2014年05月31日

天下一品・宇治田原店@京都府綴喜郡宇治田原町南亥子

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日はGW。朝から天下一品のHPをチェックしていた私。そうすると知らない店舗があるなぁ・・・と。気になって昼食時に訪れました。天下一品・宇治田原店です。お店に着くと知らないはず、オープンは2014年4月28日とのこと。

お店は、307号線沿い、ドラッグユタカの隣の民家風の建屋を改築して営業されています。お店の前と横に駐車場は完備されています。

店内は、とても落ち着いた雰囲気で天一に思えないような空間です。カウンター席、テーブル席、座敷が用意されていて、そこそこの人数が入れそう。しかし、この日はオープン直後ということもあって、常に満席状態。運よく入れた私ですが、そのあと見ていると常に待ち客がおられました。また接客もとても丁寧です。

メニューを見て、瞬間的に思ったことは、ここは信楽の上朝宮店と同じ系列なのかな?と思います。ラーメンでなく中華そばと名付けられていて、基本が700円でこってり・あっさり・屋台の味(こっさり)から選択可。他に辛コクラーメン、スタミナ中華そば(近日中に発売予定)、コーンバターラーメンなどオリジナリティのあるメニューも存在します。また単品やセットメニューも充実しています。

この日は、中華そばチャーシュー・こってり840円を注文。ニンニク入れますかと聞かれましたので、入れていただきました。

このお店、煎茶を出してくださるのも特徴的。これがすっきりコクのあるもので、なかなか美味しく、うれしいサービスです。

登場したラーメン、天一らしい見栄え。細めのメンマ、チャーシュー、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、不思議な感じで、天一の一般的なスープと比べると、とてもマイルドな感じでした。ザラツキなどは感じず、とにかく粘度あるジェル状の食感で、それと鶏の旨みが強すぎず、こってりすぎず自然な感じの味なんです。あと意外と唐辛子のようなものが多く入っていて、辛味が強めなのも特徴的に思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。しっかりと食感を残している感じで、粘土あるスープと絡めて食べると楽しいものです。

チャーシューは、薄切りのもので、スープを邪魔しないような薄味のものを使用されていました。あくまでこってりスープに対する脇役的な存在です。

今回訪れた、こちらのお店。雰囲気も良いのですが、天一のラーメン自体が上品に進化したような、丸さを感じる一杯でした。この日だけなのかもしれませんが、また再訪する機会があれば、味を再度試してみたいです。

↓中華そばチャーシュー・こってり
140531-1.JPG

↓チャーシュー
140531-2.JPG

↓麺とスープ
140531-3.JPG

↓お店の外観です。
140531-4.JPG
posted by たぬき at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都