2013年12月27日

けさら@京都府木津川市山城町平尾西方儀

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

11月28日にオープンしたお店「けさら」さんです。オープン時に、新聞広告でチラシが入っていたので、いつか行ってみようかなと思ってました。何度か、お店の前は通っていたのですが、ご飯を食べた後だったり、食事時では無かったりと、なかなか機会がなく、12月末の昼食時に訪問しました。

お店は、以前「ラーメン寛」が営業されていた跡地にオープンしています。24号線沿い開橋の南側です。

外観は、白い看板を使っておられ目立ちます。駐車スペースも存在します。

店内は、お店入ってすぐのところに券売機があります。「ラーメン寛」さんが、昔ながらのラーメン職人さん風の方が切盛りされていたので、昔ながらの雰囲気を想像していましたが、若い感じのスタッフさん達で、制服も今風な感じ。店内も古びていますが、こぎれいにされています。水のサーバーなども少ししゃれた感じですし、店内のBGMも今風です。

このお店は「元祖 塩せせりらぁめん」を名乗っておられて、ラーメンメニューは、それオンリー。メニュー名としては「けさららぁめん」780円となります。これが、ごはん付きでも、なしでも同じ値段。他に、おつまみもやし120円、中村さんの生玉子100円、鶴橋のキムチ200円があるくらいでした。基本ラーメンと、ごはんをキムチで食べるか、卵かけご飯にするか・・・というような感じになるようです。

この日は、けさららぁめん780円、ごはんなしでお願いしました。

カウンター越しの厨房から、野菜・鶏肉を炒められている音が聞こえます。そして、しばらくすると登場した「けさららぁめん」。好みに応じて、柚子胡椒・胡椒などを入れてくださいと提供されます。

塩スープに、炒めたせせり、チンゲンサイ、そしてレモンが乗っています。当たり前ですがチラシの写真と同じものが登場しました。炒められているので、とても香りが良いです。

塩スープは、少し胡椒などが入っています。あっさりとしていますが、若干オイリーなのと、ほんのりとした塩の甘みの中に、ちょっとしたスパイシーな後味が残るのが印象的。

麺は、やや細めの縮れ麺を使用されています。少し硬いような茹で具合です。香ばしく食の進む、具のせせりと、チンゲンサイとの相性も良く、スープも比較的あっさりとしているので、するするといただける感じです。柚子胡椒を入れると、味の変化も楽しむことが出来ます。

ただ、ボリュームは少し少なめな感じでしょうか。量を求める方には、ごはん付きにすることをおススメします。お店の雰囲気も、少しカジュアルな感じで、どちらかと言うと女性向きのラーメンという印象。24号線の立地を考えると昼食時は、肉体系の労働者や長距離ドライバーなどが多そうで、そのニーズから考えると、美味しいのだけど・・人気出るか分からないなぁと少し心配にも思えたお店です。

↓けさららぁめん
131227-1.JPG

↓麺とスープ
131227-2.JPG

↓お店の外観です。
131227-3.JPG
posted by たぬき at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都