2013年01月10日

ラーメン庵@京都市山科区大塚中溝

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

山科大塚の交差点近く、上新電機の裏手にあるお店「ラーメン庵」さんです。

お店は、一軒家でやっておられるようなこじんまりとしたお店です。店舗の前に車一台分だけ停められるようになっています。この日も、私の入店後、お店の前に駐車されている方がおられました。

店内は、カウンター席と、座敷のみのこじんまりとした空間です。お店は、老夫婦と思われる二人で切盛りされていました。

ラーメンメニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、坦々麺の三種類。サイズやチャーシューメンにするかどうかで価格が変わります。他に、ライス、ギョーザ、焼豚などがあるくらいで、シンプルなメニュー構成です。

この日は、醤油スープのチャーシューメン(並)700円を注文。

出てきたラーメンは、やや濁った色合いの醤油スープ。具は、チャーシュー、もやし、ねぎとシンプルです。オーソドックスな京都のラーメンの見栄えですがネギの切り方が斜め切りなのと、チャーシューが豚バラ肉を使っておられるのが特徴的です。

スープは、第一旭・ラーメン藤系の豚骨醤油味です。飲んだ瞬間に、グッと来る豚骨の旨みが強くて、なかなか飲みごたえのあるスープですが、和風な味わいも同時に感じます。同じ京都系のスープの中では、但馬ラーメン・六地蔵店、ラーメン藤・大手筋店とかに近いのかな?と思いました。

麺は、多加水気味の中細ストレート麺を使用されています。茹で具合は普通くらいで、食感もそこそこ。個人的には、この手のスープには、低加水の麺のほうが合うように思いますが、これはこれで、美味しくいただくことが出来ました。

チャーシューは、豚バラ肉の物を使用されています。一枚一枚は小ぶりですが、けっこうな量が入っています。味付けは控えめで、噛むと柔らかみがあり、なかなか美味しいチャーシューだと思いました。

京都のクラシカルなラーメンが好きな方には、このお店のガツンとくる豚骨の風味は、けっこうハマる味わいだと思います。個人的にも、また食べてみたいお店の一つだなと思いました。

↓醤油・チャーシューメン(並)
130110-1.JPG

↓チャーシュー
130110-2.JPG

↓麺とスープ
130110-3.JPG

↓お店の外観です。
130110-4.JPG

↓メニュー
130110-5.JPG
posted by たぬき at 20:08| Comment(5) | TrackBack(0) | ラーメン@京都