2013年05月18日

ぼんてん@宇治市五ケ庄新開

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

黄檗駅の近く、六地蔵から宇治市内への宇治街道沿いにある中華料理屋「ぼんてん」さんです。もう何年も前から、車で前を通るたびに気になって入りたいなと思っていたお店ですが、今回はじめて訪れました。

お店の外観は、昭和の中華料理屋さんという感じ。赤い暖簾が目印です。

店内は、それほど広くなく、カウンター席と、小さなテーブル席が並びます。お客さんは、意外なほど多くおられ、常連さんが多いのでしょうか、お店の方と親しげに話しておられました。

お店は、老年の男性2人、女性1人の3人で切盛りされています。接客は、庶民的な感じです。特におばちゃん店員さんは、とても話し好きで、いろいろと話をしてくださいました。

メニューは、中華料理が数多く、ほとんど500円前後で、とても安めの値段設定です。麺類は、ラーメン550円から、最も高いのがチャンポン650円と、冷麺(夏期限定)700円となってました。

この日は、チャンポンを注文。

さて登場したチャンポンを見て、そのボリューム感に驚きます。写真では、分かりにくいのですが、大きめの器に、これでもか!と、こんもりと野菜が乗っています。スープは、薄い色合いで、やや濁りがあります。具は、キャベツ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、キクラゲ、タケノコ、しいたけなどの野菜類と、かまぼこ、ちくわ、豚肉、イカ、海老などが入っています。

スープをいただくと、塩スープのとても優しいあっさりとした味わい。ほんのりと、胡椒の味を感じますが、薄すぎると思われる方は、追加で胡椒をかけても良いかもしれませんね。それくらいあっさりと、飲みやすい味わいでした。

そして、野菜は、食べても食べても・・・麺にたどり着かないというくらいのボリューム感。野菜自体は味がそれほど付けておられません。キャベツ、モヤシがたっぷりで、特にキャベツが柔らかさがなく、芯の残ったような食感です。そのため、野菜そのものの、あっさりした風味がずっと続く感じで、やや単調さがありました。それと顎が疲れるくらいの噛みごたえです(笑)

やっとたどり着いた麺は、昔ながらの中細の多加水麺を使用されています。柔らかめの茹で具合です。しかし野菜がたっぷりと入っているので、麺を食べようとしても、必ず野菜が絡む感じで、食感を楽しむことが出来ました。

食べ終わる頃には、かなりの満腹感。この価格で、このボリュームは、良い感じですね。お店も、とても親しみやすい庶民的雰囲気で、近所の方や、学生さんの憩いの場となっているようです。末長く続いてほしいお店だと思いました。

↓チャンポン
130518-1.JPG

↓お店の外観です。
130518-2.JPG

↓メニュー
130518-3.JPG
posted by たぬき at 20:36| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都