2014年03月23日

らーめん離宮@京都市西京区下津林水掛町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

桂高校の近くにあるラーメン店「らーめん離宮」さんです。

店舗は長い平屋建てで、赤いラーメン提灯が目印です。お店の裏側に、小さいですが駐車場がありました。

店内は、やや暗めの照明で、落ち着いた雰囲気です。カウンター席、座敷、テーブル席があり、そこそこの人数が入れそうでした。若い男性店員さん2人で切盛りされています。個人的には、この2人が私語が多く、あまり良い接客には思えませんでした。

ラーメンメニューは、こってりラーメン、塩ラーメン、ラーメンの3種類。全て並650円、大750円、小550円となっています。肉増しは+200円。単品メニューもそこそこあり、それらと合わせたセットメニューも存在します。

この日は、こってりラーメン・肉増しを注文。麺は細麺か中太麺で選択できるそうで、細麺にしていただきました。

登場したラーメンは、鉢一杯にチャーシューが乗っており、煮玉子、ネギ、モヤシ、メンマがトッピングされています。スープを見ると、かなり濃厚そうに見えます。スープには、辛子味噌?か何かが最初から溶かれています。

こってりスープは、鶏ガラ、豚骨をまる2日間煮込んだものとのこと。その濃度は、かなりのものでレンゲを沈めるのにも力がいるくらい。天下一品と似ている感じもしますが、よりざらつき感があります。ゼラチン質の粘度や脂っこさは少なく、高濃度なのに飲みやすいのが特徴です。

ただ残念な点としては、鶏・豚骨の旨みが足りないのか平たい味わいに思えること、それとモヤシ。モヤシが水っぽくて、さらに量も多く・・せっかくのこってりスープを薄めてしまっています。これは必要ないのではと思いました。

麺は、かなり細めの低加水ストレート麺を使用されています。予想より細くて驚きましたが、高濃度のスープのため、この細麺がスープを絡める絡める。食べ終わる頃には、スープが少なくなっている状態でした。

チャーシューは、薄味のロールチャーシューを使用されています。こってりスープとの相性を考えると、あくまで脇役という感じでしょうか。量は多く、食べ応えはありました。

最初の接客の第一印象がイマイチで、期待していなかった、こちらのラーメン。その高濃度スープは、かなりのもので、ドロドロ系が好みの方には良い選択肢の一つになるお店だと思います。他のラーメンも気になるお店です。

↓こってりラーメン・肉増し
140323-1.JPG

↓チャーシュー
140323-2.JPG

↓麺とスープ
140323-3.JPG

↓お店の外観です。
140323-4.JPG
posted by たぬき at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

逆転勝利

富山1-2京都(富山県総合運動公園)

昨年に続いての富山県遠征。立山連峰が見渡せる美しい陸上競技場での観戦です。

試合は、前半はカウンターを多用する富山に決定機を数回作られ苦しみます。1度のチャンスも富山GKの水谷(元京都)に阻まれます。

後半は、京都にもパスがつながるシーンが増え、決定機をいくつか作ることが出来ました。得点は、駒井が取ったPKを大黒が決めたものと、フリーキックのトリックプレーからのバヤリッツァのヘディングシュート。両方とも水谷は、きっちりと反応していて、やはり手ごわいキーパーだなと言う印象でした。

次の試合からは、90分通して、自らのペースを保てるよう期待したいところです。

↓富山総合運動公園
140322-1.JPG

↓コーナーキックのシーン。相手キーパーは水谷。
140322-2.JPG

↓試合後の挨拶
140322-3.JPG

↓バドゥ監督の奥さんもサポーターに挨拶されてました。
140322-4.JPG

↓スタジアムからは美しい立山連峰が見渡せます。
140322-5.JPG
posted by たぬき at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー