2014年01月15日

わら家@香川県高松市屋島中町

朝から、うどん二食を食べたのち、四国村を観光。四国村の外にある、うどん屋さん「わら家」さんに訪れました。

お店は、四国村と同様に、古い建築物である、わら葺きの民家を使用されてます。四国村は、それほど観光客がおられませんでしたが、こちらは、人気店なのか、多くのお客さんで賑わってました。

この日は昼食時、店内も広々としているのに、満席に近いような状態で活気がありました。接客は、庶民的な感じです。

うどんメニューは4種類。釜あげ、ざる、ぶっかけ、生醤油です。だしと薬味だけで、うどんの食感を味わうメニュー構成と言うところに、お店のこだわりがあるようです。他には、おでんや天ぷら、デザートと、アルコール(地ビールなどもあります)が存在しました。

この日は、お店の看板メニューでもある、釜あげうどん(並)450円を注文。

まず大きい徳利のおだし、ネギと生姜が提供されます。ネギ、生姜ともに高知産だそう。おだしは、大きい徳利で温められています。ちょっと器に移しにくいのが難点。

しばらくすると、釜あげうどんが登場。釜あげらしい、少し表面がヌメッとしてそうな見た目。角はきれいに立っています。

おうどんをいただくと、しっかりとしたコシを感じる食感。太めの面で、歯ごたえもあります。小麦の風味もよいものです。

そして、おだしがイリコの風味と昆布の風味を感じるのですが、他にも何か使われているのでしょうか。とても濃厚で旨みたっぷり、コクがあります。素直に旨い!と思える味わい。うどんそのものも高レベルなので、おだしと合わさると、かなり好印象です。

何度も、うどんをおだしに付けては、その味と食感を楽しみ、そして生姜も投入してみます。この生姜も香りが良くて、味が引き立つ感じですね。

観光地にあるような、おうどん屋さんかなと思っていましたが、特にだしの味わいにこだわりが感じられ、驚くような美味しさがありました。いつか他のメニューも試してみたいお店です。

↓釜あげうどん(並)
140115-1.JPG

↓うどんのアップ
140115-2.JPG

↓おダシと薬味
140115-3.JPG

↓お店の外観です。
140115-4.JPG
posted by たぬき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ