2013年10月12日

小作・甲府駅前店@山梨県甲府市丸の内

関東出張時に取得できた代休を使って甲府へ。ずっと食べてみたいと思っていた「ほうとう」をいただきに、甲府駅南口にある小作さんの甲府駅前店に訪れました。

お店は、甲府駅のロータリーを、少し南へ下るとすぐのところ。駐車場はありませんでした。

店内は木目調で、テーブル席や座敷、島状のカウンター席などが用意されています。素朴な田舎食堂的な雰囲気です。多くの女性店員さんで切盛りされていました。

メニューを見ると、ほうとうは、いろいろな種類が用意されています。スタンダードなのが、かぼちゃほうとう1100円、そこに、具をくわえることにより値段が変わるようになっています。あずきほうとうは、同じ価格で1100円。カレー入り、牡蠣入り(冬季限定)、きのこ入り、豚肉入り、辛豚肉入りは、ちゃんこ、鴨肉は、1500円前後、辛口カルビ、猪肉は2000円前後、熊肉は3000円でした。

また「おざる」という、ざるほうとう(ざるうどん的なもの)にあたるようなメニューもありました。

他にも居酒屋メニューのような感じで、ずらりと単品メニューが存在しました。山梨のご当地メニューも多数。甲州ワインやら、甲州地どり、馬刺し、鹿刺し、それとB級グルメで有名になった、とりもつ煮。夜は居酒屋さんのように使われるのでしょうね。

この日はスタンダードな、かぼちゃほうとう1100円、それとB級グルメで有名になった、とりもつ煮500円、瓶ビール600円を注文。瓶ビールは大サイズで、いくつかの銘柄から選べました。麒麟秋味を選択。

とりもつ煮、かぼちゃほうとうの順番で提供されます。ほうとうは、鉄鍋で茹でられているので、素手で触れないでくださいと注意されます。具は、かぼちゃ、ジャガイモ、里芋、ニンジン、ゴボウ、エンドウ、センマイ、白菜、ネギ、シイタケなど野菜がたっぷり入っています。

ほうとうは、平べったい麺で、きしめんより太さも幅も大きいものです。そのためか、もっちもちした食感を楽しめます。

お汁は、味噌味がほんのり、濃すぎない程度に効いていて、野菜の旨みもにじんだ味わい。麺料理というより、鍋料理ですね。少し酸味を感じるのですが、旨みたっぷりで、熱々ながらも、なんどもすすってしまいます。

具で驚きなのが、野菜の大きさ。特に、かぼちゃ、ジャガイモは、ずどーん!と大きなものを入れられています。しっかりとした味噌味も染みていて、味も良いし、なんと言ってもボリューム感に圧倒されます。

とりもつ煮は、レバーとハツを中心として、甘辛く煮込まれたもので、想像しうる味なのですが、煮込まれすぎず、食感が良く、ビールが進むものでした。

初の甲府、初のほうとう、意外とあっさりとした風味、そして、ボリューム感。野菜の存在感。とても印象に残る料理でした。信玄公からの歴史あるほうとう、再訪した際には、また食べてみたいなと思います。

↓かぼちゃほうとう
131012-1.JPG

↓ほうとうのアップ
131012-2.JPG

↓とりもつ煮
131012-3.JPG

↓お店の外観です。
131012-4.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ