2013年01月30日

長田 in 香の香@香川県善通寺市金蔵寺町

善通寺市にある人気の釜揚げうどんのお店「長田 in 香の香」さんです。この日は、朝の9時半ごろに訪れました。人気店と聞いてましたので、行列があるのかな・・と思っていたのですが、朝早いためかそれほどでもなく、ほっとしました。

お店は、金蔵寺郵便局前にあります。お店の名前が、なんとなく今風なので、お洒落な感じの外観かも・・なんて思っていたら香川によくある、うどん屋さんらしい素朴な雰囲気です。駐車場は、かなり多く停められるようになっていました。

店内は食堂風。カウンター席とテーブル席が並んでいます。接客も庶民的ですが、丁寧で好感が持てました。

メニューは、釜あげ 小250円、大350円、特大600円。冷しも同じ価格です。他に、たらい 小1000円、大2000円のほか、ご飯類があります。

ここは、お店の人に注文すると番号札を渡され、それを持ってテーブルで、うどんの出来上がりを待つシステムになっています。ねぎ、生姜などがトッピング可能で、おダシは、徳利に入った熱いものと、魔法瓶に入った冷ダシが使えます。

この日は、釜あげ 小 を注文。

しばらくすると、小ぶりな器に入って釜揚げうどんが登場します。うどんは、讃岐うどんにしては、やや細めで角が、やや丸みを帯びています。

徳利から、ダシを入れようとすると、最初うまく入れられず・・・ 単純に徳利をテーブルに付けたまま倒すと簡単に入れられるんですね(^^;

まず、うどんのみを食べてみると、表面がほろっととろけるような舌触り。それと真ん中に芯のあるような讃岐らしい強さもあります。小麦の風味も良い感じで出てます。

さて、まずは温かいおだしに入れていただきます。このおだしがイリコの効いた濃厚な旨みが効いていて、あぁ、なんと、このおうどんと合うことなんでしょう!?と言うのが素直な感想でした。うどん以上に、このだしの味わいに感動を覚えます。

そして冷たいおだし。こちらは、だし自体の味わいは、美味しいのですが、熱い麺を付けると、当たり前ですが麺が冷えちゃって、いまいち(笑)。そりゃ、ひやしうどん用のものでしょうから、当たり前ですね(^^;

この日のうどん巡り一軒目は、濃厚なおダシの旨みと、独特の食感の釜揚げうどんに満足したのでした。

↓釜揚げ(小)
130130-1.JPG

↓うどんのアップ
130130-2.JPG

↓熱いおだしの徳利
130130-3.JPG

↓お店の外観です。
130130-4.JPG

↓メニュー
130130-5.JPG
posted by たぬき at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ