2013年10月04日

新長城@茨城県つくば市研究学園

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

つくばエクスプレスの研究学園駅の駅前すぐにある西安料理のお店「新長城」さんです。刀削麺をやっておられるとのことで、訪れてみました。

お店は駅のロータリー横の複合店舗の1Fにあります。お店の裏に駐車場も存在するようです。

お店の外に、メニューをいっぱい出されています。見てると刀削麺が見当たらず、あれ・・と思い、店員さんに聞くと刀削麺もやってますよとのこと。店内は、とてもきれいな中華レストランでテーブル席が並んでいます。お店は調理・接客ともに中国系の方が切盛りされていて、とても丁寧な接客でした。

メニューは中華料理が豊富にそろっています。この日は、刀削麺が目的でしたので、メニューから刀削麺を探します。不思議なことに、刀削麺よりラーメンを売り出しておられる、そんな感じで、刀削麺は最後の方に載っていました。

刀削麺は、麻辣麺(マーラー麺)、酸辣麺、担担麺のほか、数種類から選択することが出来ます。価格帯は700〜800円くらいです。またラーメンも、ほぼ同じ内容、同じ価格帯で存在しました。

この日は、お店の方に刀削麺のおすすめを訪ねてみると、辛さが苦手じゃなければ、麻辣麺と聞きましたので、麻辣麺780円を注文しました。それと生ビールを注文。生ビールは、プレミアムモルツでした。

このお店の刀削麺は、ちゃんと、お店の方が店内で、刀で削られるそうなのですが、そのシーンを見るのを忘れていました。

登場した料理は、刀削麺らしい不均一なねじれた平麺。スープは、表面が、かなり脂が浮いているのと、香辛料らしいもの、ゴマがたっぷりと浮いているのが印象的。器の真ん中に、ネギ、ゴマ、ミンチ肉がトッピングされていて、それとキャベツが入っています。

スープは、かなり辛そうに見えるのですが、辛味は、そこそこという感じです。それよりも香辛料からくる、独特の旨みがしっかりしていて、何度も飲んでしまいそうな味わいです。そこにミンチ肉の旨みも入り、癖になりそうなスープです。

そして刀削麺は、良い感じのもちもち感があります。たまに入っているキャベツの良い食感も混ざり、噛むことを純粋に楽しむことが出来ます。

このピリッとした旨辛感と、刀削麺のモチモチ感が素晴らしく、麺料理にしては、自然とビールも進みます。

久しぶりに食べた刀削麺ですが、個性的なスープの味わいとマッチした一杯でした。他にもいろいろなメニューがあったので、また、つくばに仕事で来る機会があれば食べてみたいなと思います。

↓麻辣麺
131004-1.JPG

↓刀削麺
131004-2.JPG

↓お店の外観です。
131004-3.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東