2013年06月02日

京都水族館@京都市下京区観喜寺町

梅小路公園内にある京都水族館、水族館好きな私としては、一度訪れたかったのですが、人ごみがすごそう・・と思って、しばらく訪れるのは控えていました。

オープンから一年以上経ったので、平日に訪れてみました。

印象としては、こじんまりしているのですが、展示の見やすさなど工夫があって好印象。それに新しい施設なので、とてもきれい。イルカのパフォーマンスも教育的な内容が取り込まれていて、興味深いものです。

それと、地域の魚、オオサンショウウオの展示コーナーが充実していたり、京都の里山を再現したゾーンもあり、京都を意識した造りとなっています。

もうひとつ、この水族館、良いなぁと思うのは、飼育員の方々と距離感が近いことでしょうか。多くの飼育員の方が、身近に作業しておられ、こちらが疑問に思うこと、いろいろなことに、親切に答えてくださります。

この日の話題は、5月28日から一般公開となた、この水族館で生まれたオットセイの赤ちゃん。大きな親たちとまぎれて、たわむれる様子は、とても可愛らしく愛嬌がありました。

↓オットセイの赤ちゃん。母親?かどうか分かりませんが、成人の雌のオットセイと戯れてます。
130602-1.JPG

↓オットセイの赤ちゃん
130602-2.JPG

↓京都の里山ゾーン
130602-3.JPG

↓イルカショーは、目の前に東海道新幹線や、当時五重塔(屋根の部分だけ)が見えたりします。
130602-4.JPG

↓叫ぶオットセイ。目がちょっと怖い(笑)
130602-5.JPG
posted by たぬき at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場