2013年03月12日

みふき亭@京都市東山区東町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

三条通り沿い、ウェスティン都ホテルの近くにあるお店「みふき亭」さんです。以前から、このお店の前を通るたびに、ショーケースにある中華そばが美味しそうだな・・と。それとお店の前に書かれている「一日一麺」の札が気になってました。

外観は、昔ながらの大衆食堂風。駐車場は存在しません。お店の扉、これが結構重い(笑)。最初、鍵がかかっていて、営業されていないのかな?と思えるくらいの重さがありました。

店内も、テーブル席が並ぶ昔ながらの食堂という感じです。一人用のテーブルもありました。お店は、家族で切盛りされているようでした。

メニューは、うどん、そば、丼ぶり、中華そばが、数多くの種類あります。価格はうどん、そばの300円から、高いものでも800円まで。安めの価格設定です。にしんそば、なべやきうどんあたりがお店の一押しメニューのようです。

この日は、最初から、中華そば500円と決めていたので、そちらを注文。

醤油スープの中華そばは、昔ながらのものですが、スープ表面に意外と脂が浮いているのが印象的です。トッピングは、チャーシュー、蒲鉾、メンマ、ネギ。そして最初から胡椒が振りかけられています。

スープは、鶏ガラベースの醤油味で、ほんのりとした甘み、わずかな酸味を感じる昔ながらの味わい。胡椒が後味をピリッと引き締めてくれます。

麺は、京都のお店にしては、珍しく、やや太めの麺を使用されています。角の立った美しい麺は、もっちりとした食感を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、赤身で、ややパサ付いた感じです。味付けは薄めでした。メンマは、甘い味付けで、懐かしの一杯の中でインパクトのある一品でした。

この日、客は私一人。東山界隈は、少し落ち着いた雰囲気がありますが、それにしてもこちらのお店、京都の街中にいるのかな・・・と思えるくらいの静けさ。頭の中で、遠い昔までさかのぼれそうな、、、、そんな時を忘れる空間です。

またいつか、今度は、なべやきうどんかな・・食べに帰ってきたい。そんな雰囲気のあるお店です。

↓中華そば
130312-1.JPG

↓チャーシュー
130312-2.JPG

↓麺とスープ
130312-3.JPG

↓お店の外観です。
130312-4.JPG

↓メニュー
130312-5.JPG

↓店内の様子です。
130312-6.JPG
posted by たぬき at 20:11| Comment(8) | TrackBack(0) | ラーメン@京都