2014年05月31日

天下一品・宇治田原店@京都府綴喜郡宇治田原町南亥子

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日はGW。朝から天下一品のHPをチェックしていた私。そうすると知らない店舗があるなぁ・・・と。気になって昼食時に訪れました。天下一品・宇治田原店です。お店に着くと知らないはず、オープンは2014年4月28日とのこと。

お店は、307号線沿い、ドラッグユタカの隣の民家風の建屋を改築して営業されています。お店の前と横に駐車場は完備されています。

店内は、とても落ち着いた雰囲気で天一に思えないような空間です。カウンター席、テーブル席、座敷が用意されていて、そこそこの人数が入れそう。しかし、この日はオープン直後ということもあって、常に満席状態。運よく入れた私ですが、そのあと見ていると常に待ち客がおられました。また接客もとても丁寧です。

メニューを見て、瞬間的に思ったことは、ここは信楽の上朝宮店と同じ系列なのかな?と思います。ラーメンでなく中華そばと名付けられていて、基本が700円でこってり・あっさり・屋台の味(こっさり)から選択可。他に辛コクラーメン、スタミナ中華そば(近日中に発売予定)、コーンバターラーメンなどオリジナリティのあるメニューも存在します。また単品やセットメニューも充実しています。

この日は、中華そばチャーシュー・こってり840円を注文。ニンニク入れますかと聞かれましたので、入れていただきました。

このお店、煎茶を出してくださるのも特徴的。これがすっきりコクのあるもので、なかなか美味しく、うれしいサービスです。

登場したラーメン、天一らしい見栄え。細めのメンマ、チャーシュー、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、不思議な感じで、天一の一般的なスープと比べると、とてもマイルドな感じでした。ザラツキなどは感じず、とにかく粘度あるジェル状の食感で、それと鶏の旨みが強すぎず、こってりすぎず自然な感じの味なんです。あと意外と唐辛子のようなものが多く入っていて、辛味が強めなのも特徴的に思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。しっかりと食感を残している感じで、粘土あるスープと絡めて食べると楽しいものです。

チャーシューは、薄切りのもので、スープを邪魔しないような薄味のものを使用されていました。あくまでこってりスープに対する脇役的な存在です。

今回訪れた、こちらのお店。雰囲気も良いのですが、天一のラーメン自体が上品に進化したような、丸さを感じる一杯でした。この日だけなのかもしれませんが、また再訪する機会があれば、味を再度試してみたいです。

↓中華そばチャーシュー・こってり
140531-1.JPG

↓チャーシュー
140531-2.JPG

↓麺とスープ
140531-3.JPG

↓お店の外観です。
140531-4.JPG
posted by たぬき at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年05月29日

都飯店国一・久御山店@京都府久世郡久御山町大字田井小字荒見

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道一号線沿いにある都飯店の久御山店です。お店は、一号線の北上する側のレーンに沿って存在します。

店舗は、複合店舗の一つとしてあります。お店の前に車が多く停められる駐車場が存在します。

店内は、とてもきれいで明るい雰囲気。席はカウンター席とテーブル席が並び、比較的多くのお客さんがはいれるようになっていますが、この日はほぼ満席。接客も良い感じで好印象でした。また製麺室がありましたので、店内で製麺されているのだと思います。

麺メニューは、四川ラーメン、Siroラーメンの530円(税込)を中心に、カリーラーメン640円、しょう油ラーメン530円、チャンポン麺790円、ハカタラーメン690円など。他に豊富な中華メニューも存在します。お得そうなのは、セットメニューで、ボリューム系で値段も控えめになっています。

この日は、四川チャーシューメン780円を注文。

登場したラーメンは、四川ラーメンらしい辛そうな見た目のスープは、やや濁りがあり、真ん中にチャーシューとネギが乗せられています。ほかのトッピングは、白菜、ひき肉、にら、刻んだ玉ねぎ、人参などです。

スープをいただくと、本店と比べるとマイルドな辛味で、スープ自体も柔らかみを感じます。ここも本店と同じ鶏ガラをベースとして使っているのでしょうか。辛味がありますが、飲みやすさもあるスープだと思います。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。程よい触感で、スープの中にある刻み人参、玉ねぎ、ひき肉などと絡み、スープの旨みを口に運んでくれます。このひき肉や野菜類がうまい具合に、辛さを緩和してくれます。

またチャーシューは、赤身肉で、比較的厚切りのものを使用されています。しょうゆダレで強めに味付けされ、食感もしっかりしていて存在感のあるものです。量も十分量で食べ応えありです。

また薬味や天かすが置かれていますので、私は天かすを途中で投入しました。天かすがマイルドなスープを吸い込み、これまた絶妙に美味しさが増す感じでした。

こちらのお店は、一号線沿いということもあり、比較的、移動途中などに使いやすいお店だと思います。外観以上に明るい雰囲気もあり、メニューも豊富なので、何度でも利用することができそうです。

↓四川チャーシューメン
140529-1.JPG

↓チャーシュー
140529-2.JPG

↓麺とスープ
140529-3.JPG

↓お店の外観です。
140529-4.JPG
posted by たぬき at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年05月27日

元気う.DON・木津駅前店@京都府木津川市木津雲村(2)

JR木津駅近くにあるパチンコ屋さんに併設されているお店「元気う.DON」さんです。

この日は、以前気になっていた金沢カツカレーを食べようかなと思っていたら、新作メニューで「金の牛すじカレーうどん」610円というものが。金沢カレーで使われているルーを用いた牛すじうどんのようです。面白そうなので、そちらを注文。

かなり、黒々とした色合いのカレーうどんが登場します。具は、牛すじ、蒲鉾2枚、ネギ、天かすなどです。

このカレーの風味が、かなり濃厚ドロドロ系。粘度の高いタイプで、一般的な出汁で割ったようなカレーうどんではなく、金沢カレーのルーの味一本で勝負という感じです。濃いめでソースのような味も感じる濃厚で重みがあります。

うどん自体は、角がやや丸い、柔らか味もある大阪うどんのような麺を用いておられます。カレーが主役という感じで、逆に好印象。柔らかめの麺が、カレーをしっかりと口に運んでくれます。

それと牛すじが、以前よりさらにレベルアップしている感じで、口の中でトロケルようなホロホロ食感。量も多く、満足度は高いものです。この牛すじ持ち帰りメニューもあるようで、買われるお客さんおられるのも納得がいく味でした。

久しぶりに来たこのお店。パチンコ店併設としては、そこそこ良い感じのように思います。次こそは、金沢カレー挑戦してみたいです。

↓過去の記録
元気う.DON・木津駅前店(1)

↓金の牛すじカレーうどん
140527-1.JPG

↓うどんのアップ
140527-2.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年05月25日

繰り返される失敗

京都0-3群馬(西京極)

暑いくらいの気候だった土曜日。好天で迎えたホームゲーム。ザスパ戦です。

試合は、序盤からザスパのハイプレスに苦しみますが、ザスパの運動量が落ちてきた前半30分くらいから、徐々にサンガペースに。

ただ後半に失点すると、水戸戦と同じくDFを3枚にし、攻撃的な布陣に。DF3枚は石櫃、ジャイロ、バキという構成なのですが、バキは、ひたすら攻撃的ポジションに行き、そのサイドを何度もカウンターでえぐられ3失点。

水戸戦のあとバドゥさんは、次同じように、負けていても同様に攻撃的に行くとコメントされてましたが・・・今後も、この同じパターンでも失点が繰り返されるのでしょうか・・・

試合終了後は、大ブーイング。めずらしくメインスタンドからもブーイング。この意味を、きちんと受け取っていただきたいものです。

↓明智かめまる君
140525-8.JPG

↓試合後の選手たち
140525-9.JPG
posted by たぬき at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

とりでん・京田辺店@京田辺市田辺中央

京田辺駅前にある串焼・釜飯の居酒屋チェーン「とりでん」さんです。この日は、夕食時にふらりと訪れました。

店内は、それほど広くはないのですが、少人数のためのカウンター席、テーブル席が、そこそこゆとりのある配分で作られています。店員さんは元気で接客も素早く良い感じでした。

お客さんは、さすがに京田辺なので大学生が多くにぎわっているという印象です。

メニューは焼鳥をはじめとする串焼き、釜飯をメインとし、鶏料理を中心にそろえられています。価格もチェーン店らしくお手頃価格です。

この日注文したのは、焼鳥を中心に、とりでんサラダ、キャベツ、鶏南蛮フライを注文。

このお店の良いところは、料理の提供時間が早いこと。それと焼鳥の身がしっかりと大きめのところでしょうか。焼鳥の焼いているところを見ることが出来ないのは残念ですが、焼き目もきれいに入っていて、満足度も高いです。特にやげん軟骨の大きさや、モモ肉の柔らかさなど、なかなか良かったと思います。

一品料理は、サラダと鶏南蛮フライくらいしか注文してないのですが、サラダも豪華で見栄えも良い感じに盛られていましたし、鶏南蛮フライもボリューム系ですが、鶏の身がしっかりしていて、良かったと思います。

けっこうアルコールも飲んだと思うのですが、この日の会計は1人3500円くらいだったと思います。駅前で、気軽に使いやすいお店ですし、全体的な接客やスピード感も素晴らしく、使い勝手の良い居酒屋だと思います。

↓つくねチーズ、ぽんじり
140525-1.JPG

↓ネギま、モモ
140525-2.JPG

↓ハツ、やげん軟骨
140525-4.JPG

↓とりでんサラダ
140525-5.JPG

↓キャベツ
140525-6.JPG

↓鶏南蛮フライ
140525-7.JPG

posted by たぬき at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年05月22日

第34回奥びわ湖健康マラソン(大会ガイド)

第34回 奥びわ湖健康マラソン(大会ガイド)
※15qの部についてのみ書きます。

<基本データ>
◆開催日:2014年5月18日
◆種目:15km、5km、1.5km
◆ゲスト:ゲストランナーは、おられませんでしたが地元ラジオ局DJの方が走っておられました。

<受付&スタートまで>
◆受付、ゼッケン引換証:はがきで数週間前に送られてきます。必要最低限のことしか書いてませんので、情報の多くはHPで得ることとなります。
◆受付時間:8時30分〜10時00分
◆受付場所:長浜市役所西浅井支所
◆アクセス:JR永原駅を降りてすぐのところです。電車でのアクセスは非常に良いです。

◆スタート時間:10時30分(15q)、10時35分(1.5km)、10時55分(5km)
◆スタート場所:西浅井支所のすぐ近く

◆更衣室:隣の体育館が更衣室だったようですが、私は使用していないので様子がわかりません。

◆トイレ:参加者がものすごく多いわけでないので、それほど混雑はしてませんでした。仮設トイレがあるほか、支所の中のトイレなども利用できました。

◆スタート前給水所:アクエリアスが置いてあり、ボランティアの中学生たちが配っていたと思います。

◆売店:小規模大会にしては、地元特産品、フード、ランニング用品店など充実しています。
◆手荷物置き場:預ける場所がなく、適当にみなさん置いてました(^^;。
◆その他:スタート位置は、タイム順など特に決まりはありませんが、私が6年前に出場した時より、ずいぶん参加者が増えていてスタートまで長い列となりました。

<コース>
◆概要:西浅井支所をスタートし、琵琶湖岸沿いを奥琵琶湖パークウェイ方面へ。約7kmで折り返し、ゴールを目指すコースです。

◆起伏:起伏はほぼなく、ほぼフラットなコースです。

◆トイレ:給水所のうち2か所(往復なので4回通ります)にトイレが設置されていました。

◆給水所:給水3カ所(往復のため6回通ります)

◆給水の種類:水、アクエリアス。地元の中学生がボランティアで一生懸命してくださいます。

◆制限時間:2時間で、交通規制が解除されるようでした。

◆観客:地元の方が、数は少ないのですが、温かい声援を送ってくださいます。

◆私設エイド:存在しませんでした。

◆距離表示:5kmと、8kmからは1kmずつ存在したと思います。
◆計測:タイム計測はされず自分で確認するのみです。ゴール後に順位を書いた紙を渡され、それを町内ボランティアの方に渡すと手書きの順位と名前を書いた完走証を発行してくださいます。

◆その他:とにかく湖岸沿いで、のどかで景色が美しいコースです。

<ゴール後/その他>
◆参加賞:スポーツタオル
140522-1.JPG

◆完走賞:なし

◆参加特典:特になし
◆完走特典:特になし

◆完走ドリンク:アクエリアスが自由に飲めます。
◆記録証:手書きの記録証を発行してもらえます。
◆手荷物:私は屋外に置きっぱなしで心配でしたが、大丈夫でした(^^;
◆その他:昔は抽選会が大会終了後にあったと思うのですが、今回はなかったと思います。

<感想>
ローカルな大会ですが、手作り感がある温かい大会で、運営もボランティアの中学生さんも、とても素晴らしい対応をしていただけます。駅前でアクセスも良く、コースも美しいので、何度でも出てみたい大会の一つです。
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会ガイド

2014年05月21日

ラーメン昊@奈良市三条添川町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄新大宮駅とJR奈良駅近く、三条通り沿いにあるお店「ラーメン 昊」さんです。こちらのお店は、亀王さんでしたが、そこから独立されて営業されています。

店舗は、黒い色合いの外観ですが、ラーメンの旗が目印となります。駐車場は、存在しません。

この日は、平日の昼間に訪れたのですが、お客さんは私一人。少し暗めにされていた店内。最初、営業されていないのかな・・と思ったくらいでした。店内は、カウンター席とテーブル席があり、お店は老夫婦で切盛りされていました。

ラーメンメニューは、昊らーめん(とんこつ塩)600円をメインに、味噌らーめん700円、しょうゆとんこつ650円などがあります。それぞれトッピングなどで値段が変わります。また定食メニューや、一品ものも、とても充実していました。

この日は、名物と書かれていた、昊らーめん(とんこつ塩)のチャーシューめん950円を注文。

登場したラーメン、白濁した豚骨スープに、チャーシューが5枚トッピングされ、そこにゴマが振りかけられています。他にナルト、煮玉子、太めのモヤシ、ネギが乗せられています。メニューには、チャーシューは7枚と書かれていたのですが、5枚。大きさなどで変えられるのでしょうか。。ちょっと損をした気分。

スープをいただくと、亀王さんと同じ、あっさりとした豚骨をイメージしていましたが、あっさりながらも、しっかりと豚骨のコクを感じる味で、なかなか好印象。こってりすぎないのですが、豚の風味がしっかりと出ていて、まろやかで旨みがあります。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。食感の良いタイプで、豚骨スープとの相性も良いものです。

チャーシューは、濃いめに味つけられたもので、噛むと口の中でとろけるような食感。これは、素直に旨いなぁと思える高レベルのチャーシューでした。煮玉子も、少し味が入っていて、良かったと思います。

亀王の味と同じかな?と思って入ったお店ですが、豚骨スープの印象は、こちらのほうが良い印象です。チャーシューがメニュー表示より少なかったのは、残念なのですが、チャーシューの仕上がりは素晴らしいものでした。奈良は豚骨の優良店が多いなと思いますが、このお店もなかなか良いなと思いました。

↓昊チャーシューめん
140521-1.JPG

↓チャーシュー
140521-2.JPG

↓麺とスープ
140521-3.JPG

↓お店の外観です。
140521-4.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年05月19日

中華料理 田村@長野県伊那市西町区下春日町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伊那市で昨年に続けて、またローメンを食べようと、夕刻ごろ中華料理 田村さんに訪問。昨年は「萬里 本店」で、汁ありのローメンを食べたので、もうひとつ汁無しタイプのローメンがいただけるとの口コミを見て、こちらに訪問です。

お店は伊那市駅を南西に進むと存在します。外観は、古くからある中華居酒屋という雰囲気です。お店の前と横に5台ほど駐車スペースがありました。

店内は、カウンター席と座敷がある中華食堂、居酒屋的な雰囲気。老夫婦で営んでおられます。接客は、どちらかというと愛想が不足した暗い感じでした。

メニューは、伊那名物のローメンとソースカツ丼をメインにされていますが、中華メニューだけでなく、ラーメン、うどん、焼魚など豊富に存在します。

この日は、ローメン700円と、おたぐり(馬もつ)500円を注文。数人で訪れたため、友人の注文した馬肉煮込み600円などもシェアでいただくことに。

そしてローメンの登場。驚くことに過去の口コミとは異なり、汁ありタイプでした。汁無しが食べたかったのに・・と残念な気分。萬里さんのローメンは、自分で味付けをアレンジするタイプでしたが、このお店も同様に、ソース、酢、一味の3種が薬味として出されました。

ローメンの具は、キャベツ、玉葱、マトンの3種のシンプルなものです。スープは、とてもマイルドな味わいでソースの味が加わっています。少しニンニクの風味も感じるように思いました。このお店は、ラーメンも扱っておられるので、なにかスープのベースに使っておられるのかもしれません。

麺は、中太の蒸し麺で、ぽそっぽそっとした食感の物。ソースの風味と絡んだ味は、焼きそばとラーメンの真ん中のような、独特の風味です。マトンも意外と癖がなく食べやすいのですが、量も少なくインパクトに欠けます。昨年、萬里さんで味わったような感動は少ない一品だったように思います。

おたぐり(馬もつ)は、牛のもつと比べても、あっさりといただける感じで、食感も心地よいし、お酒に合いそうな一品です。癖も無くとても食べやすいものだと思いました。

こちらのお店、ソースカツ丼もされていて、そちらの写真を見ていると、とても美味しそうで・・ ローメンよりも、ソースカツ丼を注文したほうが良かったかも?とも思ったお店です。でも二度目のローメン体験、貴重な味を楽しめて良かったと思います。

↓ローメン、おたぐり(馬もつ)
140519-1.JPG

↓麺とスープ
140519-2.JPG

↓お店の外観です。
140519-4.JPG
posted by たぬき at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2014年05月18日

第34回奥びわ湖健康マラソン

GWに1週間寝込んで、その後、体力自体は回復してましたが、咳と鼻水が止まらない毎日。10日ほどあるので、治るだろうと思っていましたが、ついに大会当日まで症状は治まらないまま。

そんな感じでテンション低目で訪れた大会です。もともとGWは走りこむつもりだったのに、走りこむことができず、しかも体調も低く、なので、マイペースで走ることを目的に。

この大会は、2008年に出場して以来。その時も快晴で。この日も快晴。あぁ、こんな日に絶好調の体調だと最高なんだろうなぁと・・

JR永原の駅を降りると、DCTさんらしき人影が・・・ あっ!と思いつつ、帰りの切符を買っているうちに、姿を見失いました。

ただ会場で受付を済ませた後、DCTさんとお会いすることができて、すこしお話を。その後、のんびりとした大会なので、することもなく、スマホをいじったりで、スタート時間まで待ちました。

今回は15q。で、スタート地点に行くと・・・2008年では無かったような大人数のスタート待ちが!!! なんだこりゃ!と。まぁ、個人的にテンションも低いので、スタートまで時間かかっても良いかなと後ろのほうからスタートすることに。

スタートしてから結構かかって、スタートラインを通過。スタート時点のタイム目標は定めておらず、体調に任せるまま走ってみて、いけそうなペースで進もうと。

体調が悪いので6分/kmくらいになるかな・・・と思っていたら、5km通過時点で、ほぼ5分/km。あれ・・意外とイケる・・ 走りながら咳も出るのになんて思いつつ、その時点で、ゴールを1時間15分に設定。

天気が良く、とても景色が素晴らしいです。奥びわ湖の美しいのどかな景色。それを見ながら走ります。

7kmくらいでDCTさんと会って、「風邪と言ってる割に元気すぎません?」みたいな感じで声かけられて(笑)。「5分/kmで走ってみてます」と言ってみましたが。本来は、こんなペースで走るつもりではありませんでした^^;

その後、8kmくらいから1kmごとの距離表示があって、不思議と個人的にも、体調が乗ってきて、徐々に4分後半/kmのペースに。あれよあれよ・・というままに1時間10分ちょっとでゴール。

2008年は、怪我をしていたのですが、今回よりもずっと早いタイムでゴールしているようで。。 まだ本調子ではないのですが、いろいろと目標が新たに出てきました。次は、秋以降に大会に出るつもりですが、今期は、怪我から復帰できて、大会にも参加できるようになったことが本当に大きいことだと思っています。徐々に体力を戻していこうと考えています。

↓大会の雰囲気。終了後、JR永原駅から
140518-1.JPG

↓奥びわ湖健康マラソン
140518-2.JPG
posted by たぬき at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年05月16日

信南レストラン岳楽彩@長野県駒ヶ根市赤穂大徳原

中央自動車道、駒ケ岳SAのレストランです。レストラン名は「岳楽彩」という名前で営業されていたと思います。

この日は、朝9時頃、伊那の名物のローメンか、ソースカツ丼を食べたいところ・・・と思ってましたが、朝から開いているお店も見つからず。時間の制限もあったので、SAでソースカツ丼やっているとのことで入りました。

SAのフードコートではないレストランですので、座席などは、ゆったりと取られています。一人ドライバーの方にも対応できるように、カウンター席もありました。

朝のメニューは、和食系の定食メニューと、ソースカツ丼系のメニューに絞られていました。ソースカツ丼も豚の質によって普通と、信州山麓豚で値段が分かれていました。

この日は、信州山麓豚ソースカツ丼1380円を注文。ここの朝の定食メニューには、ドリンクバーが付いているようですが、ソースカツ丼には基本は付いてない模様。ただ、ソースカツ丼注文後に、ドリンクバー付いてます?と聞いたら、別に使ってもらってもいいですよと、ゆるい答えが・・・ なので、使わせてもらいました。

ソースカツ丼は、福井のものを想像しちゃうのですが、ちょっと異なっていて、丼ぶりは平たい感じ。それと大判のカツが、いくつか切り分けられていて、ご飯の上に乗っています。カツとご飯の間には、キャベツの千切りがたっぷり。

カツをいただくと、ジューシーな脂身が多めの豚肉が、厚切りで使われていて、ボリューム感あります。ソースも、ほんのり甘みがあるような味つけですが、濃すぎずちょうど良い感じで、ご飯との相性は抜群。どんどんご飯が進む感じです。ご飯の量は、若干、少なめのように思いますが、ジューシーなカツをしっかりといただけるのは良いのではないでしょうか。

伊那の街中で、ソースカツ丼を食べたことがないので分からないのですが、福井のソースカツ丼と比べると、厚切りで脂身多めの肉を使われているのが特徴の一つなのかな・・ こちらのお店は、SAのレストランということで、それほど期待はしてなかったのですが、十分美味しくいただけるカツ丼だったと思います。

↓信州山麓豚ソースカツ丼
140516-1.JPG
posted by たぬき at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年05月14日

シャンティ・押熊店@奈良市中山町

押熊にあるインド料理店のシャンティさんです。ディナーでは何度か使ったことがあるのですが、今回、初めてランチで立ちよりました。

お店は、押熊のエディオン、ケーズデンキを、少し南下したところにあります。落ち着いたカフェ風の外観。駐車場もお店の裏に完備されています。

店内も天井が高く、お洒落な雰囲気。入ったことはないのですが2階席もあり宴会やパーティーなどに対応できるようになってます。それと、このお店は接客がとても丁寧で、いつでも好印象が残ります。

ランチメニューは大きく4つあって、シャンティランチ(タンドリーチキンが付くもの)1680円、カリーズランチ1260円、ベジタリアンランチ(野菜系カリーが中心)1470円、インディアンパスタランチ1280円。他にも単品メニューなども存在します。

この日はベジタリアンランチを注文。ドリンクはマンゴーラッシーを選択しました。

ここのランチは4種類のナンが食べ放題。ナンはプレーン、セサミ、ガーリック、日替わりナン(この日はカボチャのナン)となっています。

ナンは、あらかじめ食べやすいサイズに切られています。味つけは、あっさり目で、カボチャのナンも、かぼちゃの風味がする程度で、カリーの味を邪魔しないようなもの。焼き加減もふわっとしたかんじで、食べやすいものです。

ランチの内容は、カリーが3種類。いろいろな野菜のカリー、バニールのホウレン草カリー、ダルカリー(豆のカリー)。他にサブジ、季節の野菜のパコラ、グリーンサラダ、ニンジンとクルミのサラダ、日替りサラダ、ターメリックライスとなっています。

このお店のホウレン草カリーは、かなり濃厚な味わいで、味もホウレン草がきつすぎず好み。野菜のカリーは、ジャガイモ、ニンジン、茄子、インゲンなどが大きく切られたものがゴロゴロと入っていて、やや甘めの味つけで食べやすいもの。ダルカリーは、少し癖を感じる味わいで、人によって好き嫌いが出るかも。個人的には、ナンとも合うし、良かったです。

他にパコラが、1つはブロッコリー、1つはカリフラワー入りの天ぷらで、食感がとても心地よく、単品でも食べてみたいなと思えるものでした。

京都南部から奈良市にかけては、新興住宅街が広がり、お洒落なインド料理店も多いですが、ここもランチは、お手頃価格で使いやすいと思います。雰囲気も居心地がよく、ゆったりと会話するのにも適しているお店です。

↓ベジタリアンランチ
140514-1.JPG

↓4種類のナンが食べ放題(プレーン、セサミ、ガーリック、日替わりナン(カボチャ))
140514-2.JPG

↓マンゴーラッシー
140514-3.JPG

↓お店の外観です。
140514-4.JPG
posted by たぬき at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年05月12日

ラーメンきみちゃん@奈良市芝辻町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR奈良駅の北、芝辻町にあるラーメン店「きみちゃん」です。

こちらのお店は、大阪のにんにくとんこつで有名な「薩摩っ子」 で働かれ、その後、奈良のラーメン店「鉾」をされていた方が、立ちあげられたお店とのことで、一度訪れたいなとずっと思っていました。ただ、薩摩っ子も鉾も強烈なくらいの、にんにくたっぷりのイメージがあり、なかなか訪れることが出来なかったのですが、この日、所用で金曜日、休みを取っていたので訪れました。

店舗は、シティホームズ奈良という建物の1Fにあります。この日は、改装中で外観が良く分かりませんでしたが、普段だと黄色い看板が目印になると思います。駐車場は、お店のすぐ北の交差点を東に行ったところにあるそうです。細い道のように見えたので大型車だと注意が必要かもです。

店内は、カウンターのみ8席。老年の男性が切盛りされています。とても庶民的な接客で居心地の良いものです。

メニューは、ラーメン700円、ピリ辛白ネギラーメン800円を中心として、チャーシュー麺にするか、大サイズにするかで値段が変わってきます。薩摩っ子、鉾同様にチャーシューは売りの一つ。他にも単品メニューや、定食メニューなど豊富に存在します。

この日は、名物のチャーシュー麺900円を注文。スープに入れるにんにくの量(ガバ:たくさん、イリ:普通、チョイ:少し、ヌキ:なし)から選べるので、イリを選択。

登場したラーメンは、乳白色の豚骨スープ、表面にわずかに脂分が浮いています。そしてチャーシューがたっぷり、もやし、ネギたトッピングされています。

スープをいただくと、とてもあっさりとした塩豚骨系の味わい。それと器の奥の方にごろごろと、きざみニンニクがたっぷり入っているので、癖になるような強いニンニク風味が感じられます。これぞ薩摩っ子ゆずりのライト系にんにくとんこつ!というスープです。

麺は多加水のストレート麺を使用されています。スープの中にある、たっぷりのきざみにんにくと絡んで、どんどん口に、にんにくを運んでくれます。

チャーシューは、厚切りのバラ肉を使用されています。味つけは、あっさり目ですが、しっかりと味が入り、ちょうど良い食感もあり、なかなかのもの。量も多くて食べ応えもあります。

15年ほど前、初めて奈良に仕事出来た時は、押熊の薩摩っ子、鉾、もうひとつあった田原本の鉾さんは、週末のにんにくたっぷり系ラーメンで楽しみの一つだったのですが、その味わいを楽しめるこちらのお店。チャーシューも、かなり美味しいものですので、がっつりとスタミナをつけたい方におススメできるラーメンだと思います。

↓チャーシュー麺
140512-1.JPG

↓チャーシュー
140512-2.JPG

↓麺とスープ
140512-3.JPG

↓お店の外観です。
140512-4.JPG
posted by たぬき at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年05月11日

ステーキハンバーグ&サラダバー けん・滋賀大津店@滋賀県大津市柳が崎

最近よくお店を見る「ステーキハンバーグ&サラダバーのけん」です。湖西でハンバーグ、ステーキをいただく際は明治亭に行くことが多いのですが、この日は試しに行ってみようと言うことで訪問。

お店は161号線沿いの柳が崎交差点の近くにあります。柳が崎はファミレスの宝庫。隣には同じく肉食系?の焼肉屋でんが存在します。駐車場も完備されています。

この日は夕食時に訪問、混んでいるかなと思いきや意外と空いていたのが驚き。店内はファミレスらしく広々とした座席が並びます。

メニューは、ステーキ、ハンバーグ、チキン・ポークステーキを中心にしたもの。価格は1000〜1500円くらいのものが多く、サラダバー・ライス・カレー・デザートなどのバイキングが料金に含まれています。ドリンクバーとアイスバーは別料金だそうです。

この日は、ステーキとハンバーグ両方楽しみたかったので、お店のおススメと書かれていた「カットステーキ&ハンバーグ」1599円(ステーキ120g、ハンバーグ150g)を注文。ステーキ用のソースを5種類くらいから選択出来たので、店名の付いていた「けんだれ」を選びました。

まずサラダバー&カレーライスを取りに行くことに。サラダバーには、うどんがあったり、味付うずら卵だったり、一般的なサラダバーには、あまり見ないようなものもありました。内容は充実しています。カレーは、具が大きめ。これから肉を食べると言うのにカレーの具の肉が大きいのに満足。

登場したステーキ&ハンバーグ。ちょっと見た目が悪いなぁ(笑)。ただ量は、そこそこありそうです。

ハンバーグはデミグラスソースがかけられており、柔らかみもあります。脂分は少なめな感じで、食べやすい感じです。ステーキも同様に柔らかみのあるもの。こちらも脂身が少なめで食べやすいもの。それとけんだれは、味噌風味です。これが、さらにあっさりといただきやすい味にステーキを変化させるように思いました。

初めて訪れた「けん」さん。他のハンバーグ・ステーキチェーンと比べて、お店もきれいですし、サラダバーの充実度も良く、そこそこ良さは分かる感じ。味もそこそこなのかなと思いました。ただ、この日、土曜の夕食時なのに、空いていて・・・ 食べていると道を挟んだ向かいにある餃子の王将の盛況ぶりに目がいくし、隣の焼肉でんも満席でした。もっとお客さん入っても良いとは思うのですが、毎日、この客入りだと、今後、苦しいかも?と思いました。

↓カットステーキ&ハンバーグ
140511-1.JPG

↓サラダバー&カレー
140511-2.JPG
posted by たぬき at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年05月08日

大阪王将・木津川台店@都府木津川市吐師宮ノ前

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川台の大阪王将です。この店舗は、肉料理のはや、はや系列の焼鳥屋、大将(ラーメン店)、カレー屋など多くの店舗が入っては閉店してを繰り返していましたが、昨年、大阪王将になってからは安定して客入りも良く、お店は続きそうです。

店舗は、府道22号沿いの木津川台への入り口の交差点にあります。駐車場も完備されていますし、近鉄木津川台の駅からもすぐです。

店内は、広々としていてカウンター席、テーブル席などが並びます。この建屋は焼鳥屋と大将の頃に入ったことありますが、レイアウトは少し変化しています。接客も元気で心地よいものでした。

メニューは、大阪王将らしく中華料理が並びます。大阪王将は、たまに個人経営の中華料理店のようなメニュー構成になっているところもありますが、こちらはチェーンのグランドメニュー+オリジナルメニューという基本的な構成。

オリジナルメニューは、京田辺店と共通なのでオーナーが同じなのかもしれません。オリジナルのセット・定食メニューも充実しています。

この日は、全店共通メニューの中から「NEW」マークの付いていた「五目あんかけラーメン」750円を注文。他にもNEW!として、あんかけメニューが多く存在したので、冬季限定のようなホットメニューなのかな・・と思いました。

しばらくすると登場したラーメン、見た目からも、粘度のありそうな醤油あんかけスープに、具がたっぷりと入っています。具は、白菜、チンゲンサイ、ニンジン、玉葱、キャベツ、タケノコ、キクラゲなどの野菜類と、豚肉、エビ、イカ、うずらなどです。

スープは、熱々で提供されます。たっぷりのあんかけが乗せられており、かなりの高粘度。下のスープの層と混ざるまでは、麺を持ち上げるのに力がいるくらいの粘性を持っています。醤油が濃すぎず、適度なマイルドな旨みがあり、また野菜を炒めた香ばしさも食を進めてくれます。

麺は、中細の多加水麺を使用されています。あんかけが高粘度なため、よく絡み、その旨みを口に運んでくれます。またたっぷりの具も良い具合に麺と絡みます。特にエビは、わりと大きめのものが入っていて好印象です。

今回注文した、五目あんかけラーメンは、寒い日にいただくと身体がほかほかになるのは間違いないHotメニューでした。そのスープの味もバランスがよく、誰にでも受け入れやすい一杯だったと思います。

↓五目あんかけラーメン
140508-1.JPG

↓麺とスープ
140508-2.JPG

↓お店の外観です。
140508-3.JPG
posted by たぬき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年05月06日

泰安厨房@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

イオンモール高の原のレストラン街に入っている中華料理屋さん「泰安厨房」さんです。この日は、平日の14時ごろ微妙な時間帯に入店しました。お客さんは誰もおられず、平日のこの時間帯は空いているんだな・・と驚き。

店内は、カウンター席やテーブル席が並びます。中華料理屋さんですが、清潔な感じで女性客が一人でも気軽に入れそうです。接客も、とてもハキハキしていて好印象でした。

メニューは、中華料理が豊富にあります。ランチメニューやセットメニューも存在しますし、夜は、2500円くらいでコースメニューもあるようでした。単品メニューも、使いやすいような値段設定です。麺メニューは、鶏ガラ醤油らーめん、海鮮あんかけらーめん、海鮮塩らーめんなどのラーメン類、坦々麺や、サンラータン麺、揚げそば、焼きそばなども存在します。

この日は、麺メニューの中から、海鮮あんかけらーめん780円を注文。

シンプルで美しい見た目の器に入ってラーメンが提供されます。やや濁った色合いのスープに、海鮮と野菜のあんかけが乗せられています。具は、白菜、ニンジン、メンマ、シメジ、エビ、イカ、うずら、豚肉などです。

スープは、ほんのりと甘い味付けのあっさりとした中華スープです。少しスパイスが効いていて、後味が引き締まっています。あんかけの量は、少なめで粘度もさらりとしたものです。

麺は、多加水のややねじれのあるような麺を使われています。食感が良いタイプで、具との絡みも悪くありません。具もエビは、かなり大きめでぷりっとしていて、好印象。味付けもあっさりとしていて、全体的なバランスも悪くないと思います。

この日は、イオンに用事があったので、適当に入ったのですが、この海鮮あんかけらーめんは、味つけも上品で優しく、なかなか良かったように思います。他のメニューも試してみたいので、いつか再訪したいと思います。

↓海鮮あんかけらーめん
140506-1.JPG

↓麺とスープ
140506-2.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年05月05日

マラソン4月度練習&今後の予定

4月は月初めにハーフマラソンに出場。その後も順調で、徐々に距離数も伸ばすはずでいましたが、月末GWに入り、まさかの発熱ダウン。しかもこの発熱が、これまで経験したことがないくらい強烈なもので・・丸1週間寝込みました。そのためGW期間は走りこむ予定でしたが、まったく練習できず・・・ 4月は218qの練習となりました。

走行距離
2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km
11月 0km
12月 72km
2013年
1月 22km
2月 128km
3月 59km
4月 64km
5月 0km
6月 0km
7月 36km
8月 0km
9月 44km
10月 117km
11月 275km
12月 263km
2014年
1月 378km
2月 158km
3月 194km
4月 218q

5月は18日に奥琵琶湖健康マラソン(15q)に申し込んでいます。わざわざGWはハードトレーニングの時期なので・・・と、日程をずらして予約した大会。なのにGWはダウンで、かなり意気消沈。まともにトレーニングできてないし、風邪の後遺症もあるので、たぶんゆっくりと走ることになると思います。

その後は未定ですが、夏場しっかりとトレーニングを積んで秋に備えたいと考えています。
posted by たぬき at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン練習

GW3戦目

京都4-1讃岐(西京極)

西野率いる讃岐との一戦。山本もいるし、京都とは繋がりの深いチームです。

試合自体は、終始圧倒的にゲームを支配することができ4得点。ただ後半ラスト10分くらいは讃岐ペースになって、失点もしました。

チーム力の差もあるとは思いますが、横谷がトップ下として入りかみ合いだした攻撃。これを続けて機能させていってほしいと思います。

↓試合後の大黒マイクパフォーマンス
140505-1.JPG

↓ぴかちゅー
140505-2.JPG

↓讃岐は夏のアウェイ戦の宣伝をされていました。
140505-3.JPG
posted by たぬき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2014年05月04日

555飯店@京都府井手町大字井手小字渋川

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

24号線沿い、井手町にある中華料理店「555飯店」です。こちらは、もともとはコンビニだったと記憶してますが、ラーメン屋さんの「どんたく」や焼肉屋さんの「勇気」など、お店が次々と変わってきたところです。

このお店は、赤い看板が目立ちますが、555飯店の裏に描かれるハートマークとかが少し怪しく?感じられて、入りづらい雰囲気もします。そのうち閉店するかもと思ってましたが、続いているし、お昼時は、そこそこお客さんがおられるように思います。店舗は、駐車場も数台停められるようになっています。

店内は、予想以上にシンプルで、清潔感もあります。テーブル席や宴会用の個室のような座敷スペースなどがあります。お店は、中国系の方が切盛りされていて、接客もきびきびしつつ丁寧なもの。とても好感が持てます。

メニューは、中華料理がいくつも並びますが、とにかく安い。麺類はご飯、漬物、ウーロン茶がついて600円くらい。基本、定食類も600〜700円くらいのものが多く、周りで食べている方の料理を見てもボリューム感があります。夜は宴会メニューもしておられるようで、2980円で飲み放題付きと格安価格。

この日は、メニューに生馬麺(サンマーメン)680円が載っていたので、横浜で食べたものを思い出し、注文することに。写真がずいぶん違うもののように見えましたが、聞いてみるとお姉さんが「野菜入りのあんかけラーメン風」と説明してくれたので、そうすることに。+150円で、半チャーハンも付けてみました。

登場した生馬麺は、横浜の玉泉亭さんでいただいたものとは具は似た感じですが、スープと思えるものがなく、ずいぶん異なる印象。土鍋に入っているのも特徴的です。具は、モヤシ、ニンジン、シメジ、キャベツ、ネギ、玉葱、豚肉などがたっぷりと餡に絡めて麺に乗せられています。

この餡の粘度がかなりのもので、スープは少量が鍋の底に入っていますが、しっかり混ぜるのにも力がいるほどです。麺は中細ストレート麺を使用されており、麺料理ではありますが、具がたっぷりなので、具と一緒に麺を食べる感覚。

ただ格安のお店ではありますが、味つけは優しく食べやすいし、豚肉なども豪快にたっぷりと入っていて、かなりの食べ応え。土鍋の底に残るスープは、あっさり系のほんのり甘みを感じる醤油スープで、こちらもなかなかのもの。このお店、ラーメンもいけそうかな・・と思います。

チャーハンもかなり濃いめの味付けですが、パラっとした食感もあり、こちらも好印象。量も半チャーハンといいつつ、そこそこあります。濃い味付けが好みの方には受ける味だと思います。

外観の入りにくさから、訪問したことがなかった、こちらのお店。チャーハンなどのセットにせずとも、ご飯も付くし、ボリュームを求める方には良いと思います。さらに味も悪くないので、リピーターも多いお店だと想像が出来る内容でした。

↓生馬麺(サンマーメン)
140504-1.JPG

↓麺のアップ
140504-2.JPG

↓半チャーハン
140504-3.JPG

↓お店の外観です。
140504-4.JPG

↓メニュー
140504-5.JPG

140504-6.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都