2013年11月10日

久しぶりの敗戦、そしてPOへ

京都 0-2 G大阪(西京極)

前売りチケットが完売したという西京極。前売りで完売するのは初の出来事だそうです。

ただし、雨天のため客の出足が、それほど良くなく、結局のところ15380人の入場者となりました。

前半は、攻め込まれたものの、途中からガンバ相手に、キープしつつ押し込みつつあったサンガですが、ラスト一本のパス、そしてシュートが出ません。

そして、逆に二失点を許しますが、どちらも京都の選手のミスからの失点となり、残念だったと思います。

まだ昇格の可能性は残っています。POを勝ちあがれるように、メンバーの怪我からの回復なども含めて、調子をうまく上げて行ってほしいと思います。

↓バヤリッツァが故障のため、スタメン出場の内野選手
131110-1.JPG

↓本日の入場者数
131110-2.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

神戸ラーメン第一旭・元町本店@神戸市中央区元町高架通

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

神戸ラーメン第一旭の元町のお店です。

お店は、JR元町駅の高架下に存在します。赤い文字の第一旭に、さわやかな色合いの看板、意外と目立ちます。街中なので駐車場は存在しません。

店内は、細長く奥行きがある造りとなっています。テーブル席とカウンター席があり、けっこうな人数が入れると思います。お店の外観以上に、店内はこぎれいな感じがします。店員さんは、中国系の方が切盛りされています。神戸ラーメン第一旭の系列は、中国系の方が多いですね。

メニューは、京都の第一旭と同様の豚骨醤油スープのAらーめん(焼豚なし)550円、Bらーめん(チャーシュー麺)700円、Cらーめん(大盛り)900円がメイン。他に、味噌チャーシュー麺、トマトらーめん、塩らーめんなども存在します。単品メニューや、ご飯ものもあり、それらと組み合わせたランチセット(10〜15時限定)も存在します。

この日は、Bらーめん(チャーシュー麺)を注文。

神戸ラーメン第一旭の特徴は、ラーメンの下皿が銀皿です。京都のラーメンは、下皿を付けるのが老舗のお店では多いですが、銀皿なのは龍龍軒さんくらいかな・・あまり見ない気がします。

ラーメン自体は、京都の第一旭と似た感じです。少し濁った色合いの豚骨醤油スープ、そこにネギが多めに入っていて、モヤシ、メンマ、焼豚のトッピングとなっています。最初から胡椒がかけられているのは、神戸系の特徴です。

スープは、第一旭らしい豚のコクの効いた醤油スープ。京都のお店と比べると、豚の強さや、脂分、醤油の濃さも控えめで、ややあっさりとした印象を受けます。しかしながら、胡椒のピリッとした風味が効いていて、この古風な味わいのスープを、しっかりと引き締めています。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。茹で具合は、やや硬めな感じです。京都の麺に慣れている人だと、柔らかめで注文しても良いくらいかもしれません。個人的のも、そのほうがスープとのなじみが良さそうに思います。

チャーシューは、赤身肉のものが多く入っています。比較的あっさりとした味つけで豚本来の味を楽しむことが出来ます。量的には、三宮のお店の方が多く感じたかな。第一旭のチャーシューメンとしては、若干少ない感じもします。

神戸ラーメン第一旭さんは、多く存在したFC店が少なくなって、直営系が残ったためか、京都系の第一旭の店舗と比べると店舗による味の差も少ないように思います。また立地も良いためか、よく繁盛しているお店が多いように思います。このクラシックスタイルの味わいをいつまでも引き継いでほしいなと思います。

↓Bらーめん
131109-1.JPG

↓チャーシュー
131109-2.JPG

↓麺とスープ
131109-3.JPG

↓お店の外観です。
131109-4.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@兵庫