2013年06月01日

大豊ラーメン・佛大前店@

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の老舗ラーメン店「大豊ラーメン」の佛大前店です。

お店は、千本北大路を北上した佛大前にあります。隣には、天下一品、麺屋あさひ とラーメン店が並びます。お店の外観は木目調で、シンプルな見た目です。

店内は、壁に面したカウンター席とテーブル席が並びます。意外なほど、きれいな内装です。お店は、店長さん一人で切盛りされています。

ラーメンメニューは、醤油味のラーメン650円と、大豊の名物とも言える黒豚チャーシューを使った特製チャーシューメン900円。他にみそラーメン700円、ミニラーメン550円があるのみです。大盛りは100円プラスとなります。私は注文後に気が付いたのですが、Wチャーシューメン1100円というのもありました。

他に唐揚げ、ギョーザ、チャーハン、ライスなどの単品と、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューが存在します。

この日は、大豊に来たからには・・と特製チャーシューメンを注文。

豪快にチャーシューが盛りつけられたラーメンが登場します。よく鉢一杯チャーシューメンと言いますが、チャーシュー一枚一枚が大判で、厚みもあるため、見た目の迫力は素晴らしいものです。スープは黒い醤油スープで、細めのメンマ、ネギ、そして鉢の中にも、細切れのチャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、濃厚な醤油ダレの効いた味わいです。大豊さんは豚骨、鶏ガラや生姜、ニンニクとかも用いられていると、昔のラーメン本を読むと書いてあるのですが、どちらかと言えば豚骨の風味が強く出ていると思います。醤油が強く、かなり濃いめですが、後味はすっきりしています。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。昔は、中金製麺を使用されていると聞きましたが、今もそうなのかな・・?京都のスタンダードなしっとりとした噛み心地と、スープの風味をしっかりと吸い込んで、美味しさを口に運んでくれます。

そしてチャーシュー。一枚一枚が大判で、しかもやや厚切り。強めの醤油ダレで味付けされており、ボリューム満点。少し脂身が多いのと、スープの味と重なるような、濃いめの味付けで、食べて行くにつれ、少しくどい感じがしますが、とにかく肉を食べたい!と言う人には最高のボリューム感だと思います。

チャーシューメンのボリューム感と言えば、京都でもトップクラスの、こちらのお店。その力強さは、素晴らしいものがあると思います。これからも学生のお腹を満たす存在として、そして木屋町の本店は、飲み帰りのお客さんを楽しませるお店として、頑張ってほしいと思います。

↓特製チャーシューメン
130601-1.JPG

↓チャーシュー
130601-2.JPG

↓麺とスープ
130601-3.JPG

↓お店の外観です。
130601-4.JPG

↓メニュー
130601-5.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都