の様子があまり見えないのと、灯りをあまり付けておられないので、妙に暗くて、営業されているのかな・・なんて思ってしまいました(^-^;

店内は、話好きそうな店長さんが一人で切盛りされています。店内は、暗めで、奥の方にテーブル席になるのかな?という空間がありましたが、この日は、そこを塞いで?おられました。正月だから客が少ないからなのかな・・?他は、カウンターのみです。

メニューは、食券式となっています。ラーメンは、熟成醤油らーめん650円、特製つけ麺(濃厚魚介系)680円、醤油豚骨らーめん700円、高槻ブラックらぁめん650円など。他に丼ぶりメニューが充実しており、餃子などの単品メニューもあります。丼ぶり物とラーメンを組み合わせるとセットメニューとして安くなるようでした。

この日は、メニューの一番最初に書かれていた「熟成醤油」のチャーシュー麺850円を注文。

お店の雰囲気やメニュー構成から、今風のラーメンが出てくるのかな?と思っていたら、かなりクラシックなイメージの醤油ラーメンが登場します。濃いめの醤油スープは、澄んでいて、背脂がわずかに浮いています。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ネギとなっています。

スープをいただくと、見た目は京都系ですが、ちょっと異なる味わいです。豚骨ベースの醤油味だとは思うのですが、魚介も入っているのかな?と思いました。ほんのりとした甘さと、深い醤油のコクが、良い感じで合わさっています。醤油の辛さも色合いほど強くなくて、飲みやすい仕上がりです。

麺は、多加水の平打ち麺を使用されています。表面がツルっとした感じで、意外とスルスルといただけるものです。スープの馴染み具合も意外と良く思いました。

チャーシューは、赤身部分のものが、かなり多めに入っています。昔ながらのタイプのチャーシューで、パサ付き感があるのは残念でしたが、醤油ダレでしっかりと味付けされており、スープとの相性もばっちりでした。

今風のお店かも・・と考えながら入ったお店でしたが、予想と異なり昔ながらの醤油ラーメンをいただくことが出来ました。その、ほんのりとした甘さのスープと、平打ち麺は、京都の定番とは、少し異なる味わいで、京都の味に慣れ親しんだ方にも、新鮮な印象で食べることが出来ると思います。

↓熟成醤油チャーシュー麺
130118-1.JPG

↓チャーシュー
130118-2.JPG

↓麺とスープ
130118-3.JPG

↓お店の外観です。
130118-4.JPG
posted by たぬき at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月16日

彩華ラーメン・大和小泉店@奈良県大和郡山市矢田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

彩華ラーメンの大和小泉店です。彩華ラーメンは、数多くの店舗入ったことあるのですが、こちらは初訪問です。

お店は、大和郡山市の矢田町にあります。八角形をした変わった形の店舗です。お店の前に、駐車場があり多く停められるようになっています。

店内は、カウンター席、テーブル席と座敷があります。店内の接客も彩華らしく庶民的な雰囲気です。

メニューを見て驚いたのが、最近の彩華は、どの店舗も均一化されているのですが、ここは違うメニューを使われていました。内容は大きくは変わらず、天理のスタミナ系の彩華ラーメンがメインで、しょうゆ、塩ラーメン、ワンタン麺、チャンポン麺などもあるようです。

オールドファンにとって、うれしいのは、トッピングのスペシャル(チャーシュー、生玉子入り)の表記。最近の彩華のお店では、この表記、無くなったんですよね。新しい店舗で、店員さんに彩華スペシャルと言って、通じなかったことがあったので、このお店は通じるんだなとほっとします(^-^;

また彩華らしく中華単品メニューも充実しています。

この日は、彩華スペシャル(チャーシュー、生玉子入り)の小+餃子を注文。

出て来た彩華ラーメン、驚いたのが器もレンゲも他の店舗と違うものを使用されています。でも器には、しっかりと「彩華」の文字が。器が黒いためか、スープの色合いがやや濃そうに見えるのですが、まさしく彩華らしい鶏ガラ醤油スープに、豆板醤、白菜たっぷり。天理ラーメンらしい見た目です。他にトッピングのチャーシュー、生玉子、ニラ、豚肉、ニンジンなどが入っています。

スープは、豆板醤のピリッとした辛さ、それとニンニクの風味を強く感じます。ただ、彩華にしては、ややおとなしいかな?と思えるくらいの味つけで、脂分も、辛さ、ニンニクも控えめで、まろやかな味わいに思いました。これは、これで悪くないのですが、個人的には、ニンニクたっぷりが彩華らしく、好みなのでテーブルに置いてあるニンニクを追加投入します。

麺は、細めの縮れ麺を使用されています。柔らかめの茹で具合で、たっぷりの白菜などの具と絡み合い美味しくいただけます。

チャーシューは、他の彩華では脂身・赤身を選択出来るのですが、このお店は聞かれませんでした。出て来たチャーシューは、赤身部分の多いものですが、このチャーシューが、しっとりとした柔らかさがあり、なかなか良い感じです。

またたっぷりの白菜は、他店と比べても良い感じで、生玉子を割ると、彩華のスープがよりまろやかになる感じで食べやすくなります。

最近の彩華の店舗は、どのお店も均一化されていて、面白みが少し消えたように思ってましたが、このお店は、いろいろと個性があって良かったです。味もしっかりしていたし、若干、まろやかに感じるスープの味わいが万人受けするものかな?と思いました。

↓彩華ラーメン・スペシャル(チャーシュー、生玉子入り)小
130116-1.JPG

↓チャーシュー
130116-2.JPG

↓麺とスープ
130116-3.JPG

↓餃子
130116-4.JPG

↓お店の外観です。
130116-5.JPG

↓メニュー
130116-6.JPG

130116-7.JPG
posted by たぬき at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2013年01月15日

Amber Beer茜色の生ビール(サントリー)

Amber Beer茜色の生ビール(アルコール:5.5%)

サントリーが醸造している限定ビールです。イオンで、少しだけ安く売ってたので購入してきました。

ビールは、ロースト麦芽を利用してるそうです。赤褐色系の透明な色合いのビールは、良い香りが漂います。味わいは、まろやかなコク、ほんのりとした甘さと、後味にグッと来る苦みが効いていて、なかなか美味しいビールでした。

↓Amber Beer
130115-1.JPG
posted by たぬき at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2013年01月14日

ラーメン藤・雄琴店@滋賀県大津市雄琴

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン藤の雄琴店です。こちらのお店は、学生時代によく行っており、個人的には本店より数多く入ったことがありますが、もう15年ぶりくらいの訪問です。

お店は161号線沿いにあります。駐車場もあり、意外と多くの台数が停められます。

店内は、カウンター席とテーブル席があるラーメン食堂風。お店は店長さんとアルバイトの女性2人で切盛りされていました。店員さんは、和邇店・雄琴店のロゴの入ったTシャツを着ておられましたので、和邇店と雄琴店は、経営が同じ方なのかもしれませんね。それと、ふと店内を見回すと、ラーメン藤だけあって、近藤製麺工場のカレンダーが!ちょっとマニア心がくすぐられます(^-^;

ラーメンメニューは、しょうゆ・みそ・とんこつの3種類からの選択となります。普通のラーメンは700円、チャーシュー麺は850円。他にもニラそばがあったり、チャンポン、五目麺、焼きそば、角煮ラーメンなど特徴あるメニューが並んでいます。

中華単品メニューも豊富で、ラーメンとそれらを合わせたセットメニューも存在しました。それとメニュー表には、載ってなかったように思いますが、つけ麺もされているようです。

この日は、チャーシューしょうゆ850円を注文。大きな釜で茹でられる京都伝統の麺。期待がわきます。

出てきたラーメンは、昔と変わらぬ京都ラーメンのスタンダードとでもいう見栄え。やや濁った色合いの醤油スープ、そこにチャーシュー、ネギたっぷり、モヤシが乗っています。

スープの味わいは、豚のコクがしっかりと効いた醤油味。この豚の風味がとてもしっかりと出ていて、かなり迫力があります。醤油も強すぎず、かなり完成度の高いスープだと思います。

麺は、低加水の中細ストレート麺です。近藤製麺さんのものだと思いますが、この日は、いつもの麺と比べると、妙にモチっとした心地よい食感に思いましたが、気のせいでしょうか。個人的には、もっと柔めでも良かったので、麺柔らかめで注文しても良かったかなと思いました。

チャーシューは、薄切りのものが大量に入っています。スープや麺との相性も良く、京都のラーメンは、やっぱり、この味のスープに、この麺、このチャーシュー。この組み合わせ素晴らしいなと思いました。

かなり久々に訪れた雄琴店。個人的には、過去に訪れたラーメン藤のお店の中でもトップクラスの完成度の高い美味しさでした。この道はしょっちゅう通るので、また使ってみたいなと思います。

↓チャーシューしょうゆ
130114-1.JPG

↓チャーシュー
130114-2.JPG

↓麺とスープ
130114-3.JPG

↓お店の外観です。
130114-4.JPG

↓メニュー
130114-5.JPG
posted by たぬき at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2013年01月13日

第31回全国女子駅伝

全国都道府県対抗女子駅伝を応援してみようと、西京極陸上競技場へ。

Jリーグの試合とは、また違った盛り上がり。場内と場外にビッグスクリーンが設置され、会場は全国のご当地グルメの屋台があったり、アシックスのグッズ売り場があったり、なかなかの盛況ぶり。

今年は、京都チームは残念でしたが、神奈川が大会新記録でゴールしました。

しばらく、膝を痛めていて走れていませんが、刺激になりました。しっかりと脚を治して復帰したいと思います。

↓神奈川・吉川美香選手のフィニッシュシーン
130113-1.JPG

↓インタビュー
130113-2.JPG

↓京都のアンカー・久馬ツインズの姉、久馬 悠
130113-3.JPG

↓西京極の電光掲示板はこうなります。
130113-4.JPG
posted by たぬき at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習

2013年01月12日

福屋@京都府向日市寺戸町渋川

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

阪急・東向日駅を降りてすぐのところにある老舗ラーメン店「ふくや」さんです。ずっと行きたいなと思ってましたが、過去に訪れた時は、臨時で休んでおられました。最近、京都新聞に東向日駅前の特集記事が出ていた際に、ふくやさんも書かれてましたので、思いだしての訪問です。

お店の外観は、赤いテント看板とラーメンの暖簾が目印。細長い一軒家を利用しておられ、老舗らしい昔ながらのラーメン店という雰囲気です。駐車場は存在しません。

店内も昔ながらのラーメン店の雰囲気。かなり狭めですが、カウンター席とテーブル席が2つあります。お店は老夫婦と思われる二人で切盛りされています。

ラーメンメニューは、醤油スープか味噌スープかの二択で、味噌味だと50円アップとなります。ラーメン600円、キムチラーメン750円、チャーシューメン750円、バラ肉チャーシューメン750円、牛スジラーメン800円、角煮ラーメン900円など、トッピングによって値段が変わります。大盛は、100円アップ。ラーメン以外は、キムチ、餃子、ライスなどでとてもシンプルです。

この日は、醤油スープのチャーシューメン750円を注文。

背脂醤油スープの昔ながらのラーメンが登場します。スープはやや濁った色合いに、きめ細やかに背脂が浮いてます。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシです。京都の背脂醤油系のスープによく使われる一味は、浮いていません。

スープをいただくと、鶏ガラの風味を感じる醤油味です。独特の甘みと、あっさりながらも、わずかなトロミを感じるような独特のスープです。ベースの鶏ガラのコクも生きていて、なかなか飲み飽きない味わいでした。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。やや柔らかめと言う感じの茹で具合でしたが、この素朴なスープとは相性も良かったです。

チャーシューは、肩ロースの小さめのものを使用されています。量はチャーシューメンとしては、少なく感じましたが、薄切りで柔らかく、味は良かったと思います。

京都の背脂醤油系のスタンダードと比べると、独特の甘みが特徴的な一杯でした。スープの味に深みがあり、派手さはないものの、とても安心できるような真面目な一杯だったと思います。これからも長く続いてほしいお店の一つだと思います。

↓チャーシューメン
130112-1.JPG

↓チャーシュー
130112-2.JPG

↓麺とスープ
130112-3.JPG

↓お店の外観です。
130112-4.JPG

↓メニュー
130112-5.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月10日

ラーメン庵@京都市山科区大塚中溝

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

山科大塚の交差点近く、上新電機の裏手にあるお店「ラーメン庵」さんです。

お店は、一軒家でやっておられるようなこじんまりとしたお店です。店舗の前に車一台分だけ停められるようになっています。この日も、私の入店後、お店の前に駐車されている方がおられました。

店内は、カウンター席と、座敷のみのこじんまりとした空間です。お店は、老夫婦と思われる二人で切盛りされていました。

ラーメンメニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、坦々麺の三種類。サイズやチャーシューメンにするかどうかで価格が変わります。他に、ライス、ギョーザ、焼豚などがあるくらいで、シンプルなメニュー構成です。

この日は、醤油スープのチャーシューメン(並)700円を注文。

出てきたラーメンは、やや濁った色合いの醤油スープ。具は、チャーシュー、もやし、ねぎとシンプルです。オーソドックスな京都のラーメンの見栄えですがネギの切り方が斜め切りなのと、チャーシューが豚バラ肉を使っておられるのが特徴的です。

スープは、第一旭・ラーメン藤系の豚骨醤油味です。飲んだ瞬間に、グッと来る豚骨の旨みが強くて、なかなか飲みごたえのあるスープですが、和風な味わいも同時に感じます。同じ京都系のスープの中では、但馬ラーメン・六地蔵店、ラーメン藤・大手筋店とかに近いのかな?と思いました。

麺は、多加水気味の中細ストレート麺を使用されています。茹で具合は普通くらいで、食感もそこそこ。個人的には、この手のスープには、低加水の麺のほうが合うように思いますが、これはこれで、美味しくいただくことが出来ました。

チャーシューは、豚バラ肉の物を使用されています。一枚一枚は小ぶりですが、けっこうな量が入っています。味付けは控えめで、噛むと柔らかみがあり、なかなか美味しいチャーシューだと思いました。

京都のクラシカルなラーメンが好きな方には、このお店のガツンとくる豚骨の風味は、けっこうハマる味わいだと思います。個人的にも、また食べてみたいお店の一つだなと思いました。

↓醤油・チャーシューメン(並)
130110-1.JPG

↓チャーシュー
130110-2.JPG

↓麺とスープ
130110-3.JPG

↓お店の外観です。
130110-4.JPG

↓メニュー
130110-5.JPG
posted by たぬき at 20:08| Comment(5) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月08日

あじへい・上野佐那具店@三重県伊賀市千歳

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

三重県・愛知県などに多くお店のある「あじへい」さんの上野佐那具店です。一度行きたいな・・と思いつつ、行けてなかったのですが、この日、夕食時に伊賀上野を通ったので、入ってみました。あじへいさんは、直営とFC店があるそうですが、こちらはFC店だそうです。

店舗は、25号線沿い、名阪国道の伊賀一之宮IC付近にあります。他のあじへいさんと同じく、緑色の屋根の中華レストラン風の外観です。お店の前には駐車場があり、多く停められるようになっています。

店内は、大衆中華レストランという雰囲気。接客は庶民的ですが、活気があり好印象。カウンター席とテーブル席があり、多くのお客さんが入れるようになっています。この日は夕食時ということもあり、ほぼ満席でした。

このお店は、ラーメン・ぎょうざがメインですが、メニューは、中華単品も含め、多く存在します。ラーメンメニューは、醤油、白湯、みそ、塩、台湾、坦々麺、つけ麺と一通り揃っています。お店の看板メニューは、あじへいラーメン680円。店員さんに聞くと、醤油ラーメン490円とベースのスープは同じで、そこに白菜と豚肉をたっぷり入れて、スープ自体も、濃さと甘みが出るようにしているとのこと。

単品メニューの中にも、三重発祥のチェーンだけあり、伊勢志摩海鮮焼きそば(的矢牡蠣入り)とか、みそカツなど、東海地方のご当地グルメ的なメニューも存在します。

この日は、あじへいラーメン680円にチャーシュートッピング220円(計900円)をお願いしました。

あじへいラーメン、スープは背脂と一味が浮いた濃い色合いの醤油スープです。そこに白菜、茹豚肉がたっぷりと入り、煮玉子、ネギ、追加トッピングのチャーシューが乗ってます。スープの表面は、薄い脂の層が出来ているような感じでした。

スープをいただくと、濃い味わいの醤油風味ですが、独特の甘みがあります。それと、このお店は、鶏と豚骨・鯖節、野菜などからダシを取られているそうですが、しっかりとした動物系のコクを感じます。表面の背脂が浮いているため、脂分を強めに感じるのと、最初は甘さを感じるのに、一味のピリっとした辛味もあり引き締まるのが印象的。

その味わいは、来来亭の背脂鶏ガラ醤油、丸源の肉そばのオイリー感、彩華のピリ辛感を足して、平均的に割ったかのような。懐かしの醤油味なのに、甘さ・脂感、辛味が複雑に混ざり合う、独特の美味しさがあります。

麺は、玉子を用いた中細のややカールしたような麺を用いられています。食感も玉子麺らしく良いもので、味もよく、スープと合っていると思いました。

具の白菜、茹で豚は、意外なほどのボリュームが入っていて、食べ応え有ります。特に白菜を食べると、一瞬、天理系を思い出すような感じでした。それとトッピングのチャーシューは、肩ロースを用いられていますが、しっかりと醤油味が付いており、そこそこ柔らかく好印象な味わいでした。煮玉子もしっかりと黄身がトロける感じで良かったです。

大衆中華店のようなチェーン店ですが、あじへいラーメン、意外なほど美味しいなと思いました。伊賀上野は、よく通るので、他のメニューも試してみたいなと思います。

↓あじへいラーメン+チャーシュートッピング
130108-1.JPG

↓チャーシューと豚肉
130108-2.JPG

↓麺とスープ
130108-3.JPG

↓お店の外観です。
130108-4.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2013年01月06日

ラーメン四天王・伊勢田店@宇治市伊勢田町大谷

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン四天王の伊勢田店です。ラーメン四天王さんは、このお店や大阪・神戸のお店などでいただいたことがありますが、最近はご無沙汰しておりました。HPで見ると、関西だけでなく中部・関東にも意外と手広く展開されているのを知り驚きました。直営とFC店があるそうで、この伊勢田店はFC店だそうです。

お店は、旧24号線沿い、伊勢田駅近くにあります。四天王さんらしい、派手目の看板が目印。駐車場も完備されてます。店内はきれいで、接客も丁寧で良い感じです。

メニューは、豚骨塩味、豚骨醤油味の二つがメインです。その二つの味に辛味を加えた辛口赤ラーメン、背脂を加えた黄金ラーメンというメニューも存在します。またつけめんもありました。

単品やセットメニューもあるほか、平日のランチタイムは、ノーマルのラーメンは499円という安い価格のサービスをされているようです。

この日は、豚骨塩味スープの「塩チャーシュー麺」930円を注文。注文時に、ニンニク入れてもいいですか?と効かれましたので、ニンニク入りにしていただきました。

出てきたラーメンは、きれいな白濁したスープ、真ん中にボリューム感のあるチャーシューが乗っています。トッピングは、チャーシュー、ネギ、モヤシ、ゴマとシンプルなものです。またスープには、ニンニクオイルが浮いています。

スープは、豚骨だけでなく、鶏ガラと香味野菜を使われているそうですが、とてもあっさりとした飲みやすい味わいです。ニンニクの風味は、わずかに、ほんのりと香る程度です。あっさりしており後味も優しく、万人受けするような仕上がりとなっています。

麺は、中細のストレート麺を使用されています。玉子入りだそうで、とても食感が良いのが特徴です。

チャーシューは、やや厚切りの物を使用されています。これが醤油ダレの味がしっかりと染み込んでおり、なかなかの風味です。脂っぽさも意外なほど控えめで完成度の高い味わいでした。

四天王さん、初めて訪れたころに感じた美味しさの感動は薄れた気がしますが、そのあっさりながらもコクのある豚骨スープと、チャーシューの完成度の高さは、なかなかのものでした。また機会があれば入ってみたいなと思います。

↓塩チャーシュー麺
130105-1.JPG

↓チャーシュー
130105-2.JPG

↓麺とスープ
130105-3.JPG

↓お店の外観です。
130105-4.JPG

↓メニュー
130105-5.JPG
posted by たぬき at 18:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2013年01月03日

熱田神宮@名古屋市熱田区(2)

みなさん、今年もよろしくお願いします。

ということで、初詣ではないのですが、年末に訪れた熱田神宮です。

数年前に一度訪れたのですが、そのときは本宮が改築中でしたが、今回はきちんと参拝することが出来ました(多くの観光客がおられたので、写真は撮っていません^^;)

草薙剣が祀られている、この神社。昨年度、古事記を読んだだけに、いろいろと思いがよぎります。

この日は、年末でしたので、神社の方々は初詣の準備をされているようでした。参拝者も年末なので、それほど多くなく、神聖な雰囲気を存分に感じることが出来ました。

↓過去の参拝記録
熱田神宮(1)

↓熱田神宮の西門です。
130103-1.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@その他

マラソン12月度練習&今後の予定

12月の大きな出来事と言えば・・奈良マラソンをなんとか完走したことです。足の痛みを気にして、直前まで、ほぼ練習なしで臨んだのですが、きちんと完走できたあたり、ほっとしています。足の調子自体も、徐々に良くなっているので、たまに4kmだけジョグをしてみたりしています。

ただ、まだ膝に違和感を覚えることが多いので、走るのはほどほどに・・・ 週末などに10〜20km、長時間かけてウォーキングするようにしています。

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km
11月 0km
12月 72km

今後の予定は、2月3日に木津川マラソン(フルマラソン)に申し込んでいますが、これも膝の調子自体で、出場するか考えることになりそうです。奈良マラソンは、3年連続完走がかかっていましたが、木津川は、無理しなくても・・なんて思っていたり。。 まだ迷っています。
posted by たぬき at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習