2014年04月26日

GW初戦

京都0-0愛媛(西京極)

先週の松本と打って変わって・・・暑いくらいの西京極。GW初戦です。

試合内容は、暑さもあるのか運動量もやや少なめ。それと松本戦で見ることが出来た、スペースへの動き、スペースへのパスが少なくなり、やや鈍い動きの試合でした。これは、愛媛が守備的でカウンター狙いをされていたことも理由の一つだとは思いますが。

結局スコアレスドロー。見どころは、試合後、挨拶に訪れた現在、愛媛の正GKとしてがんばっている児玉がサンガサポーター席に挨拶に来たシーンでしょうか。元気で、これからもがんばっていきますと挨拶して、拍手を浴びていました。

↓愛媛の一平くんとパーサ君
140425-5.JPG

↓試合後の選手たち
140425-6.JPG

↓児玉!
140425-7.JPG
posted by たぬき at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

北のおやじ@福井市中央

福井駅構内のプリズム福井の中にある回転寿司屋さん「北のおやじ」さんです。この日は、日曜の夕方、サンダーバードが思っていた時間に席を取れなかったので、夕食と電車までの時間つぶしに入店しました。

店内は、中央で職人さんが握っておられ、それを囲うように回転レーンが並んでいます。カウンター席のみで駅の回転寿司屋さんらしいつくりでした。

メニューは、お皿によって値段が変わるタイプです。100円〜500円くらいだったと思います。北陸の地場の魚介を売りにされている模様。そこそこ価格帯は安めのものが多くて、とても使いやすい値段設定だと思います。

この日は、瓶ビールを注文し、電車までの待ち時間も、ものすごく長いわけではなかったので、以下のものを注文。

マグロ赤身・・毎週日曜日は、店内でマグロの解体実演をされるそうです。この日、赤身は100円で出されていました。中落ちは品切れとのことで、こちらをお願いしたのですが、鮮度も良く、身も大きく100円にしては大満足の一品。出来れば中落ちも食べてみたかったな。

カジキ中トロ・・先月、富山でいただいたのが美味しかったので、食べてみました。ネタは大きいのですが脂ののりは、それほどでもなかったかな。

カジキトロ・・これもネタはとても大きくて良い感じ。脂ののりは、中トロと同じく、それほどまで感じられませんでした。

スズキ・・身がプリッとしていて、あっさりとした中にも旨みあり。

へしこ・・へしこって、あまり食べる機会がないので注文。これがとても香ばしくて旨みもあって、ビールに良く合う。寿司だけでなく単品でも注文しても良かったかも。

会計をするとビール代金含めて、ジャスト2000円くらいだったと思います。安くて良いなぁ。それと私と同じように、電車待ちで使われている方が多い様子で、サンダーバードの到着20分前くらいには、続々と会計され混みました。そのあたりは、電車待ち利用の方は注意が必要かも。

あまり期待もせず入ったお店ですが、お手頃価格で、地場の魚介を使った寿司を食べることが出来る、なかなか悪くないお店だと思います。

↓マグロ赤身、カジキ中トロ
140425-1.JPG

↓カジキトロ、スズキ、へしこ
140425-2.JPG

↓瓶ビール
140425-3.JPG
posted by たぬき at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月24日

ヨーロッパ軒・やしろ支店@福井市渕

ソースカツ丼で有名なヨーロッパ軒のやしろ支店です。お店は、運動公園の近くにあります。

この日、福井の運動公園にいた私は、他のお店に行くつもりでしたが、歩いている途中、急に雨が降り出し、ヨーロッパ軒の道路看板が見えたので、雨宿り的に入りました。

お店の前には、駐車場が完備されています。

店内は、広々としていてカウンター席、テーブル席があります。かなりの人数が入れそうです。けっこう盛況で、ほぼ満席だったと思います。接客もとても丁寧で好感が持てるものでした。

メニューは、カツ丼880円(カツ3枚入り)がメインですが、他にもエビ丼、パリ丼(ミンチカツ)、黒毛和牛ビーフカツ丼なども存在します。丼ぶりだけでなく、カツを中心とした洋食メニューが豊富に存在します。

この日は、以前、総本店では大カツ丼(カツ4枚入り)を食べたのを思い出し、他の味もと・・ミックスエビ丼(カツ2枚+エビ1枚)980円を注文しました。

単品メニューですが、お茶とお漬物も付いて提供されます。カツが大きいので、上蓋が浮いた状態で提供される丼ぶり。期待が高まります。

ウスターソースに付けられたポークカツは、かなり大きめ。ポーク自体は、厚みが意外と薄めなのですが、カツのサクッとした食感と、脂身も少なく、かなり食べやすい感じです。これとご飯の相性は良く、どんどん食が進みます。

そして、エビ。こちらは、カツ以上に厚みがある身がしっかりしたもので、かなり好印象。フライのさくっとした食感と、エビのぷりぷり感がたまりません。ウスターソースの味も合いますし、このエビ、かなりヒットです。

それと不思議と漬物は和風な感じがするのに、ソースの味と意外と合うのも面白い発見。全てがご飯に良く合うようにミックスされているような感じがしました。

突然の雨と言うアクシデントもあり、久しぶりに訪れたヨーロッパ軒ですが、初めて食べたエビの味は、かなり良かったです。次はミンチカツなども食べてみたいものです。

↓ミックスエビ丼(カツ2枚+エビ1枚)
140424-1.JPG

↓提供された時の姿。上蓋が浮いてます。
140424-2.JPG

↓お店の外観です。
140424-3.JPG
posted by たぬき at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月22日

いきいきうどん・京都店@京都市中京区御池通室町

さぬきうどんの本場、香川の「宮武讃岐製麺所」がチェーン展開しているセルフ式うどんやさん「いきいきうどん」の京都のお店です。

この日は、朝の10時頃、近くをうろうろ。お腹が空いていたので、このお店なら営業されているなと訪れました。正直、前回はイマイチな印象だったので期待せず入店。

かけうどん(小)を注文。そして、天ぷらを取るときにおや?と・・前回は冷めてそうだった天ぷらが揚げたて感あるものがたっぷりと置かれています。ゲソ天、鶏天を取り、ポテトサラダも取りました。合計600円くらいだったと思います。

かけうどんのだしをセルフでかけて、席に付きいただきます。

うどんは、角がきれいに立ったもの。そしてかけだしは、澄んだ色合いです。うどんは、温かいだしの中でも、そこそこもっちりとした良いコシを保っています。小麦の風味も良い感じです。

それとだしの風味がイリコがほんのりと効いている、あっさり目の味わい。味わった瞬間に、あ!香川の本場の味だぁと思い出します。

天ぷらは、どちらも身が大きいし、かなりボリューム感あり。揚げたて感ありで満足度の高いものです。

久しぶりに入ったこちらのお店。以前は、かなり期待はずれ感が大きかったのですが、その後、何軒も香川で食べ歩いたこともあり、今回訪れた時の印象は、うどん、かけだしは本場の味そのもの。それに天ぷらなどもずっと良くなっていて、かなり満足できました。

京都の街中で、本場の味を楽しみたかったら、また使ってみたいなと思えるお店となりました。

↓過去の記録
いきいきうどん・京都店(1)

↓かけうどん(小)
140422-1.JPG

↓うどんのアップ
140422-2.JPG

↓ポテトサラダ、ゲソ天、鶏天
140422-3.JPG
posted by たぬき at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月21日

和食さと・堅田南店@大津市今堅田(2)

和食さとの堅田南のお店です。

この日は、日替り海鮮丼ランチ(税込745円)を注文。これは曜日によって、海鮮丼の内容が変わるというもの。この日は土曜日で、海鮮極み丼となっていました。ミニ麺も付きますので、ざるそばをお願いしました。

海鮮丼の内容は、エビ、イカ、貝柱、タコ、アジ、玉子、紫蘇、生姜が乗っています。丼ぶり自体は小ぶりなのですが、そこそこ海鮮も多く入っていて、さっぱり食べやすいです。ご飯は、曜日によって異なるようですが、この日は酢飯を使われていました。

お蕎麦のほうも、以前より蕎麦の色合いが濃くなったような気がしたのですが、気のせいかな。この日だけかもしれませんが、蕎麦の風味が出ていて、意外と美味しく感じました。

この日替わり海鮮丼ランチ、この価格で海鮮丼+ミニ麺という内容は、なかなかの値打ちものです。海鮮をさらに楽しみたい方は+200円で海鮮倍量にも出来るようです。

↓過去の訪問記録
和食さと・堅田南店(1)

↓日替わり海鮮丼ランチ
140421-1.JPG
posted by たぬき at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

松本山雅戦2014

松本2-2京都(アルウィン)

毎年楽しみにしている松本遠征。今年も車でひとっ飛び。松本山雅戦に訪れました。

素晴らしいスタジアム、素晴らしい応援。松本山雅のサポーター、スタジアムの空気は、本当にリスペクトすることに値します。

この日、松本は、まだ桜が満開。気温も京都に比べると寒いくらいで、しかも風が強く・・寒さで凍えるような観戦でした。

試合は、前半が向かい風、後半が追い風という環境。これまで多用してきた一本の縦のロングパスを封印したようなサッカーは、昨年の大木サッカーを思い出すかのよう。しかしながら、ワイドに開かれたフォーメーションで、左右の揺さぶりが入り、非常に良い攻撃が出来ていました。

失点は、PKとセットプレーから。流れの中で、大きく崩されたシーンは少なく、どちらかというと京都が試合を支配していたと思います。決定機を多く外したのは問題ですが、ようやく運動量、コンパクト、ワイド。バドゥ監督の求めている攻撃的なサッカーが体現出来てきたように思いました。

このような試合なら何度でも見たいです。この日の試合内容であれば、結果は付いてくると思うので、どれだけ続けられるかにかかってくると思います。

↓松本山雅サポーターの素晴らしい応援(1)


↓松本山雅サポーターの素晴らしい応援(2)


↓試合後の選手たち
140421-2.JPG

↓バドゥさん
140421-3.JPG
posted by たぬき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2014年04月20日

喜喜天@京都府城陽市平川大将軍(3)

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

城陽・平川にある「喜喜天」さんです。使いやすいラーメンレストラン風のお店で、味もそこそこ良くて重宝します。

この日は、喜喜天特製と書かれていたのが気になって、白ネギラーメン690円のチャーシュートッピング+200円を注文。

登場したラーメンは、予想していたよりもシンプルな見た目。醤油スープの表面には、脂分が多めに浮いていて、唐辛子が浮いています。他にチャーシュー、糸唐辛子、白ネギ、ニンニクチップ、すりニンニクなどがトッピングされています。白ネギラーメンというわりには、白ネギは少なめです。

スープを飲むと、和風な風味を感じる醤油スープです。唐辛子がトッピングされていますが、辛味は少なめです。ただ脂分が多めなのとニンニクが効いているので、和風ながらもジャンクな味わいを楽しめます。

麺は、多加水の中細ストレート麺を使用されています。食感は普通くらいです。それとスープに加えられている白ネギが多めの脂と、うまい具合に合わさり、しんなりとした食感、風味を楽しませてくれます。麺との絡みも良く、これが白ネギラーメンの楽しみなのかなと思いました。

チャーシューは、薄切りのものが5枚ほど。柔らかみもあり、脂身もそこそこ。味は美味しいのですが、もう少しボリュームがあれば良いなとも思いました。

白ネギラーメンは、和風の落ち着いた味と、ジャンクな味わいを両立させたような個性的なものでしたが、不思議と親しみやすい味で、何度でも食べたくなるような一杯だったと思います。

↓過去の記録
喜喜天(1)
喜喜天(2)

↓白ネギラーメン+チャーシュートッピング
140420-1.JPG

↓チャーシュー
140420-2.JPG

↓麺とスープ
140420-3.JPG
posted by たぬき at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年04月18日

びわ湖バレイ@滋賀県大津市

4/12に訪れたびわ湖バレイ。関西にしては遅咲きの桜を楽しめるので、訪れてみました。大津市ですが、いわゆる昔の志賀町、北の方にあります。

ここは、近づくと分かるくらい、びわ湖バレイの山麓の麓がピンク色に染まっています。ゲレンデに行くロープウェイのふもとの駐車場付近が桜が満開。

琵琶湖を眺めながら、京都、大阪近辺からのアクセスも良い、気軽に桜を楽しめる場所として重宝されそうな場所です。

↓駐車場周辺の桜が満開でした。
140418-5.JPG

140418-6.JPG

140418-7.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

天天有・四条烏丸店@京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天天有の四条烏丸店です。お店は、COCON烏丸の中にあります。この日は、地下鉄-阪急乗換え時に、サクッと食べたくて立ち寄りました。

店内は、厨房を囲うようにカウンター席が円状に並べられているシンプルなつくりです。とてもきれいで、ラーメン店にしては、雰囲気も落ち着いています。

メニューは、中華そば680円を大盛りにするかチャーシューメンにするかで値段が変わるようになっています。他に中華そば(黒)という新メニューも存在します。サイドメニューは、ごはん類、キムチ、餃子くらいでシンプルなメニュー構成です。

この日は、チャーシューメン(並)830円を注文。実は、注文後に、中華そば(黒)があることに気が付いて、一度食べてみたかったのに・・と後悔。メニュー表にも表示してくれてると良いのですが、中華そば(黒)は小さく、テーブルの上に表記されているのみです。

登場したラーメンは、チャーシューが鉢一杯に乗せられたものです。スープは、茶白色に濁っていて、ネギ、細めのメンマ、モヤシがチャーシューの下にトッピングされています。

スープは、鶏ガラを煮込んだ、そこそこゼラチン質の粘度を感じる、こってり系です。ほんのりとした甘さと鶏ガラの旨みも出ていて、なかなかのもの。ただトッピングのもやしは、こってりスープを薄めるようで合ってないかもと思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。食感が意外なほど硬めで、個人的には、柔らかめで注文しても良かったかなと思いました。

チャーシューは、薄切りの脂身が少ないものが多く入っています。味つけは薄めで、スープと絡めていただくとちょうど良い感じです。量も多めで、食べ応えがあります。

天天有さんは、本店以外の店舗は、工場で一括してスープなどを作っておられるとのことですが、スープの味自体は、なかなか本店の味を再現して美味しいように思います。チャーシューや具などは、ちょっと安っぽくも思う気がするのですが、京都のクラシックスタイルのこってり系のラーメンを味わうのには、良いチェーンだと思います。

↓チャーシューメン(並)
140418-1.JPG

↓チャーシュー
140418-2.JPG

↓麺とスープ
140418-3.JPG

↓メニュー
140418-4.JPG
posted by たぬき at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年04月16日

とんとん@京都府相楽郡精華町菱田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄・狛田駅、JR下狛駅の近くにあるお店「とんとん」さんです。以前は24号線沿いにも別店舗(山城店)がありましたが、そちらを閉められ、こちら1店舗で営業されています。

店舗は、黄色いテント看板でよく目立ちます。お店の前に3台分ほど停められる駐車場が存在します。

こちらの店舗は、一時期、改装されていたのですが、店内の作りは昔と変わらない感じ。ただ店内に製麺室が出来ています。カウンター席と座敷がある昔ながらの中華店という雰囲気。お店は2人の男性職人さんが切盛りされています。一見、無愛想に見えるのですが、話し出すと、とても笑顔で接客も丁寧です。

メニューは、豊富な中華料理や定食料理が並びます。それと、ラーメンにもこだわりを持たれてます。しょうゆ・みそ・しおの3種類のラーメン、坦々麺、玉坦麺、スタミナラーメン、牛スジカレーラーメンのほか、新メニューとして、もつラーメン、鶏そばなども存在しました。

この日は、鶏そば650円の厚切りチャーシュートッピング+150円を注文。

登場したラーメンには、ラーメンと、鶏肉で作った坦々鶏ミンチが小皿で添えられます。味に変化を付けるため途中で投入してみてくださいとのこと。

ラーメンは、鶏そばというと最近流行りの鶏ガラのどろ系スープかなと思っていましたが、異なる模様。塩スープに、斜め切りのネギ、糸唐辛子、海苔、煮玉子、厚切りチャーシュー、唐揚げがトッピングされています。

スープをいただくと、あっさりとした風味なのですが、予想以上にスパイスが効いているのと、ピリッとした辛味があります。これが本格的な坦々麺を思い出すような独特な刺激感があり、あっさりなのに癖になるような味わいです。

麺は、全粒粉の中太縮れ麺を使用されています。これも数年前から自家製で取り入れられているようですが、もっちりとした食感が合って、なかなかのものです。途中で坦々鶏ミンチを入れると、さらに坦々麺風の美味しさを楽しむことが出来ます。

唐揚げは、あっさりとしたささみ肉のようなものを使っておられ、スープの味を邪魔しないものですが、大きく存在感があります。それとチャーシュー。150円で1枚のみのプラスなのかな、少ないな・・と思っていたら、これが2cmはあるなと言う超厚切り。味もしっかりと入っていて柔らかみもある中華料理屋さんらしい本格派。かなりの食べ応えです。

こちらのとんとんさんは、山城店も含めて、10年くらい前に入ったことが数回あります。その当時は、印象に残るような味ではなく、再度足を運ぶことが少なくなっていたのですが、2年前に訪れた山城店での感想は「美味しくなったなぁ」と、そして今回、また訪れて「やっぱり美味しくなった!とんとん」。本当に麺もスープも美味しいなぁと、また入りたいなという感想です。

↓鶏そば+厚切りチャーシュートッピング
140416-1.JPG

↓厚切りチャーシュー
140416-2.JPG

↓麺とスープ
140416-3.JPG

↓お店の外観です。
140416-4.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年04月15日

福井市内を歩く(2)

福井駅前マラソンのあと、福井市内散策。福井城の続きです。

福井城を出て、すぐ北にある福井市立郷土歴史博物館を目指します。その前に大きな通りがあって「さくら通り」と名付けられています。こちらも見事に両脇に桜並木が植えられています。福井市は、ほんとうに桜の町だなぁ。

↓さくら通りの桜並木
140415-1.JPG

140415-2.JPG

次は郷土歴史博物館へ。入館すると、隣の養浩館庭園とともに入園券が、駅前マラソン出場者は割引になるとのことで、ちょっとお得感がありました。

この日は、特別展として「合戦」という展示をされていて、主に合戦屏風の展示と、そこに描かれている各場面の解説です。福井や柴田勝家、朝倉義景に関連する合戦のみならず、長篠、小牧長久手、関ヶ原、大阪の神など多くの合戦の開設があり、戦国好きには良い内容でした。

↓合戦
140415-3.JPG

続いて養浩館庭園へ。梅は、季節も終わりということで、花がほぼ散っていたのが残念でしたが、それほど広くない敷地ですが、とても静かな空間が広がっていて、個人的には、とても好みの雰囲気でした。

ここでゆっくりとして、その後は福井駅→関西へと。ハーフマラソン&福井市内観光の1日でした。

↓養浩館庭園
140415-4.JPG

140415-5.JPG
posted by たぬき at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2014年04月14日

龍の鈴@京都市左京区山端大城田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

修学院駅の近くにあるラーメン店「龍の鈴」さんです。お店は一乗寺から続く、いわゆるラーメンストリートを北上すると存在します。

お店の外観は一軒家の1階をラーメン店に改装したような感じで、赤い暖簾が目印となります。駐車場は存在しません。

店内はカウンター6席のみの狭いスペース。ただ店内はこぎれいですし、夫婦と思われる男女で切盛りされているのですが庶民的で親しみやすい接客です。

メニューは、とんこつラーメン、とんこつラーメンHOT(にんにく辛味入り)、たまとじラーメン(特注の玉子ちぢれ麺と玉子とじスープ)、ちゃんぽんの4種類。他にはごはん類があるくらいでシンプルなものです。

メニューの裏面を見ると、それぞれの詳しい説明がかいてあります。とんこつ、たまとじは麺屋棣鄂さんの麺を使用されていて、それぞれ麺の種類を変えておられるそうです(たまとじは玉子ちぢれ麺)。ちゃんぽんは、中金製麺さんの麺を使用されているそうです。

この日は、とんこつのチャーシューメンを注文。

鉢一杯にチャーシューが敷き詰められたラーメンが登場します。とても美しい白濁した豚骨スープ。そこにチャーシューとネギが多めにトッピングされています。スープには、わずかに一味?のようなものが浮いています。

スープをいただくと、豚骨のコクがしっかりとでたマイルドなスープ。説明書きにはあっさりと書いてありますが、そこそこの濃さもあります。塩加減もちょうど良い感じで、後味も引き締まる感じで、かなり高レベルと思える豚骨スープです。少し残念に思うのは、ネギが多いので、ネギの風味が素晴らしい豚骨スープの邪魔をしちゃっているところでしょうか。

麺は低加水の細麺ストレートを使用されています。そこそこの食感があり、スープとの絡みも良いものです。

チャーシューは、脂身が少ない赤身部分を使用されています。食感が強めで、豚肉そのものの味を楽しむことが出来ます。量もたっぷりなので、食べ応えも十分です。

こちらのお店は、ちゃんぽんも売りにされているようですが、豚骨のスープは、なかなかのもので、京都市内で豚骨を楽しみたい時には、選択肢のひとつになりそうなお店です。ちゃんぽんも一度食べてみたいものです。

↓とんこつチャーシューメン
140414-1.JPG

↓チャーシュー
140414-2.JPG

↓麺とスープ
140414-3.JPG

↓お店の外観です。
140414-4.JPG
posted by たぬき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年04月13日

ホーム3戦目

京都2-2山形(西京極)

ホーム3戦目。この日も引き分け。今シーズン、ホームでは全て引き分けとなりました。

内容としては、前半は出足の鋭い山形に対して、攻めあぐねます。ただサンガの守備自体も、そこそこしっかりしており、山形の決定機も少なかったように思います。

後半は、徐々にサンガペースの時間も増えましたが、山形の得点は、フリーキック直接と素晴らしいミドルシュートでのもの。ミドルシュートは、シュートコースを消すことが出来なかったことに課題が残ると思います。

サンガは二得点とも大黒。山瀬や駒井、アレッサンドロ、三平にも決定機がありましたが決められず。チャンスを増やすことと、決定率を高めることも課題となりそうです。

↓試合後の選手たち。
140413-1.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2014年04月12日

麺場 力皇@奈良県天理市別所町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

プロレスマニアで相撲好き。しかも全日本→プロレスリングノア派の私。こんなに緊張してラーメン店に訪れるのは初めてかもしれない。わざわざ有休を取って、他のお客さんがおられないような平日の14:30ごろに訪れました。

そう。この店は元力士→プロレスリングノアで活躍した力皇のお店。正式デビュー前の全日本プロレスでのバトルロイヤル参戦に始まり、ノアでの活躍。三沢の指名を受け小川・村上と戦ったあのぶちかまし!たけし軍団と高山に揶揄されながらも、NO FEARを圧倒したタッグ戦。そして絶対王者・小橋建太を破ったGHCヘビー級。

私はずっと見続けていたし人柄も知っているつもり。その力皇がラーメン店を開いているのだ。

お店は169号沿い。複合店舗の入るビルにお店を構えておられます。駐車場は多く停められるようになっています。

駐車場に停めていると・・力さんが、いきなりお店を出て、なにやら車から素材を運んでおられました。心臓がバクバク。興奮が収まらない私。

力さんがお店に入るのを見届けてから、深呼吸してお店に入ります。とてもきれいなお店。力皇のイメージからして、体育会系の店舗と思っていたら、おしゃれだし女性にも入りやすい、そんな店内です。カウンター席とテーブル席がありました。力さんとアルバイト風の男性店員さん二人で切盛りされています。

そして客は私一人。力さんと話したいのに・・それを狙って、この時間帯にお店に入ったのに、緊張しすぎて言葉がでない。ラーメン店でも居酒屋でも平気でお店の人と会話できるのに、この日は違う(^^; 私の中では力さんはラーメン店員ではなく、やはりGHCヘビー級王者なのです。

すぐに気が付くのは、レスラー仲間や、力士仲間からの贈り物がさりげなく飾ってあることです。

メニューは、シンプルに力皇らーめん750円をメインにされていて、それとトッピングで値段が変わるようになっています。トッピングにぎょうざと書かれていたのですが、これはラーメンに入るのかな・・・?

そして、緊張の一瞬が訪れます。力さんが直々に私に、メニューを聞いてくださり、力皇麺(全部のせ)を注文しました。この時、過去の試合の感想でも、なんでも話せば良かったのに、なにも言葉が出せなかった私。なんと小心者なことか(><; 力さんに、にんにく入れても良いでしょうか?と聞かれて、入れてくださいと答えるのが精いっぱいでした。

しばらく待って登場したラーメン。でっかいチャーシューが3枚どーんと乗っています。つくね、煮玉子、チャーシューの下にはキャベツ、玉葱のみじん切り、もやしがトッピングされてます。スープは、白濁して泡だった豚骨醤油スープです。

スープをいただくと、すぐにわかるニンニクの強さ。それと豚骨の旨みもしっかり出ています。ものすごく濃い感じではありませんが、しっかりとした旨みがあり醤油もマイルドで飲みやすいものです。

麺は、新潟、燕から取り寄せたと言う、太めの多加水縮れ麺を使用されています。もっちりとした食感が楽しいタイプの麺です。

そしてチャーシューは、かなりの大判。味つけは薄めですが存在感があります。豚本来の味を楽しめるタイプで迫力がありました。またつくねもコリコリ食感が素晴らしく、スープとの相性が良かったです。

食べている途中も、何度も力さんに話しかけようとして、結局、ひと声もかけられず・・・

しかしラーメンは、力皇の必殺沢「無双」のような豪快さも見せつつ、非常にまじめな人柄を表したようなマイルドスープ。予想以上に完成度の高いラーメンでした。

帰るとき、丁寧に何度もありがとうございました!と力さんが頭をさげてくださったのですが、こちらとしては、今までのレスリングでの感動ありがとう、また来ます!と心の中でだけ、思ってました。

帰宅後、何度もyoutubeで、過去の力皇の勇士を見て、一日中興奮が冷めない私。次行く時は、しっかりと、感謝の気持ちを伝えなければと思っています。

↓力皇麺(全部のせ)
140412-1.JPG

↓チャーシュー、つくね
140412-2.JPG

↓麺とスープ
140412-3.JPG

↓お店の外観です。
140412-4.JPG

↓メニュー
140412-5.JPG
posted by たぬき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年04月11日

福井市内を歩く(1)

福井駅前マラソン出場後、昼食を取り、そのあと運動公園から駅に向かってゆっくり歩きます。

本当は、途中にある足羽山公園の桜が見てみたかったのですが、雨が降ったりやんだりを繰り返していたので、断念。歩いて30分もすれば、もうひとつの桜の名所「足羽川」へ。

こちらは、川沿いに立派な桜並木があり、市民の方や観光客の方が散策されていました。天気が良ければ、もっと美しいのだろうな。

↓足羽川
140411-1.JPG


続いて足羽川を渡ると、柴田勝家が築いた北の庄城跡に、柴田神社と、小さな城跡、資料館があります。こちらの資料館は小さいのですが戦国好きには、なかなか見応えがあるもの。

柴田勝家と言えば猛将として有名ですが、それだけでなく人情味の熱い人柄もよく伝わる内容です。城跡には、柴田勝家像や復元された北の庄のミニチュア天守閣、お市の方や浅井三姉妹の像なども存在します。

↓北の庄ミニチュア天守閣
140411-2.JPG

↓勝家公
140411-3.JPG


北の庄城跡から、少し東へ行くと、結城秀康が築き上げた新しい北の庄(現福井城跡・福井県庁)があります。こちらも予想以上に桜が美しく、見応えがありました。ほんと願わくば・・もう少し天候が良ければ・・というところです。

↓福井城跡
140411-4.JPG

↓桜と結城秀康公
140411-5.JPG

その2へ続く。
posted by たぬき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2014年04月10日

イタダキ@京都府八幡市戸津中代

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

八幡の国道1号線沿い、以前「希望軒・八幡店」だったところに出来たラーメン店「イタダキ」さんです。

店舗の外観は、希望軒の時から大きく変わっておらず黄色い看板が目印です。お店の横に駐車場が完備されています。

店内も希望軒時代とレイアウトは同じで、多めのカウンター席と、テーブル席があります。

メニューも豚骨メインのところなど、希望軒を引き継いでおられる印象。メインはとんこつ、他に味噌とんこつ、醤油とんこつ(魚介系)、辛ごまみそ、激辛ドラゴン、こがし葱パイタンらーめん(あっさり系)、ごまみそなどがあります。他につけ麺もとんこつ、ごまみそ、しょう油(魚介系)が存在します。

トッピングもいろいろと選択することができ、単品メニュー、セットメニューも豊富に存在します。

この日は、とんこつ700円のデラックス盛り(薄切り&厚切りチャーシュー、味玉入り)+350円を注文。麺は細麺と中麺から選べるとのことで細麺を選択。茹で具合は普通でお願いしました。

登場したラーメンは、乳白色の豚骨スープ、そこに厚切り、薄切りのチャーシューが迫力たっぷりに乗せられています。他にモヤシ、ネギ、キクラゲ、味玉が入っています。

スープをいただくと、豚骨の旨みがしっかりとでた、ややこってり系のスープ。ゼラチン質も感じて、わずかに粘度もあります。チャーシューがバラ肉を使われているからか、けっこう脂分が浮いていて、若干くどさを感じます。豚骨の旨みがしっかりとしているので、脂分は、もう少し少なくても良いかな。でもレベルの高い豚骨スープだと思います。

麺は、かなり細めの低加水麺です。普通の茹で具合で注文すると、けっこう柔らかめです。豚骨ラーメンらしい強めの食感を求める方だと、硬めで注文されたほうがよいかもしれません。

チャーシューは、薄切り、厚切りともに別の肉質の物を使われている訳でなく、厚さが異なるだけのようです。脂身が多く、味つけは控えめです。厚切りの方は、脂身が多くジューシーなので、人によっては重く感じるかなと思いました。

以前、この希望軒を訪れたとき、とても良い感じの豚骨スープだなと思いました。今回も豚骨の風味自体はしっかりしていて、なかなか好みかなと。ただ全体的に脂っこくて、くどいようにも思いました。体調の問題かもしれませんが・・ チャーシューメンにするなら、薄切りチャーシューの方が良かったかなとも思います。ただ、スープがしっかりしているので、豚骨ラーメンを食べたい時の良い選択肢の一つになる店だと思います。

↓とんこつ・デラックス盛り
140410-1.JPG

↓チャーシュー
140410-2.JPG

↓麺とスープ
140410-3.JPG

↓お店の外観です。
140410-4.JPG
posted by たぬき at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年04月08日

第15回 福井駅前マラソン(大会ガイド)

第15回 福井駅前マラソン(大会ガイド)
※ハーフマラソンについてのみ書きます。

<基本データ>
◆開催日:2014年4月6日
◆種目:ハーフ、10km、5km
◆ゲスト:ゲストランナーは、いなかったと思います。

<受付&スタートまで>
◆受付、ゼッケン引換証:はがきで数週間前に送られてきます。必要最低限のことしか書いてませんので、情報の多くはHPで得ることとなります。
◆受付時間:前日13〜17時、当日8〜9時50分
◆受付場所:県民福井ビル前のテント
◆アクセス:福井駅を降りてすぐのところです。電車でのアクセスは非常に良いです。関西からでもサンダーバードを使えば余裕ある到着が出来ます。

◆スタート時間:10時40分(ハーフ)、10時50分(5km)、11時00分(10km)
◆スタート場所:西武福井店本館前

◆更衣室:男子はエコライフプラザ4階。女子は県民福井ビル6階となります。男性は駅前のアーケードなどで着替えされている方も多く、更衣室内は比較的空いていました。

◆トイレ:駅前なので、多くの施設のトイレを利用することが出来ます。エコライフプラザのトイレも、それほど混雑は激しくはありませんでした。

◆スタート前給水所:駅前で、特に給水所はなかったと思います。

◆売店:大会特有の売店などは設置されていません。
◆手荷物置き場:ゴール地点が異なるため、駅前にトラックが待機しているので、そちらに預けます。ハーフ用のトラックは早く出発していたので、早めに預けるほうが無難かもしれません。私は遅れて5kmのトラックに預けましたが、ゴール後の受取場所では、きちんと仕分けられていました。
◆その他:スタート位置は、タイム順など特に決まりはありません。

<コース>
◆概要:福井駅前をスタートし、フェニックス通りを通り新木田交差点を西へ。テクノパーク福井工業団地あたりまで行き、折り返し福井運動公園内の陸上競技場がゴールとなります。

◆起伏:起伏はほぼなく、非常にフラットなコースです。天候が良ければ記録も狙えると思います。

◆トイレ:コース上に設置はされていませんでした。

◆給水所:給水2カ所、スポンジポイントが3カ所。

◆給水の種類:水のみです。

◆制限時間:2時間30分

◆観客:雨天のためか、ほとんどおられませんでしたが、所々で応援してくださる方がおられました。

◆私設エイド:この日は存在しなかったと思います。

◆距離表示:最初の2kmまでは1kmごと。そのあとは5kmごと。
◆計測:チップ計測です。

◆その他:季節がら、桜が非常に美しいです。雨天でなければ、なお素晴らしかったと思います。

<ゴール後/その他>
◆参加賞:スポーツタオル、フェイスタオルのセット
140408-1.JPG

◆完走賞:なし

◆参加特典:スポーツデポ/アルペンの500円引き券、極楽湯福井店の割引券などがくばられます。また順位による抽選会もありました。
◆完走特典:特にありません

◆完走ドリンク:富士山おいしい水(アサヒ)
◆記録証:即日発効です。
◆手荷物:すぐにもらえました。
◆その他:私は乗らなかったのですが、運動公園から福井駅までは無料バスが運行されています。また運動公園内は、いくつかの出店がありました。

<感想>
給水所の少なさや、距離表示の少なさなど、少し不親切な部分も感じるのですが、駅前がスタートと言うアクセスの良さ、ほぼフラットなコースと天候が良ければ記録が狙えそうな大会だと思います。
posted by たぬき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会ガイド

2014年04月07日

井手・玉川の桜@京都府綴喜郡井手町(4)

毎年のように訪れる井手の玉川の桜。今年は4/5に訪れました。

約1.5kmにおよぶ玉川の桜並木は、とても美しいものです。この日は満開そのもの。観光客は、例年に比べると少なめにも思いましたが、地元、木津川の春と言えば、やはり玉川という感じがします。

今年も温かい日々が訪れる季節となりました。

↓過去の記録
井手・玉川の桜(3)
井手・玉川の桜(2)
井手・玉川の桜(1)

↓まさに桜のトンネル。
140407-8.JPG

140407-9.JPG

↓満開でした。
140407-10.JPG

140407-11.JPG
posted by たぬき at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

すし玉@富山市掛尾栄町

富山に来たからには、魚介を楽しもうと検索で引っ掛かった回転寿司屋さん「すし玉」さんへ向かいました。富山・石川の地場のネタや米・醤油などにこだわっておられるようです。

お店は、41号線沿い。北上する方向に面してあります。お店の前に駐車場は完備されています。

お店に入口に、この日のおススメのネタなどが書かれています。この日は16時ごろに訪れたため、いくつかのネタは切れていたようなのが残念なところ。前回、富山を訪れた際、ほたるいかを食べられなかったのですが、生のものは全て出てしまっていると書かれていました。

16時なのに店内は満席状態。店内は、カウンター席とテーブル席があります。回転寿司ですが、レーンには、それほど回っておらず、ほとんどのお客さんが、職人さんに注文してにぎってもらっておられました。

寿司はネタによって105円~735円まで。刺身や一品モノなども豊富に存在します。

この日は、お店の人のおススメなどを聞きつつ、以下のものを注文しました。

サス(かじき)トロあぶり、いわし、富山湾盛り(白エビ、かにばらみ、ホタルイカ)、焼穴子、サス(かじき)中おち、びんちょうまぐろのカマトロ、カニ甲羅揚げ。

全て価格の割にはネタが大きく、満足度が高かったのですが、良かったと思ったのは、サストロあぶりの厚み、香ばしさ、そして柔らかさ、口に広がる旨み。サスの中おちは105円ネタなのに、十分、旨みたっぷりで脂もそこそこ乗っていて、満足度の高いものでした。

びんちょうのカマトロの脂の乗り具合も素晴らしく、口の中でトロける食感。焼穴子は、ネタが大きくて食べ応えがありました。

一品一品、しっかりと握ってくださる職人さんたちの対応も良く、居心地も良かったので、車でなければ飲みたかったなぁと思うお店。お酒は飲まなかったけど、一人2000円台で、味は良いのに安上がりな寿司を堪能することが出来ました。富山の回転寿司は、さすがに安くて美味しいなぁと堪能できたお店です。

↓サス(かじき)トロあぶり、いわし
140407-1.JPG

↓富山湾盛り(白エビ、かにばらみ、ホタルイカ)、焼穴子、サス(かじき)中おち
140407-2.JPG

↓びんちょうまぐろのカマトロ、カニ甲羅揚
140407-3.JPG

↓お店の外観です。
140407-4.JPG
posted by たぬき at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月06日

第15回福井駅前マラソン

2月に出場した木津川マラソン以来、左足が少し違和感を感じる日々。不安を持ったままの福井駅前マラソン(ハーフ)に参加です。

福井と言っても駅前が受付&スタートなので、関西からでも意外とアクセスは良いです。私は特急サンダーバードで訪れました。

駅を降りるとすぐに雨。予報はレース中が雨とのことでしたが、レース前から雨が降っています。駅前すぐのビルが男性更衣室になっていたので、受け付けを済ませた後、着替えて、スタート直前までゆっくり待ちます。

スタート地点には、ゴミ袋をかぶって雨対策。しっかりと雨が降ってます。

そしてスタート。身体も冷えるのと、怪我もあり、それほどしっかりとトレーニングも出来ていないので、木津川マラソン(フル)と同じようにハーフ時点(ゴール)を1時間50分くらいを目標として設定して、走っていくことに。

まわりの桜はきれいだし、足羽川の桜並木とか、特に美しいのに。とにかく雨!雨!追い風の時は良いにせよ、向かい風になると顔面が痛いくらいの雨。そして目に雨が入りすぎて視界も分からず、何度も顔や目を拭きながら走ることに。

寒さもあり、ゴミ袋をかぶっている部分より先、腕、手などは感覚がない状態に。どんどん遅れて行きます。それと5kmくらいから寒いからか、普段気にしている左足の違和感も感じました。なので、さらにスローペースで走ることに。ただコース自体は、とてもフラットで、雨風がなければ走りやすいと思います。

途中、くじけそうになりますが、気持ちをこらえて走り続けます。10kmを過ぎたころから若干雨もやむ時間が増えて来たような。

15km地点では、雨もやんで、シューズはずぶずぶでしたが、しっかりと走ることが出来るように。そのころから左足の違和感も、そんなに感じず。遅れを取り戻そうと、一生懸命走ります。

前半の遅れはだいぶカバーできましたが、しかしながら、1時間50分ジャストくらいでのゴールとなりました。

とても寒い耐久レースでしたが、この大会、天気が良ければ、そこそこ楽しめそうに思います。コースもフラットで、記録も出そうです。個人的にも、じっくりと足を治して、トレーニングして、記録を残せる状態で、再度挑戦してみたい大会となりました。

↓雨の降る福井駅前スタート地点。
140406-1.JPG

↓ゴール地点の運動公園。この時点では雨がやんでました。
140406-2.JPG
posted by たぬき at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会