2013年07月21日

ラーメン太七@京都市北区紫野南舟岡町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

千本鞍馬口を少し東へ。鞍馬口通より少し北に入った住宅街にあるお店「太七」さんです。10年ほど前は、ラーメン本や雑誌に、名物のきざみ肉ラーメンと共に、よく載ってましたが、最近では、話題にも上らないように思います。

店舗は、住居の一階をお店にされてます。赤い暖簾が目印ですが、目立たない雰囲気です。街中で駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席とテーブル席が一つで、こじんまりとしています。お店は、老夫婦の奥さんが切盛りされています。とてものどかな家庭的な雰囲気のあるお店です。昔の雑誌に、この奥様は、学生食堂をやっておられたと書いてあった記憶があります。

メニューは、ラーメン(並)650円、きざみ肉ラーメン(並)650円、チャーシューメン(並)750円。大サイズは+100円となります。他には、から揚げや、ぎょうざ、ライスなどがあるくらいで、シンプルな構成です。

この日は、チャーシューメン(並)を注文。

登場したラーメンは、濁った色合いの醤油スープ。真ん中にネギがこんもりと盛られています。鉢一面にチャーシューがトッピングされ、ネギの下に、モヤシ、メンマが入っています。

スープは、鶏ガラと豚骨も使われているそうなのですが、どちらかと言うと、鶏ガラの風味が強く効いていて、鶏ガラ特有のトロっとした粘度を感じます。醤油の風味は濃すぎないのですが、鶏ガラのコクが強く感じられて、深い旨みがあります。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。かなり柔らかめの茹で具合です。スープとの絡み具合も、とても良い感じです。

チャーシューは、赤身肉が中心で、やや硬めの食感。チャーシューの端の方は、しっかりとした醤油味が染みています。この部分を多く使われているという、きざみ肉ラーメンは、とても美味しいんだろうな。。次回は、それも食べてみたいなと思います。

味わいも、雰囲気もとても優しくて、心までも温かくなれそうなラーメンです。何度でも通ってみたいなぁと思える、暖かみのある空間と味わいでした。

↓チャーシューメン(並)
130721-1.JPG

↓チャーシュー
130721-2.JPG

↓麺とスープ
130721-3.JPG

↓お店の外観です。
130721-4.JPG
posted by たぬき at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都