2013年05月05日

本場さぬきうどん なか川@大阪府高石市取石

阪和線、北新太駅近く、堺泉北有料道路の高架付近にある、うどん店「なか川」さんです。

お店は、こじんまりした外観で、隣に駐車場もあります。同じ名前でたこ焼きもされているようで、うどんといっしょに、たこ焼きも食べられるようです。

店内は、お忙しそうに、うどんや調理を担当されているご主人を中心に、スタッフの方が数人。家族的な雰囲気のあるお店でした。席は、カウンター、テーブル、座敷が存在します。

メニューは、讃岐うどんにありそうなメニューが一通り揃っています。安いもので、かけうどん400円から、高いもので、えび天釜揚げ1100円、天ざる1100円など。他に丼ぶり、ライスも単品でありますが、昼には、うどんとライスや丼ぶりがセットになったものが全て1000円以下で揃っており、お得そうです。

またカウンター席の横に、小皿が置いてあり、無料サービスとなっています。見ていると、冷奴、玉子焼き、とまと、梅干、もずく、大根キムチなどなど、様々なものがありました。

この日は、壁にかかっていたメニューに「いりこだしうどん」というものがあったので、「いりこだしうどん・ちくわ天きつね揚げ入り」700円を注文しました。おだしは、冷もできるとのことで、ひやかけにしていただきました。それと小鉢の冷奴を取りました。

しっかり茹でてから提供されるので、10分以上待ちます。登場したおうどんは、澄んだ色合いのおだしに、大きな磯辺風ちく天と、おあげ、かまぼこ、ネギがトッピングされています。

おうどんは、一般的な讃岐うどん店と比べると若干細めですが、きれいに角が立っていて、つややかに輝いています。その食感は、表面はツルりとした感じで、噛むと押し返しのあるような、しっかりとした弾力があります。

おだしは、飲んだ瞬間に、グッと来るほど、しっかりとイリコが効いていおり塩分もやや強め。本場の讃岐でいただく味にかなり近い感じがします。このお店、お店のこだわりにも、あっさりイリコだしが特徴と書かれてましたが、このメニュー「いりこだしうどん」にすると、よりイリコの風味が強いのでしょうね。

トッピングの大きなお揚げは、かなり甘みのある味付けで、いりこだしと合わないような気もします。しかし、味自体美味しくて、トッピングとしてでなく、単品として食べたいようなものでした。またちく天は、海苔がかなり多く使われていて、磯辺らしい香りたっぷり。いりこだしとも、よく合っていました。

関西にある讃岐うどんのお店は、おだしの味わいが関西の人の舌に合わせたようなお店が多い中、このお店は、かなり本場に近い味を楽しむことが出来ました。イリコの味を楽しみたくなったら、このお店は良い選択肢となると思います。

↓いりこだしうどん・ちくわ天きつね揚げ入り
130505-1.JPG

↓うどんのアップ
130505-2.JPG

↓無料サービス:冷奴
130505-3.JPG

↓お店の外観です。
130505-4.JPG
posted by たぬき at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2013年05月04日

石清水八幡宮@京都府八幡市八幡高坊(2)

京都非公開文化財特別公開の6カ所目です。神應寺の参拝ついでですが、先日訪れた御香宮神社の本殿を間近で見ることが出来て、とても装飾が美しく感動したので、こちらも必ず見たいな・・と思って参拝しました。

せっかくなのでケーブルを使わず、男山を登ることに。登っている途中、若干痛みを感じる右膝。やっぱり状態は100%では、なく、まだまだ回復を必要としているのだな・・と身に染みる思いでした。ただ、他の参拝客のみなさんよりは、ずっと早く歩いていたようで、途中で、陽気なおばさんに、あんたは元気だねぇ・・この坂道を・・と声掛けられたりしました(^-^;

参道には、キリシマツツジがきれいに咲いていました。

前回、参拝した際には修復中だった本殿。こちらが特別公開で中に入ることが出来て、間近に装飾を見ることが出来ます。

こちらも見事な極彩色で、美しい色合い。一間ごとに、異なる彫刻は、とても華やかで見応えがあるものでした。今回、訪れた特別公開では、御香宮神社と、こちらの本殿を間近で見ることが出来たのが、最も満足度高かったように思います。

また、別の場所では、女神像など、文化財をいろいろと拝見することが出来ました。

↓過去の参拝記録
石清水八幡宮(1)

↓本殿
130504-3.JPG

↓ゆるやかな坂道が続く参道
130504-4.JPG

↓キリシマツツジ
130504-5.JPG
posted by たぬき at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

神應寺(神応寺)@京都府八幡市八幡西高坊(2)

京都の非公開文化財特別公開の5カ所目。前回は、4/29に4カ所巡りましたが、この日(5/3)は、ぜひ行きたいなと思う場所が、この場所だったので、訪れてみました。

前回訪れたのは2010年。70年ぶりに不動明王を公開されるとのことで参拝したのですが、本堂の行教律師像を見ることが出来ず・・ この日は、それが公開されるとのことで訪れました。

前回入ることのできなかった、本堂に入り、行教律師像を拝みます。険しいような、独特の表情を持った重厚な像は、見る者を圧倒するような雰囲気がありました。

それと、こちらの本堂の縁側からは、京都・宇治・淀川を一望することが出来て、素晴らしい風景が広がっていました。

本堂を参拝した後は、せっかくなので・・と、前回訪れた奥の院(杉山谷不動尊)へ。新緑の中、とてもすがすがしい雰囲気です。奥の院では、前回は、遠目からしか見ることのできなかったお不動様が、近くで。これは、前回公開されていたものかな?と聞きたかったのですが、お寺の方がおられず、よく分かりませんでした。

ただ、脇仏のユニークな矜羯羅童子・制多迦童子もじっくりと見ることが出来て満足できました。

↓過去の訪問
神應寺(神応寺)(1)

↓本堂
130504-1.JPG

↓奥の院・杉山谷不動尊
130504-2.JPG
posted by たぬき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2013年05月03日

大廣@奈良市椿井町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄奈良駅から南へ徒歩10分くらい。奈良で最も古い市場・商店街の「椿井市場」の中にある老舗中華店「大廣」さんです。

こちらのお店、10数年前のラーメン本では、奈良の人気店として、よく登場していましたが、奈良も新進気鋭のお店が多く出店され、最近では雑誌などで見ることも少なくなりました。以前は30年以上作り続けるチャーシューメンの写真が、よくラーメン本などに掲載されていて、ずっと食べてみたいな・・と思っていました。この日は、奈良国立博物館に行った帰りに、ふと思い出して立ち寄りました。

お店は、寂れた椿井市場の中にあります。狭い路地の椿井市場、雰囲気は、ド昭和!です。

店内は、カウンターのみなのですが、お店のおばちゃんと話していると、どうやら別の場所に座敷?もあるようでした。老夫婦二人で切盛りされています。話し好きの夫婦で、とても愛嬌のある接客です。

メニューは、麺類を中心に、中華メニューが多くあります。ラーメンは、醤油味、味噌味、カレー味、スタミナ系、チャンポン、タンタンメン、タンメンなどなど、多くのものが存在します。

この日は、以前から食べてみたかったチャーシューメン800円を注文。

登場したラーメンは、澄んだ醤油スープ、トッピングは、チャーシュー、茹で玉子、メンマ、モヤシ、コーン、ネギです。

スープをいただくと、これが、とても優しい味わい。いわゆる中華料理店の中華スープのような味なのですが、動物系のコクもベースにしっかりしていて、あっさりしているのに、味わい深い。胃にしみわたるような美味しさがあります。昔のラーメン本には、豚骨ベースと書いてありますので、豚骨を使っておられると思いますが、本当に優しくほっとするスープです。

麺は、中細の多加水縮れ麺を使用されています。スープの中で、少しダマになっているような感じなのが、若干残念でした。食感は、硬めです。その味は、素朴なスープとの相性は良かったと思います。

チャーシューは、薄めの味付けで、スープの味を邪魔しないような仕上がりとなっています。バラ肉ですが、脂分もしっかりと落とされていて、とても食べやすく、柔らかみも失っていません。口の中で噛めば噛むほど、美味しさが広がっていく。長年、作り続けられた素晴らしい味わいだなと思いました。

また素朴な昔ながらの茹で玉子や、優しい味付けのメンマ。そしてスープの中に浮かぶコーンは、甘い味の変化を与えてくれます。これらの具も素朴ながらも存在感がありました。

この日、カウンター席は満席。優しい味付けのラーメン、素朴な接客のご夫婦。長年愛され続ける、このお店の良さをしっかりと味わうことが出来ました。チャーシューメン以外も気になるメニューが多かったので、また機会があれば入ってみたいなと思うお店です。

↓チャーシューメン
130503-1.JPG

↓チャーシュー
130503-2.JPG

↓麺とスープ
130503-3.JPG

↓お店の外観です。
130503-4.JPG

↓メニュー
130503-5.JPG
posted by たぬき at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2013年05月02日

御香宮神社@京都市伏見区御香宮門前町

京都非公開特別公開の4つ目の参拝は、伏見桃山の御香宮神社です。

こちらの神社は、神話でも有名な神功皇后を主祭神とされているそうです。豊臣家、徳川家ともつながりの深かった、こちらの神社は、最終的には家康によって、この地に移されているそうです。

1605年に建立された本殿が特別公開です。しかも足場を特別公開のために組まれていて、間近で見ることが出来ます。

もともと極彩色で彩られた本殿。数年前までは、色あせていたそうですが、平成2年、当時の最先端技術を用いて、建立当時の極彩色の文様を調査し、建立当時に近い形として復元されているようです。

その豪華絢爛な雰囲気は、安土桃山時代を思わせるよう。描かれている麒麟、彫り込まれている猿など、躍動感があふれるものです。

また石庭なども特別公開されています。境内にも伏見城の大手門由来の表門があったり、伏見城の残石があったり・・なんとも見応えがありました。

今回訪れた4つの中では、最も満足度が高かったように思います。

↓豪華絢爛な極彩色
130502-6.JPG

130502-7.JPG

↓麒麟の麒(雄)
130502-8.JPG

↓麒麟の麟(雌)
130502-9.JPG

↓石庭
130502-10.JPG

↓表門(伏見城大手門)
130502-11.JPG

↓伏見城残石
130502-12.JPG
posted by たぬき at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

長建寺@京都市伏見区東柳町

京都非公開文化財特別公開。3つ目に訪れたのは、伏見、中書島にあります長建寺です。

お寺は、それほど広くありませんが、本尊の弁財天と、宇賀神像を特別公開されています。宇賀神様は、頭は老
翁で、体はヘビ。そして、とぐろを巻いておられる独特の姿。狭く、小さなお堂の中で、なかなかじっくりと見るのが難しかったのですが、独特な雰囲気でした。

それと、こちらのお寺は、門が竜宮門という独特の形状をしていたのも印象的です。

↓弁財天、宇賀神様が祀られているお堂。
130502-2.JPG

↓竜宮門
130502-3.JPG

↓お寺の前は十石船乗り場
130502-4.JPG

↓長建寺の特別公開看板
130502-5.JPG
posted by たぬき at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都

大興寺@京都市左京区浄土寺真如町

京都市非公開文化財で二つ目に訪れたのは、大興寺さん。

真如堂の北西にある小さなお寺。驚くことに山門のみが残っており、中は最近建築されたような比較的新しい民家のような建物があるのみです。

その建物こそが、大興寺のお堂となっています。お寺は、比叡山の根本中堂が女人禁制の場だったため、その功徳を女性にも分け与えるために、建立されたのが起源となっているそうです。

この日、拝むことが出来たのは、本尊の薬師如来像、四天王像、十二神将像、関帝聖君神像(関羽)などです。なにより、このお寺、民家の居間のようなところに仏像が置かれているので、すぐ間近で仏様を拝むことが出来ます。

薬師如来像は、運慶の作だと推定されているものだそうです。また十二神将のうち、二体の仏像は院派の仏師の作であると言うことが確定しているそうです。

そして関帝聖君神像(関羽)。こちらは、三国志で有名な関羽の像で、足利尊氏が中国より取り寄せ、武運の神として崇め、戦場にも持ち運んだそうです。日本では見ないような独特な表情が印象に残る像でした。

↓大興寺の特別公開看板
130502-1.JPG
posted by たぬき at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2013年05月01日

イスタンブール・サライ@京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町

トルコ料理のお店「イスタンブール・サライ」さんです。お店は京都ロイヤルホテルの裏手のビルの3Fにあります。トルコ料理は、仕事の関係で、いただいたことがあるのですが、こちらのお店は初めてです。

店内は、テーブル席を中心に、カウンター席もあったと思います。20〜30人くらい入れる店内。この日は、予約を入れて訪れましたが、ほぼすべての席が予約で埋まっていました。行かれる際には、予約されたほうが良いかもしれません。

お店は、トルコの方と思われる料理人と接客対応の男性、それと日本人の女性スタッフ3人で切盛りされています。接客も丁寧で、好印象でした。

この日は、3つあるコース料理の中から、真ん中の価格のBコース(3100円)を予約しておきました。

出て来た料理の順から・・・

○レンズ豆のスープ
豆や素材の味をそのままに生かしたようなスープ。豆の風味を強く感じるのと、胡椒のスパイシーな風味が効いていて、特徴ある味わいでした。

○前菜4種盛り合わせ、トルコパン
前菜は、ヒヨコ豆のペースト、トマトと唐辛子?のペースト、ホウレンソウとヨーグルトのペースト、野菜炒めペーストの4種。これらをトルコパンに合わせていただきます。熱々のトルコパンは、外はカリッと、中はふっくら、ゴマの風味が効いていてとても美味しく、それぞれ素材を生かした味わいのペーストとよく合います。

個人的には、ホウレンソウとヨーグルトのペーストが濃厚な風味で、パンとの相性も良かったように思いますが、ヒヨコ豆もあっさりとした味付けで食べやすかったです。

○シシケバブとタウクシン、サラダ、ピラウ添え
シシケバブ(仔羊)は、とても濃厚な旨みと、しっかりとした噛みごたえ。タウクシン(鶏)は、噛むとにじみ出る脂分と表面のカリッとした食感が印象的。どちらもローストされているのでとても香りよく、お酒のすすむ料理でした。

○バクラバ(クルミとピスタチオのパイのシロップ漬)
こちらは、クルミ・ピスタチオの風味の効いたパイですが、濃いめのはちみつシロップのような味つけで、甘さが勝った感じです。

○チャイ

○EFES(エフェスビール)
こちらは最初から注文したトルコのビール。世界各国や日本のビールをいろいろと飲んでいるのですが、このビールは、たぶん初めてだと思います。トルコの土地柄、欧州系の濃厚な風味かなと思っていましたが、とてもクリアで、すっきり感のある味わい。かと言ってアメリカンスタイルのような泡すぎる感じも無く旨みもしっかりしています。

この日、エフェスダークというもう一つのビールは、品切れで飲めず。それは残念に思いました。

こちらのトルコ料理屋さんは、素材の旨みをしっかりと生かしている感じで、味も馴染みやすいものでした。ケバブの美味しさ、トルコパンの美味しさも上質だったと思います。また接客も丁寧で、とても居心地の良い空間だったと思います。

↓メイン:シシケバブとタウクシン、サラダ、ピラウ添え
130501-1.JPG

↓前菜4種盛り合わせ
130501-2.JPG

↓トルコパン
130501-3.JPG

↓レンズ豆のスープ
130501-4.JPG

↓チャイ、バクラバ(クルミとピスタチオのパイのシロップ漬)
130501-5.JPG

↓EFES(エフェスビール)
130501-6.JPG
posted by たぬき at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ