2014年02月18日

城好@奈良市二条町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大和西大寺にある中華料理店「城好」さんです。店舗は西大寺の駅から、奈良ファミリーの前を通り、デイリーヤマザキのある交差点にあります。

お店は複数ある店舗の一つとして入っています。昔ながらの中華料理店という外観。黄色いテント看板と「ラーメン」の赤ちょうちんが目印です。お店の前に駐車できるスペースが存在します。

店内は、カウンター席とテーブル席が存在します。どことなくユニークな置物があったり、雰囲気としては悪くない感じがします。それと思うことは、BGMもなく、テレビも無い店内。調理されている時間を除くと、とにかく静か。落ち着いたゆったりとした空間が、そこにはあります。

お店は、老年の男性店員さん二人で接客、調理ともに切盛りされています。庶民的な接客で素朴な印象です。

メニューは、麺類はラーメン430円から高いもので冷麺650円まで。ご飯ものも同じような価格帯で安め。ただ一品料理は、餃子280円を除くと800円前後で、そこそこの価格かなという印象。

1000円前後のランチの定食、それと平日は日替わり定食650円もあるようで、それはお得なのかもしれませんね。ランチ定食には、エビの天ぷらが、どのメニューにも入っているので、看板メニューなんでしょうか?一品料理にもエビの料理が多いように思いました。

この日は、メニューの中から、チャンポンと、かたい焼そばで悩みましたが、この日は雪が舞う極寒。身体が冷え切っていたので、チャンポン530円、それと餃子280円を追加でいただきました。

登場したチャンポンは、醤油スープに野菜などたっぷり、そこに餡かけを乗せたものです。写真の通り、熱々でものすごい湯気が出ていました。具は、溶き卵、小エビ、豚肉、キャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン、豚肉などです。奈良や天理でチャンポンを注文すると、このタイプがよく登場しますね。ご当地メニューとして、売りだしても良いのでは?と思ったりすることがあります。

スープは、餡が乗っているため、熱々を保っています。味わいは、鶏ガラベースの醤油スープだと思いますが、ほんのりと甘く優しい感じです。

麺は、多加水の細ストレート麺を使用されています。昔ながらの中華麺と言う感じで、少し安っぽい感じです。とても柔らかく、粘度のあるスープと具との絡みは良いものでした。それと具もそこそこ量が入っています。それぞれの具が小さめにされているので、麺と絡めて食べやすいものでした。

また餃子の方は、身に野菜、ニンニク、肉がしっかりと詰まっている感じで、7個入り。これで280円は、お得かなと思いました。

底冷えのするこの日。奈良の熱々チャンポンは、やっぱり身体が温まりますね。いただいた後は、しばらくポカポカと温もって、外を歩くことが出来ました。

↓チャンポン
140218-1.JPG

↓麺とスープ
140218-2.JPG

↓餃子
140218-3.JPG

↓お店の外観です。
140218-4.JPG

↓メニュー
140218-5.JPG
posted by たぬき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良