2013年09月30日

難敵に快勝

京都2-0長崎(西京極)

9月末とはいえ、15時キックオフは、かなりの暑さ。そんな西京極で、昇格争いのライバルでもある長崎を迎えての一戦。

序盤は、セカンドボールを出足の早い長崎が奪い、防戦の時間帯が長かったのですが、次第にサンガのペースに変わっていきました。セットプレーからのバヤリッツァ、駒井のスライディングボレーが決まり2得点。アシストは二得点とも福村でした。

欲を言えば、他にも多くのチャンスが合ったので、決め切りたかったところです。

試合後は、オスンフンがマイクパフォーマンス。聞き取れませんでしたが、今後もサンガの守護神として頑張ってほしいです。

↓オスンフン
130930-5.JPG
posted by たぬき at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

喜元門・本店@茨城県つくば市苅間

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

つくば市の研究学園駅の近くにあるお店「喜元門」さんです。この日は、出張先の近くで検索すると、こちらのお店が出てきたので入ってみました。

店舗は、マンション?の1階にテナントが複数入っている中の一つが、お店となっています。お店の横に駐車場もあるようでした。とても人気のお店のようでしたので、行列があれば入らないつもりでしたが、平日の夕食時でしたが、すんなりと座ることが出来ました。

店内は、入店した瞬間に感じる強い魚介の香りがインパクトありました。カウンター席とテーブル席が並んでいます。接客はとても良い感じでした。

メニューは食券制となっていました。ただメニューがとても豊富すぎて、一目で判断できないくらいあったと思います。真空とか、海老なんとかとか・・流行ぽい名前がそれぞれ付いていました。

この日は、とりあえず店名の名前がついていた喜元門720円、それにチャーシュー二枚追加+200円にしました。喜元門は、濃厚スープと魚介が7/3と書かれていました。

それと、注文時に、チャーシューを4種からお選びくださいと写真を見せられます。炭焼き、バラ巻き、直火焼き、低温調理の4種とのこと。私はチャーシュー3枚。3枚別々でも良いとのことでしたので、炭焼き、バラ巻き、直火焼きを選びました。

登場したラーメンは、今風のこぎれいな高い器です。高い器は、スープが飛び散りにくくワイシャツを着ているときには、ありがたいものです。

見るからに濃厚そうなスープ、真ん中に白ネギ、わきに青ネギ、ノリ、魚粉たっぷり、メンマ、そして三種のチャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、豚骨と鶏ガラの風味も強く感じる濃厚スープで、そこに魚介の風味も強く加わっています。かなりのドロドロ系なのですが、食べ進むと不思議と後味もさらりとするような感覚。これは、刻んで入れられているネギが緩和してくれているのかな。不思議と濃厚なのに、飲みやすいスープでした。

麺は、中細の低加水麺を使用されています。もっちりとした食感が独特で、食べていて楽しいものでした。スープとの絡みも良かったと思います。

3種のチャーシュー、まず直火と炭焼き、この二つ、炭焼きの方が香りが豊かには感じましたが、あまり差を感じなかったかな。厚みもあるのですが、妙にレアな食感が、個人的には苦手だなと思いました。バラ巻きは、脂分が強いのですが、こちらも妙にレア感が残っていて、工夫されているのですが、あと一歩な感覚が残りました。

しかしながらスープは、こってりなのに飲みやすい、完成度の高い味わいでした。普段は、行列もできるお店とのことで、様々なメニューのレベルが高いんだろうなぁと想像できる内容でした。

↓喜元門・チャーシュー3枚(バラ巻き、炭焼き、直火焼き)
130930-1.JPG

↓チャーシュー(左からバラ巻き、炭焼き、直火焼き)
130930-2.JPG

↓麺とスープ
130930-3.JPG

↓お店の外観です。
130930-4.JPG
posted by たぬき at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東