2013年05月21日

2013年ツバメさん(3)

4月下旬から抱卵が始まった、ツバメさん達。昨年と同様に、そろそろ雛が孵る頃かな・・と楽しみにしていたところ、大きな異変が起きました。

それは5月14日。前日まで抱卵の様子がうかがえていたのに、夜、帰宅するとツバメの奥様の方が、巣を眺めるように、抱卵もせず、ちょこんと乗っておられました。そのまま眠っているのか微動だにしません。

5月15日は、抱卵する姿は見られず。なのに夫婦は、そろって巣の近所にいます。

5月16日は、なんだか巣が荒れた様子。ただ、外敵に荒らされたのではなく、巣の中に敷いていた藁や羽毛をいったん、きれいにして、新たに巣の壁や、巣の中を夫婦で修復されていました。今日、5/21の早朝も、また修復している様子でした。

おそらく想像するに、ツバメの卵がうまく孵らなかった?もしくは、他のツバメが雛を落とすという行動もあるそうで、なんらかの被害にあったんでしょうね。カラスの被害に合うと、巣もボロボロになるようですし・・カラスではないと思うのですが。

まあ何にせよ、ツバメ夫婦は元気で、また産卵の準備を再開されているようです。昨年よりかは遅れてますが、次は順調にいくことを祈っています。

↓突然、抱卵をやめた奥様。お腹には抱卵班(卵を温める部分)が見えます。表情がさびしげにも見えました(5/14)
130521-1.JPG

↓荒れている風に見える巣。中身を修復中(5/17)
130521-2.JPG

↓きれいに修復された巣。土や藁を運んで一生懸命、作っています(5/21)
130521-3.JPG

130521-4.JPG
posted by たぬき at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ツバメ観察