2013年05月26日

力餅食堂@京都市東山区宮川筋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

松原通と川端通が交わる場所にある京都の定番食堂の力餅食堂さんです。このお店の横も、麺類系の大衆食堂さんで、ずっと気になっているのですが、いつ行っても営業されておらず、この日は、仕方なく力餅さんに入りました(^-^;

お店は、オレンジ色のテント看板が目印。力餅さんにしては、新しそうな店構えにも見えます。

店内は、テーブル席が並びます。老夫婦が切盛りされており、いわゆる大衆食堂的な雰囲気。この日は、予想外にお客さんが多く、海外の方もおられました。

メニューは、うどん、そば、丼ぶりもの、中華そばなどが豊富にあります。本日の定食は、ハンバーグ定食、焼肉定食、それぞれ850円でした。お店のメニューの書き方から、あまぎつね(うどん)550円、カレーライス650円、中華そば650円、にしんそば700円、ちゃんぽんうどん700円、すきやきうどん900円、うなぎ丼900円などが看板メニューなんだろうなと思います。ちゃんぽんうどんと、すきやきうどんは、ライス付となるお得メニューだそうです。

この日は中華そばを注文。

お盆に乗せられて、中華そばの登場。わずかに濁った色合いのスープ、そこにネギ、ホウレンソウ、モヤシ、メンマ、蒲鉾1枚、焼豚1枚がトッピングされています。また胡椒があらかじめかけられています。

スープをいただくと、和ダシの効いた優しい味わい。醤油の風味もわずかに効いてますが薄味でとても飲みやすいものです。そのまま、うどんや蕎麦に使えそうな味わいです。この日は、二日酔い気味だったこともあり、胃に染みわたるような優しさを感じました。また、この素朴なスープに胡椒は、とても良く合っていて、優しいだけでなく、後味が引き締まります。

麺は、京都の老舗店にしては、珍しいような中太の麺を使用されています。そのモチモチとした食感が、とても楽しいものでした。

チャーシューや、蒲鉾などは、それほど突出したものではありませんでしたが、ホウレンソウが、この優しい味わいのスープと、とても調和していたと思います。

大衆食堂での、中華そばでしたが、その優しい味わいのスープは、とても満足が出来るものでした。ちゃんぽんうどんなども、いつか食べてみたい気になるメニューです。

↓中華そば
130526-1.JPG

↓麺とスープ
130526-2.JPG

↓お店の外観です。
130526-3.JPG

↓メニュー
130526-4.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都