2013年11月02日

ベニ屋@鳥取市末広温泉町

鳥取に来たから・・せっかくだから、鳥取カレーも食べようと・・ネットで検索。鳥取駅近くにある喫茶店「ベニ屋」さんに訪れました。

鳥取カレーと言っても、とくに定義があるわけではないようですね。鳥取県はカレーのルーの消費が日本一だとか。街中の喫茶店などで、オリジナルのカレーを出されているお店が多く、それらを総じて鳥取カレーとでも呼ばれているようです。

こちらのお店は、駅近くの商店街にある、昭和の喫茶店という外観です。店内も、まさしく喫茶店という感じです。接客も、のどかなものでした。

メニューは、喫茶店らしく珈琲や紅茶、フルーツジュースなどが並びますが、推されていたのは、カレー。それとインドミルクのカキ氷でした。カレーは、カレーライスと、カツカレー、チキンカツカレー、コロッケカレーから選ぶことが出来ます。

当初の目的通り、カレーを食べようと思い、お店の方におススメを聞くと、お客さんの好みですが、雑誌などに載るときは、チキンカツカレーが多いとのことです。なので、チキンカツカレー750円を注文。

想像より、小ぶりな器に乗ったカレーが登場します。ルーは、濃いめの色合い。そこにチキンカツが乗っています。

カレーのルーは、やや粘度が高い食感です。味は、とにかくコクがあるという感じです。ほんのりとした甘みを感じるルー、でも後味は、ほんのりとスパイシー、特に具が入っている訳でもないのですが、独特の旨みがあります。

チキンカツは、それほど厚みはありませんが、サクッとした食感。濃厚なルーと合わせてあるのか、チキン自体は、ささみ肉のような脂身の少ない部分を使っておられて、とてもあっさりとしています。

濃厚なルーと、あっさりカツ。ご飯もそれほど多くなく、喫茶店らしく、とても食べやすいカレーという印象です。カレー消費の多い鳥取県でも支持される理由が分かるような、サクッと美味しくいただける、そんなカレーでした。

↓チキンカツカレー
131102-1.JPG

↓カツの断面
131102-2.JPG

↓お店の外観です。
131102-3.JPG

↓メニュー
131102-4.JPG

131102-5.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ