2013年06月23日

そば処 御幸@奈良県大和郡山市千日町

大和郡山市の奈良工業高専前にあるお店「そば処御幸」さんです。この日は、矢田寺にアジサイを見に参拝した帰りに立ち寄りました。

店舗は、古風な民家のような外観です。駐車場は、お店の脇にあります。

店内も落ち着いた雰囲気。テーブル席と座敷が存在します。この日は、アジサイの見頃の季節のためか、お昼時、たいへん混雑していました。ただお店の接客は、忙しい中でも丁寧にしていただきました。

メニューは、蕎麦を中心に、うどん、丼ぶり、それと石州麺という吉野葛を用いた素麺などがありました。価格は1000円前後のものが多かったように思います。

この日は、石州麺がとても気になったのですが、お蕎麦屋さんだから・・と、天ざるそば1220円を注文。

待っている間、お店のこだわりを読んでいると、北海道産のお蕎麦を使用された二八蕎麦とのこと。おつゆや、天ぷらなどの素材へのこだわりも書かれてあるだけでなく、割り箸の香りにもこだわられているようでした。

さて、登場した天ざるそば。薬味のうずらは、最初から割られています。薬味はネギとショウガ。天ぷらは、海老天、海苔天、ゴボウ天、南瓜天、紫蘇天など。

まず、お蕎麦そのものをいただくと、お蕎麦の風味は良い感じで、食感は、けっこう硬い感じのゴワゴワとした強いものです。おつゆは、カツオや昆布などの風味が効いた和風だしで、少し酸味を感じます。お蕎麦が、けっこう硬めの強い食感ですが、程よく、おつゆとのなじみはあり、ツルツルといただくことが出来ました。

天ぷらは、それぞれが、少し小ぶりかな?ただ、揚げたてのパリッとした食感は生きていて、悪くはありません。海老天が、もう少し大きいと、うれしい感じがします。

お店の雰囲気も良く、混雑している割には、落ち着いていただけるお店でした。全体的にボリューム感は少なく、老年の方にも食べやすい量だと思います。石州麺は気になりますので、また矢田寺を訪れた際には、そちらにもチャレンジしてみたいなと思います。

↓天ざるそば
130623-1.JPG

↓お店の外観です。
130623-2.JPG
posted by たぬき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ