2014年02月20日

尾張ラーメン第一旭・錦店@名古屋市中区錦

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

尾張ラーメン第一旭の錦店です。店舗は栄駅の近く、街中のビルの1階にあります。街中なので駐車場は存在しません。

ビルの中、尾張ラーメン第一旭のマークでもある「旭」を簡略化したマークの書かれた赤い暖簾をくぐっていくと通路右手に店舗が細長くあります。2つ扉が合って、奥が入口、手前は出口となっています。

細長い店内を一直線にカウンターがあるだけの店内。店内は、入口から出口への一方通行になっているので、空いているカウンター席に座ることとなります。この日は、ベテランの男性職人さん一人で切盛りされていました。接客も昔ながらのラーメン店といった感じです。

メニューは、尾張ラーメン第一旭の一宮本店と比べると多く存在します。肉なし690円、ラーメン(チャーシューメン)790円、辛味にんにくラーメン880円、特製ラーメン(麺1.5倍、チャーシュー2倍)1080円などが、醤油スープのラーメン。本店より、やや値段が上がっているのは市内価格というところでしょうか。

他に尾張名古屋のみそラーメン880円があったり、バリつけ麺880円があったりします。本店にはなかったトッピングも可能です。単品メニューも、まかない丼、ギョーザなど本店に存在しないものがありました。

この日は、ラーメン790円を注文しましたが、本店では、小ぶりな器だったことを思い出し、肉肉トッピング+200円を追加。

登場したラーメンは、やはり小ぶりな器(一般的なラーメン店でいう小サイズ)ですが、これでもか!というチャーシューが、何層にも乗せられています。まさに「肉肉」トッピング。醤油スープは、本店と比較すると濁っています。他にトッピングはネギとモヤシ少々。これが少ないのは、京都の第一旭と異なる点です。また下皿が銀皿なのも尾張ラーメン第一旭の特徴で、神戸ラーメン第一旭などと共通です。

スープをいただくと、尾張ラーメン第一旭の本店と比べると、比較的豚のコクが強めで、まろやかな旨みがあるのが印象的。醤油も濃い目で、ややこってりとした醤油スープをいただくことができます。個人的には、こちらの店舗のスープの方が好みかなと思いました。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。こちらも尾張ラーメン第一旭の特徴でパンに用いる小麦を使われているとのこと。この店舗では本店でいただいたときと比較すると、しっかりとコシを残した硬めの茹で具合に感じました。

それとチャーシュー。まずラーメンを食べ始める時も、麺にたどり着くには、数枚は食べないといけないくらいの量が入っています。薄切りにスライスされたモモ肉で、脂身はとても少なく、ややパサ付いた感じがあります。ただ脂身が少ない分、とても食べやすくヘルシーな感じがしました。しかし、このボリューム感はチャーシュー好きには、たまらないものがあります。

尾張ラーメン第一旭の本店と比べると、少しまろやかなスープ、それとトッピングの自由度など、こちらのお店の方が、個人的には好みかなと思いました。味わいも京都の第一旭と近く、食べやすい一杯だと思います。またいつか訪問したいお店です。

↓ラーメン+肉肉トッピング
140220-1.JPG

↓チャーシュー
140220-2.JPG

↓麺とスープ
140220-3.JPG

↓お店の外観です。
140220-4.JPG
posted by たぬき at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他