2013年02月24日

ラーメン藤・和邇店@滋賀県大津市和邇南浜

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン藤の和邇店です。お店は、和邇駅近くの湖岸道路沿い、和邇の平和堂の前にあります。

このお店は、昔、学生時代に、訪れたことがあるような気がするのですが、よく覚えていません。ただ雄琴のラーメン藤と系列は同じで、先日訪れた際の雄琴の藤の味が素晴らしかったので、こちらも通りがかりに入ってみました。

店舗は、雄琴店と似たような造りですが、駐車場は、とても広々としたスペースが用意されています。トラックも停まれるので、トラックの方には良いと思います。

店内は、カウンター席を中心に、テーブル席、座敷があり、けっこうな人数に対応できるようになっています。活気がある接客、活気だけでなく、いろいろと気遣いのきく対応で、とても好印象でした。

メニューは、しょうゆラーメン、みそラーメンが700円、とんこつは50円アップ。チャーシュー麺は150円アップです。つけ麺は700円で提供されているとのこと。セットメニューや、単品メニューも豊富にあります。雄琴店と基本的に同じメニューですが、とんこつのみが50円高い設定だったと思います。

この日は、チャーシューしょうゆを注文。

さて、鉢一杯になみなみと注がれたスープ。わずかに濁ったような醤油スープ、そこにモヤシ、ネギ、チャーシューたっぷりの王道の京都のラーメンが登場します。

スープは、豚の風味がしっかりと効いた醤油味。わずかに和風な感じの風味を感じたスープで、味わいは、ラーメン藤・大手筋店、但馬ラーメン・六地蔵店、ラーメン庵などに似た感じを受けます。ベースの豚の風味の迫力があり、ストレートにドーンと迫力ある旨みを感じます。

麺は、おなじみの近藤製麺さんの低加水、中細ストレート麺です。茹で具合は、ちょうど良いくらいでしょうか。しっとりとした食感で、スープの旨みを吸いこみ、口に美味しさを届けてくれます。

そして、これでもか!と言うくらい放り込まれたチャーシュー。赤身・脂身のバランスも良く入っています。麺をすべて食べ終わっても、まだスープの中に残っているくらいの量で、満足度大です。

こちらのお店、お客さんもほぼ満席状態で、活気もあります。それを裏付けるだけの素晴らしい味わいのラーメンを出されていると思います。職人の心意気を感じる一杯。京都伝統の味、ここにありです。

↓チャーシューしょうゆ
130224-1.JPG

↓チャーシュー
130224-2.JPG

↓麺とスープ
130224-3.JPG

↓お店の外観です。
130224-4.JPG

↓メニュー
130224-5.JPG
posted by たぬき at 07:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀