2013年07月15日

素晴らしいスタジアムにて

松本1-1京都(アルウィン)

3連休だったこともあり、気が向いたので車を飛ばして松本山雅戦を観戦に訪れました。

アルウィンに訪れるのは二度目ですが、スタジアム飲みやすさ、松本の周辺の雰囲気の良さともに、とても素晴らしいものです。そして、なによりも松本のサポーターの応援の統一感が素晴らしい。

J2では、これだけの応援をするサポーターは他には、コンサドーレくらいでしょうか。個人的には、レッズvs松本、新潟vs松本、仙台vs松本など見てみたい気もします。


山雅を苦手とする京都。いつものように山雅はゴール前を固めて、京都が攻め込んだ空きスペースに一本のロングパスを入れ、選手を走らせるカウンター戦法。

この戦いを苦手とする京都は、いつも大苦戦していましたが、今回は、全体的に山瀬、横谷、駒井、工藤と、SBの安藤、福村が連動し、中央の突破に頼らず、ワイドな展開やワンタッチパス交換からのシュート、ミドルシュートなど多彩な攻撃を仕掛けたように思います。

試合は、ゴール前でのこぼれ球を山瀬が拾い、落ち着いてシュートを決めて1点。山瀬は、他のシーンでも切れのある動きを見せていました。

逆に、先制後、すぐにコーナーキックからの失点。途中出場の松本、塩沢選手への高さの対応へのまずさからの、コーナーキックを許し失点。このあたりは改善が必要でしょうね。それと染谷の動きの悪さが目立っていましたが・・これは、どうしたのかな・・というほどの悪さでした。何か怪我でもあったのかな。また、秋本が試合中、救急車で運ばれていましたが、そのあたりも気になるところです。

内容的には、悪くなかったです。今は負けないことを続けることも大切だと思います。

↓素晴らしいアルウィン
130715-1.JPG

↓松本の応援キャラクター
130715-2.JPG

↓試合後の様子です。
130715-3.JPG
posted by たぬき at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー