2013年05月01日

イスタンブール・サライ@京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町

トルコ料理のお店「イスタンブール・サライ」さんです。お店は京都ロイヤルホテルの裏手のビルの3Fにあります。トルコ料理は、仕事の関係で、いただいたことがあるのですが、こちらのお店は初めてです。

店内は、テーブル席を中心に、カウンター席もあったと思います。20〜30人くらい入れる店内。この日は、予約を入れて訪れましたが、ほぼすべての席が予約で埋まっていました。行かれる際には、予約されたほうが良いかもしれません。

お店は、トルコの方と思われる料理人と接客対応の男性、それと日本人の女性スタッフ3人で切盛りされています。接客も丁寧で、好印象でした。

この日は、3つあるコース料理の中から、真ん中の価格のBコース(3100円)を予約しておきました。

出て来た料理の順から・・・

○レンズ豆のスープ
豆や素材の味をそのままに生かしたようなスープ。豆の風味を強く感じるのと、胡椒のスパイシーな風味が効いていて、特徴ある味わいでした。

○前菜4種盛り合わせ、トルコパン
前菜は、ヒヨコ豆のペースト、トマトと唐辛子?のペースト、ホウレンソウとヨーグルトのペースト、野菜炒めペーストの4種。これらをトルコパンに合わせていただきます。熱々のトルコパンは、外はカリッと、中はふっくら、ゴマの風味が効いていてとても美味しく、それぞれ素材を生かした味わいのペーストとよく合います。

個人的には、ホウレンソウとヨーグルトのペーストが濃厚な風味で、パンとの相性も良かったように思いますが、ヒヨコ豆もあっさりとした味付けで食べやすかったです。

○シシケバブとタウクシン、サラダ、ピラウ添え
シシケバブ(仔羊)は、とても濃厚な旨みと、しっかりとした噛みごたえ。タウクシン(鶏)は、噛むとにじみ出る脂分と表面のカリッとした食感が印象的。どちらもローストされているのでとても香りよく、お酒のすすむ料理でした。

○バクラバ(クルミとピスタチオのパイのシロップ漬)
こちらは、クルミ・ピスタチオの風味の効いたパイですが、濃いめのはちみつシロップのような味つけで、甘さが勝った感じです。

○チャイ

○EFES(エフェスビール)
こちらは最初から注文したトルコのビール。世界各国や日本のビールをいろいろと飲んでいるのですが、このビールは、たぶん初めてだと思います。トルコの土地柄、欧州系の濃厚な風味かなと思っていましたが、とてもクリアで、すっきり感のある味わい。かと言ってアメリカンスタイルのような泡すぎる感じも無く旨みもしっかりしています。

この日、エフェスダークというもう一つのビールは、品切れで飲めず。それは残念に思いました。

こちらのトルコ料理屋さんは、素材の旨みをしっかりと生かしている感じで、味も馴染みやすいものでした。ケバブの美味しさ、トルコパンの美味しさも上質だったと思います。また接客も丁寧で、とても居心地の良い空間だったと思います。

↓メイン:シシケバブとタウクシン、サラダ、ピラウ添え
130501-1.JPG

↓前菜4種盛り合わせ
130501-2.JPG

↓トルコパン
130501-3.JPG

↓レンズ豆のスープ
130501-4.JPG

↓チャイ、バクラバ(クルミとピスタチオのパイのシロップ漬)
130501-5.JPG

↓EFES(エフェスビール)
130501-6.JPG
posted by たぬき at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ