2013年10月11日

高徳院@神奈川県鎌倉市長谷

鎌倉大仏のある高徳院さんです。この日、平日でしたが境内は参拝客や修学旅行生で賑わっていました。

奈良の大仏様に慣れているためか、屋外におられる大仏様に妙な違和感を感じます。しかし、昔は大仏殿の中に納められていたそうです。倒壊が原因で今のような形になったとか。

大仏さまは、少し猫背な感じの姿勢が印象的。それに国宝なのに、大仏様の中にまで入ることが出来ました(有料)。大仏さまは表情からもどっしりとしていて、雄大さを感じるものでした。

↓大仏様を四方から
131011-1.JPG

131011-2.JPG

131011-3.JPG

131011-4.JPG
posted by たぬき at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@関東

2013年10月10日

吉村家@横浜市西区南幸

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

横浜で仕事をしていたので、昼食時、どうせなら家系ラーメンの本家へと「吉村家」さんへ。お店は、横浜駅から歩いて10分くらいの場所にあります。

店舗に行くと、お店の前に10人以上の行列があります。仕事の都合上、難しいかなとか思いましたが、意外と流れが速いという書き込みを信じて待ってみました。

面白いシステムで、おそらく20人くらい座れるカウンタースペースの右半分10人、左半分10人が、それぞれ食べ終わられるたびに、待っている10人を一気に店内に入れられます。なので回転が早い。待ったのは10分ちょっとだったと思います。それと子供づれのお客さんは、優先的にお店に誘導されていました。

店内や、お店の入りを誘導されている店員さんもハキハキとしていて、好印象な接客です。

メニューは食券制となっています。基本のラーメン640円に、ボリュームとトッピングを決めるだけのシステムになっています。ただ、トッピングがたくさんあって、初めての方には迷うのでしょうね。私も驚くようなトッピングの種類に、どうしようかなと思いました。

この日は、シンプルにチャーシューメン740円に、味玉60円をトッピングしてみました。計800円です。お店のカウンターに座ると、お店の方が、麺の茹で具合とか、スープの脂の量とか聞いてくださいました。すべて普通と答えました。

登場したラーメン、想像以上に表面、脂分多めなスープです。トッピングは、ほうれん草、海苔3枚、チャーシュー、味玉です。

スープは、豚骨醤油味なのですが、豚骨のコクがドーンと強く効いているのと、醤油の風味も強く出ています。脂分が強いように思いましたが、豚骨の旨みの強さ、醤油の強さが両立していて、ストレートな迫力のある味わいです。

麺は、中太くらいのものを使用されています。普通の湯で具合で注文しましたが、けっこうしっかりとした食感。柔らかめでも良いかなと思いました。それと麺が短いのも特徴です。ただ、このお店の箸はツルツルしていて、つかみづらい感じでした。しかしながら、スープとのなじみは、とても良いものだと思います。

チャーシューは、少しレアな感じのものが入っています。やや厚切りで、ボリューム感はあります。とても美味しいというレビューを読んでいたのですが、最近は、こういうレア感があるものが人気なのでしょうか。個人的には、焼きがしっかり入ったものが好みなので、ちょっと違和感を覚えました。

しかし、濃厚なスープのインパクト、麺も美味しいし、とても満足のいくラーメンでした。他の横浜付近の家系のラーメンもいつか試してみたいです。

↓チャーシューメン、味玉トッピング
131010-1.JPG

↓チャーシュー
131010-2.JPG

↓麺とスープ
131010-3.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月09日

六道珍皇寺@京都市東山区

9月に「京の夏の旅」の特別公開で参拝した六道さんです。

夏の旅は、ボランティアの方がおられないことがたまにあるのですが、この日はしっかりとしたボランティアの方が付いていて、詳しい解説を聞くことが出来ました。

平安京の端、火葬場との間に位置していたこのお寺は、現世と他界の境目に当たるため、六道さんと呼ばれるようになったとか。

境内の中には、小野篁が地獄と行き来したと言われている井戸が存在したり、なかなか見応えの多いところでした。

↓本堂
131009-1.JPG
posted by たぬき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都

2013年10月08日

梅蘭・市場通り店@横浜市中区山下町

横浜での仕事後、梅蘭焼きそばで有名な「梅蘭」さんへ行くことに。「梅蘭」さんは、ネットで調べると二系列あって、関西にも出店されている系列と、関東にしか出店されていない系列があるようです。ネットで調べても、どちらが元祖か情報が載ってないし、どうも親族同士で系列が分かれているだけとか、そんなことを書いてあったりします。

どちらの系列も、横浜中華街に本店があるので、どうせなら関西に出店してない方を・・と、そちらの系列の本店となる「市場通り店」に入りました。

お店は、中華街の市場通り沿いにあります。青色の中華料理店らしい色合いで、こじんまりとした造りです。人気店で行列も出来ることがあると、ネットに載っていたのですが、平日の17時過ぎに訪れたためか、店内はガランとしてました。

店内は、二階席もあると思うのですが、私は一階でいただきました。食堂風で、テーブルが並んでますが、人数は20人も入れないようなスペースでした。お店は、中国系のお姉さん二人で切り盛りされています。料理は、上の階でされているようで、食品用エレベータで、運ばれてきます。

メニューは、中華メニューが豊富にそろっています。値段は、1000円以上のものが多く、コース料理にした方がお得かもしれません。梅蘭焼きそばは、900円。牛肉入りにすると1260円、海鮮入りにすると1680円、フカヒレ入りにすると3150円。他に梅蘭焼きそばと、単品やビールと組み合わせたセットメニューなども存在しました。

他の方のレビューから、梅蘭焼きそばは、けっこうボリュームがあるという書き込みが多かったので、この日は、梅蘭焼きそば900円+生ビール580円を注文。生ビールは、サッポロ生でした。

登場した梅蘭焼きそば、独特の見た目です。焼きそばが外側で、溶き玉子とともに、カリカリに焼かれています。その中に、餡と具が入っているという面白い食べ物です。ボリュームがすごいという書き込みから、ビッグサイズを想像していると、意外と小ぶりに見えました。

焼きそばを、箸で分けると、中から、とろ〜っと餡と具が出てきます。具は、豚肉、モヤシ、ニラ、タマネギとシンプルな構成です。焼きそばは、とてもカリカリとした心地よい食感、玉子が使われているので広島風お好み焼き的な味かなと思ってましたが、玉子の味は控えめです。

そこに、醤油味であっさりとした餡と具が加わり、癖のない味わいで、箸が進みます。具がもうすこし豪華だとうれしい気もしますが、モヤシ、タマネギが豊富に入っていて食感も楽しいものです。

食べなれないので、意外と時間がかかります。ビールを飲み干してしまったので、もう一杯注文。すると中国系のお姉さんに「二杯目はサービス」と言われました。壁を見ると、9月中は17時以降は、一杯無料サービスをされていたようです。これは得した気分。

独特の見た目の梅蘭焼きそば。味付けも優しく、カリカリした食感の焼きそばは、食べていて楽しいものでした。もう少し値段が安いか、具沢山だと、さらに良い感じがしますが、個性的な麺料理だと思います。

↓梅蘭焼きそば
131008-1.JPG

↓箸で割ると中から餡が出て来ます。
131008-2.JPG

↓お店の外観です。
131008-3.JPG
posted by たぬき at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2013年10月07日

とりスタ初勝利

鳥取0-1京都(とりぎんバードスタジアム)

昨年は、行けなかったのですが、2年ぶりにガイナーレ鳥取とのアウェイゲームに遠征です。当日は、台風の影響も無く快晴。

とりぎんバードスタジアムは、小さなスタジアムですが、選手が間近で見ることが出来るので、個人的には好み。ただサンガは、これまで、このスタジアムで勝利なしでした。

ゴール前で守備を固める鳥取。特に後半は、カウンターでピンチを招きます。しかし、安藤のクロスを横谷がヘッドで合わせ、キーパーのこぼれ球を押し込み1点先制。その1点をなんとか守り切り勝利しました。

↓選手との距離が近いスタジアム
131007-1.JPG

131007-2.JPG

131007-3.JPG

↓ガイナマン
131007-5.JPG

↓二年前もスタジアムにいた「ミササラドン」
131007-4.JPG
posted by たぬき at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2013年10月06日

玉泉亭@横浜市中区伊勢佐木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日は横浜で仕事。横浜に来たならば、ご当地麺のサンマーメンを食べてみたいなと。それならば元祖と呼ばれているお店に行こうということで、関内駅近く、伊勢佐木町にある玉泉亭さんに訪れました。

お店の外観は、街中の大衆中華屋さんという雰囲気です。駐車場は存在しませんでした。

店内は、テーブル席が並ぶ食堂風。意外ときれいなお店だなと思いました。お店は、老年の男性が調理をされ、老年の女性が接客をされていました。庶民的な雰囲気です。

メニューは、中華料理が豊富にそろっています。サンマーメン発祥のお店とのことでしたが、サンマーメン600円は、それほど推しておられる感じではありませんでした。お店のお勧めとして、中華ランチ820円(カニ玉、うまに、豚肉、お新香、ライス、スープ)を推されていました。サンマーメンの中には、サンマーワンタン660円、サンマーワンタンメン730円(どう違うのか分かりません・・)というメニューもありました。

この日は、最初の目的のとおりサンマーメン600円、それと仕事後でしたので瓶ビール550円を注文。瓶ビールはサッポロの赤星です。

サンマーメンは、醤油スープに、たっぷりのモヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジン、キクラゲ、少しの白菜、豚肉などがトッピングされています。スープの上からは、あんかけが乗せられています。器に店名と電話番号が書かれているのがユニークです。

スープをいただくと、しょうゆ味なのですが、塩分は控えめです。あんかけのとろみと、ほんのりとした甘みが後味に残ります。ベースに何を使用されているのか、よく分からなかったのですが、飲むたびに、優しく旨みが口に広がる、とても美味しいスープでした。

麺は、やや細めのストレート麺を使用されています。茹で具合は柔らかめで、少しとろみのあるスープや、具との絡み合う感じがちょうど良い感じです。特に、やや柔らかいモヤシと合わさると、とても良い食感となります。

トッピングされている具も優しい味付けに仕上がっていて、スープの味との相性がよく、本当に飽きない一杯です。この味、何度でも食べたいし、何度食べても美味しくいただけそう。初めてのサンマーメンは、口に馴染む一杯なのでした。

↓サンマーメン
131006-1.JPG

↓麺とスープ
131006-2.JPG

↓サッポロ赤星
131006-3.JPG

↓お店の外観です。
131006-4.JPG
posted by たぬき at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月04日

新長城@茨城県つくば市研究学園

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

つくばエクスプレスの研究学園駅の駅前すぐにある西安料理のお店「新長城」さんです。刀削麺をやっておられるとのことで、訪れてみました。

お店は駅のロータリー横の複合店舗の1Fにあります。お店の裏に駐車場も存在するようです。

お店の外に、メニューをいっぱい出されています。見てると刀削麺が見当たらず、あれ・・と思い、店員さんに聞くと刀削麺もやってますよとのこと。店内は、とてもきれいな中華レストランでテーブル席が並んでいます。お店は調理・接客ともに中国系の方が切盛りされていて、とても丁寧な接客でした。

メニューは中華料理が豊富にそろっています。この日は、刀削麺が目的でしたので、メニューから刀削麺を探します。不思議なことに、刀削麺よりラーメンを売り出しておられる、そんな感じで、刀削麺は最後の方に載っていました。

刀削麺は、麻辣麺(マーラー麺)、酸辣麺、担担麺のほか、数種類から選択することが出来ます。価格帯は700〜800円くらいです。またラーメンも、ほぼ同じ内容、同じ価格帯で存在しました。

この日は、お店の方に刀削麺のおすすめを訪ねてみると、辛さが苦手じゃなければ、麻辣麺と聞きましたので、麻辣麺780円を注文しました。それと生ビールを注文。生ビールは、プレミアムモルツでした。

このお店の刀削麺は、ちゃんと、お店の方が店内で、刀で削られるそうなのですが、そのシーンを見るのを忘れていました。

登場した料理は、刀削麺らしい不均一なねじれた平麺。スープは、表面が、かなり脂が浮いているのと、香辛料らしいもの、ゴマがたっぷりと浮いているのが印象的。器の真ん中に、ネギ、ゴマ、ミンチ肉がトッピングされていて、それとキャベツが入っています。

スープは、かなり辛そうに見えるのですが、辛味は、そこそこという感じです。それよりも香辛料からくる、独特の旨みがしっかりしていて、何度も飲んでしまいそうな味わいです。そこにミンチ肉の旨みも入り、癖になりそうなスープです。

そして刀削麺は、良い感じのもちもち感があります。たまに入っているキャベツの良い食感も混ざり、噛むことを純粋に楽しむことが出来ます。

このピリッとした旨辛感と、刀削麺のモチモチ感が素晴らしく、麺料理にしては、自然とビールも進みます。

久しぶりに食べた刀削麺ですが、個性的なスープの味わいとマッチした一杯でした。他にもいろいろなメニューがあったので、また、つくばに仕事で来る機会があれば食べてみたいなと思います。

↓麻辣麺
131004-1.JPG

↓刀削麺
131004-2.JPG

↓お店の外観です。
131004-3.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月02日

札幌ラーメンどさん子・八重洲店@東京都中央区八重洲

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「どさん子」さんの八重洲地下街2番通りにあるお店です。全国に多くある「どさん子」さんの中でも数少ない直営店とのことで、一度行ってみたいなとずっと思っていましたが、お店の前を通っても移動の都合で、時間がなかったりと行けてませんでした。

お店は、地下街に面していて、こじんまりとした造りとなっています。カウンター席が少しと、小さなテーブル席スペースがあります。店内は男性店員さん二人で切盛りされていましたが、挨拶などがしっかりしていて、とても心地よいものでした。

メニューは食券制となっています。味噌ラーメン680円(50年の歴史あるラーメンを、少しずつ現代風に改良)、熟成味噌ラーメン780円(2013年に開始した新作コクまろ味)、中華そば(醤油)680円、塩ラーメン680円を中心に、トッピングなどで価格が変わるようになっています。またセットメニューも存在しました。

この日は、味噌チャーシュー麺880円と、仕事後だったので、瓶ビール480円を注文。瓶ビールは、モルツです。

登場したラーメンは、味噌スープに黒ゴマと、七味のようなものがわずかに浮いています。トッピングは、大判なチャーシュー、コーン、タマネギ、モヤシ、ワカメ、ネギ、メンマとなっています。コーンをスープからすくうことが出来る穴明レンゲも付けられていました。

スープをいただくと、見た目は濃厚そうなのに、控えめで柔らかな味噌味に仕上がっています。濃厚過ぎず、マイルドで、そして七味が入っているので、後味がピリッと引き締まる。なかなか絶妙の仕上がり具合です。

麺は、中くらいの太さの多加水縮れ麺を使用されています。表面はツルっとした感じで、食感もそこそこ。マイルドな味噌スープとの相性も良いですし、モヤシや、コーンと絡まって、楽しくいただくことが出来ます。

具のモヤシは、少し味が入っている感じで旨みがあります。コーン、メンマ、ワカメも味噌味と合っていて、麺と絡めていただくのも、とても楽しい感じでした。

そしてチャーシューは、赤身部分が中心で、濃いめの味付け。しっかりとした食感で、食べ応えがあります。これを味噌スープに漬けて、いただくと、ビールのあてとしてもちょうど良い感じです。

今風に進化した味噌ラーメンとのことでしたが、とても懐かしさも感じる、まとまった味の素晴らしい味噌ラーメンだったと思います。また東京の乗換時には、使ってみたいお店となりました。

↓味噌チャーシュー麺
131002-1.JPG

↓チャーシュー
131002-2.JPG

↓麺とスープ
131002-3.JPG

↓メニュー
131002-4.JPG

↓瓶ビール
131002-5.JPG
posted by たぬき at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月01日

マラソン9月度練習&今後の予定

9月から、またジョギング再開。怪我の具合を見つつです。右ひざの怪我は、わずかに痛みがあり、4kmまでのジョグだと、痛みは増さずに、ゆっくり和らいでいく感じです。そのため、4kmジョグと、筋トレを皇后に行う感じで、ゆっくりと体調を元に戻している感じです。

走行距離
2011年
4月 93km
5月 130km
6月 127km
7月 72km
8月 206km
9月 302km
10月 337km
11月 319km
12月 204km
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km
11月 0km
12月 72km
2013年
1月 22km
2月 128km
3月 59km
4月 64km
5月 0km
6月 0km
7月 36km
8月 0km
9月 44km

9月は、少ないですが、44kmのジョグ。ただ、以前より怪我を怖がらずに走ることが出来るようになってきています。

今後は、10月20日の舞鶴赤れんがハーフマラソンに登録していますが、これは怪我の状態などで出場・麩出場を決めようと思います。出場したとしても、記録は狙える状態で無いので、完全にファンランになると思います。

12月の奈良マラソン(フル)には、出場出来ると良いな・・と淡い期待、そしてチャレンジを続けて行こうと思います。
posted by たぬき at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン練習