2014年05月25日

繰り返される失敗

京都0-3群馬(西京極)

暑いくらいの気候だった土曜日。好天で迎えたホームゲーム。ザスパ戦です。

試合は、序盤からザスパのハイプレスに苦しみますが、ザスパの運動量が落ちてきた前半30分くらいから、徐々にサンガペースに。

ただ後半に失点すると、水戸戦と同じくDFを3枚にし、攻撃的な布陣に。DF3枚は石櫃、ジャイロ、バキという構成なのですが、バキは、ひたすら攻撃的ポジションに行き、そのサイドを何度もカウンターでえぐられ3失点。

水戸戦のあとバドゥさんは、次同じように、負けていても同様に攻撃的に行くとコメントされてましたが・・・今後も、この同じパターンでも失点が繰り返されるのでしょうか・・・

試合終了後は、大ブーイング。めずらしくメインスタンドからもブーイング。この意味を、きちんと受け取っていただきたいものです。

↓明智かめまる君
140525-8.JPG

↓試合後の選手たち
140525-9.JPG
posted by たぬき at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

とりでん・京田辺店@京田辺市田辺中央

京田辺駅前にある串焼・釜飯の居酒屋チェーン「とりでん」さんです。この日は、夕食時にふらりと訪れました。

店内は、それほど広くはないのですが、少人数のためのカウンター席、テーブル席が、そこそこゆとりのある配分で作られています。店員さんは元気で接客も素早く良い感じでした。

お客さんは、さすがに京田辺なので大学生が多くにぎわっているという印象です。

メニューは焼鳥をはじめとする串焼き、釜飯をメインとし、鶏料理を中心にそろえられています。価格もチェーン店らしくお手頃価格です。

この日注文したのは、焼鳥を中心に、とりでんサラダ、キャベツ、鶏南蛮フライを注文。

このお店の良いところは、料理の提供時間が早いこと。それと焼鳥の身がしっかりと大きめのところでしょうか。焼鳥の焼いているところを見ることが出来ないのは残念ですが、焼き目もきれいに入っていて、満足度も高いです。特にやげん軟骨の大きさや、モモ肉の柔らかさなど、なかなか良かったと思います。

一品料理は、サラダと鶏南蛮フライくらいしか注文してないのですが、サラダも豪華で見栄えも良い感じに盛られていましたし、鶏南蛮フライもボリューム系ですが、鶏の身がしっかりしていて、良かったと思います。

けっこうアルコールも飲んだと思うのですが、この日の会計は1人3500円くらいだったと思います。駅前で、気軽に使いやすいお店ですし、全体的な接客やスピード感も素晴らしく、使い勝手の良い居酒屋だと思います。

↓つくねチーズ、ぽんじり
140525-1.JPG

↓ネギま、モモ
140525-2.JPG

↓ハツ、やげん軟骨
140525-4.JPG

↓とりでんサラダ
140525-5.JPG

↓キャベツ
140525-6.JPG

↓鶏南蛮フライ
140525-7.JPG

posted by たぬき at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ