2014年06月29日

レジェンドマッチそして引き分け

京都0-0岡山(西京極)

懐かしの面々が集った京都サンガレジェンドマッチ!本当に楽しかったな。パクチソンフレンズは、天皇杯優勝メンバーと、その前年のJ2メンバーを中心に、富田、慎吾、パクカンジョ、手島、上野、ヒョヨン、辻本、熱田、松川、ピーコさんなどなど。個人的には、鈴木和さんとか、石丸、平井、ハライ、現役の斎藤、松井、角田、黒部、田原あたりが参加してくれたら最高だったのになぁとは思いますが。

逆のサンガレジェンドチームは、櫛引、大野、秋田、シジ、塩谷、望月、美濃部、藤吉、森岡、成山、松山などなど、すごい面子。

試合は、基本は、レジェンドチームがやはり脚元がうまく藤吉やシジのキープはとても効いていて、優勢に進めます。藤吉の二得点、アホの坂田パフォーマンス。松山さんが決めて、そして美濃部さんのダイビングヘッド!秋田は完全フォワードの位置にいて、目立とう感ありありだし(笑)

逆に、パクフレンズは苦戦していましたが、ヒョヨンが、ハットトリック。と言っても最後は、審判が気を効かせてPKにしてくださったものですが(笑) チソンもしっかりとシュートして、得点。富田は昔を思い出すパスミスの連発(笑) でも、慎吾もカンジョも動けていたなぁ。現役でも行けそうな動きをしていました。


そして、本番のサンガの試合は、岡山と1-1の引き分け。全体的に、よく動けていましたし、ずいぶんと1対1の戦う姿勢も見られるようになったような。改善されつつあると思います。本来は、引き分けで満足していたらダメなのですが、そこそこ良い試合をしてくれたと思いました。

しかし辻本太りすぎじゃないか・・・(^^;

↓手ブレですが、パクチソン
140629-4.JPG

↓引退セレモニー
140629-5.JPG

140629-6.JPG
posted by たぬき at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

蒼龍唐玉堂・京都店@京都市占出山町

おすすめ度:★★★ (評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

四条烏丸の近くにあるお店「蒼龍唐玉堂」です。ここは、以前、大吉ラーメンでしたが、最近、このお店に変わったようです。

お店の外観は、黒い色合いに統一されていて、シックな感じです。駐車場は街中のため存在しません。

店内は、1Fはカウンター席のみの作りとなっていました。2F席もあるようですが、私は行きませんでしたので、どんな席の構成かは分かりませんでした。大吉さんの時と比べると、ずいぶん変わったような。きれいな店内です。チェーン店なので、期待してなかったのですが、店員さんもキビキビ、心地よい対応でした。

メニューは、担々麺、ラーメン、中華メニューが豊富にそろっています。

ラーメンも鶏白湯があったり、興味をそそられるものが多かったのですが、この日は、担々麺にしてみようと、青山椒担々麺850円を注文。調理を担当されている方も、丁寧に作られていて、期待が高まります。

登場した担々麺、見た目は意外と普通の担々麺。以前、同じ系列の万豚記さんの担々麺が強烈なインパクトだったので、逆にあれ?普通っぽい担々麺だなという印象です。やや泡立ったスープに、香味油のようなものが浮いています。トッピングは、ネギ、ひき肉、青山椒、ゴマなどです。

まず、混ぜずにベースのスープを味わいます。クリーミーで柔らかな味わいに、ピリッとした辛味があります。ベースは豚骨なのでしょうか。なかなか良い印象のスープ。そして混ぜると、ゴマの風味がそこそこ、そして強烈な青山椒の刺激的な味わい。スープを飲んでから、食べ終わるまでずっと口の中が痺れているような、それくらい強く山椒が効いていました。

麺は、太めの平打ち麺を使用されています。これは、もちもち食感で良い感じ。ひき肉やネギをうまく口に運んでくれます。

そして、刺激的な山椒の味わいは、ベースが柔らか味のある味なので、両極端なんですが、どちらの味も楽しめて癖になるものです。スープをすくっていると、たまに入るひき肉の味が、変化をつけてくれて何度も飲んでしまいました。

この日は、急な雨で入ったこちらのお店。意外なほど楽しめる個性的な担々麺でした。ラーメンの種類も豊富で、気になるメニューも多いので、気が向いたときに再度訪問してみたいです。

↓青山椒担々麺
140629-1.JPG

↓麺とスープ
140629-2.JPG

↓お店の外観です。
140629-3.JPG
posted by たぬき at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年06月25日

中華そば 殿・加茂店@京都府木津川市加茂町大野北出畑(4)

おすすめ度:★★★ (評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

家から近いこともあり、たまに仕事後に訪れるお店「中華そば 殿」です。大津市雄琴の本店の近所に住んでいた時期もあり、本店、この加茂店ともに馴染みのお店です。

この日は、今まで食べたことのなかったしおスープのチャーシューメンを注文。

塩だとあっさり系を想像していましたが、登場したラーメンは、予想とずいぶん異なる印象。スープは、やや濁っていて、ネギ、もやしがたっぷり。太めのメンマには魚粉がわずかにかけられており、鉢一杯にチャーシューが並べられています。

スープは、あっさり系の塩スープとは異なり、鶏ガラをとことん煮込んだゼラチン質たっぷりの粘度のあるもの。味付けこそ、薄めですが、かなりの粘度があるので、重みがあります。また鶏の旨みもしっかりしていて、あっさりではなく、こってり。鶏どろスープのような感じで売り出したほうが人気出そうです。

濃厚なスープに、かなり多めのネギともやしが入るのは、逆に薄める感じがして、これは、もっと少なくても良いかなと思いました。

麺は、細めの細めのストレート麺を使用されています。とても心地よい食感で好印象。

チャーシューは、厚めのもので、脂身もそこそこ。かなりジューシーです。スープが重めなので、結構、ズシンときます。メンマは、魚粉で味付けられていて、これを単品でいただいてビールのあてにしたいような、そんな美味しさがありました。

予想外のこってり系塩ラーメンでしたが、鶏スープが好みの方には、受ける一品だと思います。また食べてみたいラーメンです。

↓過去の記録
中華そば殿・加茂店(1)
中華そば殿・加茂店(2)
中華そば殿・加茂店(3)

↓しおチャーシュー
140625-1.JPG

↓チャーシュー
140625-2.JPG

↓麺とスープ
140625-3.JPG
posted by たぬき at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年06月23日

麺や正@奈良県西大寺小坊町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大和西大寺駅の南側にあるラーメン店「麺や正」さんです。

お店は、線路南側の自転車置き場などがあるところに存在します。外観は、派手めの黄色い看板で、よく目立ちます。駐車場は存在しません。

店内は、細長い造りで、カウンター席が手前にあり、奥のほうにテーブル席があったと思います。50代くらいの店長さんと女性店員さんの2人で切り盛りされています。気になるのは、店長さんの独り言の多さ。私はカウンター席に座ったのですが、話しかけられたのかな?と一瞬思うような独り言が多くて、けっこう戸惑います(笑)。

メニューは、しょうゆとんこつ、塩とんこつ、しょうゆ(鶏ガラ)、塩(鶏ガラ)、とんこつ、味噌と、一通りそろっています。麺は自家製麺のようで、細麺・太麺から選べるようになっています。単品メニューは、ギョーザやチャーシュー丼など、シンプルな構成でした。

この日は、メニューの一番上に書かれていた、しょうゆとんこつのチャーシューメン(950円)を注文。麺は細麺でお願いしました。

登場したラーメンは、濁った色合いのしょうゆとんこつスープ。もやし、ネギ、きくらげ、メンマ、ノリ、チャーシューがトッピングされています。それと器が運ばれた瞬間から、分かるくらい、豚骨臭が漂います。

スープをいただくと、豚骨のコクが効いた、まったりとした味わい。醤油の風味も強すぎず、こってりすぎず。しかし動物系の旨みがしっかりしているので、意外とイケる美味しさがありました。

麺は、中細の多加水のやや縮れた麺を使用されています。豚骨のお店かな・・と思っていたので、博多系の細麺を想像していましたが、そうではなく、関西によくありそうなタイプ。しっかりとした食感を楽しめる麺でした。

チャーシューは、脂身がそこそこあるものを使用されています。弾力ある食感で、味付けは薄め。量がたっぷりあるので、食べ応えがありました。またメンマは、ちょっぴり甘めの味付けで、こちらも存在感がありました。

よくあるタイプのしょうゆとんこつスープという印象でしたが、しっかりとした豚骨のコクがあって、なかなかの満足度のスープだったと思います。他にも多くのラーメンを出されているので、何度行っても楽しめそうなお店です。

↓しょうゆとんこつ・チャーシューメン
140623-1.JPG

↓チャーシュー
140623-2.JPG

↓麺とスープ
140623-3.JPG

↓お店の外観です。
140623-4.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年06月22日

新福菜館・石山寺店@滋賀県大津市平津

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大津の石山、瀬田川沿いの道にある新福菜館さんの石山寺店です。こちらは、もともと遊遊というラーメン屋さんでしたが、閉店された後、新福菜館となりました。

お店は、小さめの作りですが、赤い看板がよく目立ちます。お店の前に駐車場があり、数台停められるようになっています。

店内は、遊遊時代と、基本のレイアウトは変わってませんが、きれいになっています。遊遊さんのころは、座敷があったようにも思うのですが、カウンター席とテーブル席となっています。女性スタッフ2人と男性の職人さん2人で切り盛りされており、接客もハキハキ心地よいものでした。

メニューは、中華そば(並)700円を中心にトッピングやボリュームで値段が変わるようになっています。単品は、やきめし、からあげ、ギョーザなどがあり、それらと中華そばを組み合わせたセットメニューも存在します。また、カウンター席に茹で卵が置かれていて、無料サービスとなっています。

この日は、肉多め900円を注文。

登場したラーメンは、新福さんらしい黒いスープ、新福さんにしては、少し表面の脂分が多めな感じがしました。トッピングは、チャーシューとネギとシンプルなものです。

スープをいただくと、豚の風味が効いた醤油スープですが、新福さんの中でも醤油の辛味が強めに思いました。よく新福さんは、濃そうに見えてあっさりと表現されますが、意外と濃いめの迫力ある味を楽しむことができます。

麺は、中細よりやや太いくらいの低加水ストレート麺を使用されています。もちもちとした食感で、スープも良く吸いこんで旨みを楽しめます。

チャーシューは、けっこう厚切りのものがゴロゴロと入っており、迫力満点。醤油味もしっかりと染みていて、スープにも負けないものとなっています。

シンプルな具の構成ながらも、スープとチャーシューのストレートな強さが際立つような迫力あるラーメンをいただくことが出来ました。この道は、しょっちゅう使うので、また通りがかりに入りたいと思います。

↓肉多め
140620-1.JPG

↓チャーシュー
140620-2.JPG

↓麺とスープ
140620-3.JPG

↓お店の外観です。
140620-4.JPG

↓メニュー
140620-5.JPG
posted by たぬき at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2014年06月18日

ラーメン一徹@滋賀県大津市坂本

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR比叡山坂本駅の高架下にあるお店「一徹」さんです。

お店は高架下にあり、こじんまりとした店舗です。駐車場は存在しません。

店内は、こじんまりとした雰囲気ですが、意外と奥行きがあります。老夫婦で切り盛りされていて、接客は庶民的で居心地が良いものです。

メニューは、お店がおすすめされている味噌ラーメンを中心に、しょうゆ、とんこつ、塩が存在します。とんこつはこってりのようで、黒マー油とんこつもあり、みそ担々麺なども存在します。それと定食メニュー、単品メニューが多く存在します。

夜は、ラーメン屋さんですが、飲み屋も兼ねているようになっていまして、居酒屋メニューが豊富に存在しますし、仕事帰りの飲みという方も多くおられます。

この日は、お昼に訪れましたので、メインのみそチャーシュー900円を注文。

こちらのお店は札幌味噌ラーメンを意識しておられて、西山製麺に麺を発注されています。それもあってか、登場したラーメンは、札幌系の味噌ラーメンらしき姿。スープの表面には、かなり厚めの油の層が浮いています。トッピングは、ネギ、白ネギ、メンマ、ゴマ、チャーシューです。

スープは、すみれほどラードの香りがしないのですが、厚いラード?の層があって、それが味噌の味をよりまろやかにしてくれます。味噌も濃厚なのですが、意外と飲みやすく、味噌の味が活きつつマイルドに飲みやすい感じです。

麺は、札幌系にしては、やや細めの多加水縮れ麺をしておられます。コシのしっかりとした麺で、悪くはありません。

チャーシューは、豚の肩ロースを使用されていて、しっかりとした味が入っていて好印象。ただ、すこし一切れが小さくボリューム感には欠けるかな・・・ 味は間違いないです。

ただ、しっかりとした旨みのある味噌スープ。これは、なかなかのものです。札幌系の本格的な味噌ラーメンを食べたくなったら、こちらのお店も駅近なので、選択肢の一つだと思います。

↓みそチャーシュー
140618-1.JPG

↓チャーシュー
140618-2.JPG

↓麺とスープ
140618-3.JPG

↓お店の外観です。
140618-4.JPG
posted by たぬき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀

2014年06月12日

串八・烏丸店@京都市下京区四条烏丸西入る北側

京都によくある串カツ屋さんの串八の烏丸店です。烏丸四条を少し西に行くとお店が存在します。

お店の外観からは、少し小さそうにも思うのですが、店内は細長く、意外と多くのお客さんがはいれるキャパがあります。テーブル席とカウンター席があり、一人客にも対応できます。この日は、夜の22時ごろ訪れましたが、ほぼ満席でにぎわっていました。接客も、トレーニングされているのがわかるキビキビしたもので、心地よいものでした。

メニューは、串カツを中心に、焼鳥、一品もの、海鮮、寿司などとなっています。とにかく安いのが特徴で、串カツは1本50〜100円のものがほとんどです。また串カツも定番ものから、変わり種、季節ものと豊富なメニュー構成なので、何度訪れても楽しめそうです。

この日いただいたものは、、

串カツ・・餃子、牛肉、北海道ジャガイモ、エビ、チーズ、ナス、新玉ねぎなど。餃子は、身がしっかり入っていて意外なほど美味しい一品。玉ねぎなども具が大ぶりで、衣はサクッと。値段以上の満足度が味わえます。

焼鳥・・ネギマ、つくね。こちらも定番ですが、鶏の身が大きくてよかったですね。

生キャベツ・・山盛りキャベツ。濃厚な味噌につけていただきます。

鶏の薄切り造り・・こちらは、あっさりとしていますが、身が大きく切られていて、ボリューム感あります。400円くらいだったと思いますが、安すぎるくらいだなと思いました。

揚げ出し餅・・こちらも安い一品だったのですが、ちょうどよい醤油味が入っていて、食が進むものです。

軟骨から揚げ・・少し胡椒を聞かせた味付けでお酒が進みます。

写真に撮り忘れているだけで、ほかにも寿司なども注文して、アルコールも結構飲んだと思うのですが、会計は1人3000円以下でした。とても使いやすい価格帯で、串カツの味も素晴らしく、客足が絶えない理由がよくわかるお店です。

↓串カツ
140612-1.JPG

↓鶏の薄切り造り
140612-2.JPG

↓焼鳥と生キャベツ
140612-3.JPG

↓揚げ出し餅
140612-4.JPG

↓軟骨から揚げ
140612-5.JPG
posted by たぬき at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年06月10日

麺や まる巳@京都市伏見区深草キトロ町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪藤森駅の近くにあるラーメン店「まる巳」さんです。

店舗は、師団街道を藤森交差点から北上すると右手にあります。駐車場は、たぶん存在しないと思います。小さめの店舗で、赤い看板が目印になります。

店内は、入ってすぐのところにカウンター席、奥に細長い作りになっており、奥のほうにテーブル席があるようでした。夫婦と思える男女で切り盛りされていて、庶民的な接客です。

らーめんメニューは、醤油、塩、味噌、豚骨醤油、カレー、キムチ。つけ麺メニューは、つけ麺(魚介)、カレー、キムチ。それらのサイズやトッピングを選ぶことで値段が変わるようになっています。また単品メニューも、いくつか存在し、それらとラーメンをセットとして組み合わせることも出来るようになっています。

この日は、醤油チャーシューメン850円を注文。

登場したラーメン、鉢一杯のチャーシュー。全体的には京都ラーメン風な見栄えです。スープは澄んだ色合いの醤油スープ。チャーシュー以外には、もやし、ネギ、メンマがトッピングされています。

スープ表面には、意外とキラキラと脂分が浮いています。そのスープをいただくと、驚くほどあっさりとしていて、ほんのりとした甘い後味が残ります。京都系かな?と思っていましたが、まったく異なり、どちらかというと、関東とかで食べることができそうな昔ながらの中華そば的な味付けのように思います。あっさりしていますが、旨みもあり飲みやすいものです。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。そこそこ食感が心地よいものでした。

そしてチャーシュー。やや厚切りに切られたものがたっぷりで、こちらも昔ながらの焼豚という感じです。赤身部分が多く、しっかりとした食感と豚本来の味を楽しむことができます。

なんとなく入ったこちらのお店、素朴ながらも、しっかりと食べ応えるのあるチャーシューメンを楽しむことができました。スープもやさしいあっさり系で、どなたにでも食べやすい一品だったと思います。

↓醤油チャーシューメン
140610-1.JPG

↓チャーシュー
140610-2.JPG

↓麺とスープ
140610-3.JPG

↓お店の外観です。
140610-4.JPG
posted by たぬき at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年06月08日

みなみ@京都市南区西九条院町

京都駅八条口すぐにある居酒屋さん「みなみ」さんです。この日は17時過ぎ、ふらりと飲むことになり、歩いていると出てきたこちらのお店にお邪魔しました。

お店の外観は、きれいで新しい感じです。店内はカウンター席、テーブル席、座敷など、そこそこの人数が入れそうです。テーブル席に通されましたが、ゆったりとしたスペースでゆとりがあります。お店は、料理されている方が3人くらい、接客も3人くらいで、こじんまりとした雰囲気があります。

店内を見渡すとサインが多数。ゴルフや野球選手、サッカー選手など。私はサッカーが好きなので、その選手だけは分かりました。サインをしていた選手が韓国系の選手ばかりだったように思います。不思議に思いましたが、メニューを見てわかりました。ここは韓国料理を中心に、焼鳥、串カツなどをメインとした居酒屋のようです。焼鳥や串カツは1本150円くらいからで、一般的なチェーンと比べると、やや高めかなと思います。

この日は、瓶ビールを飲みながら、以下のものを注文(写真を撮ったものしか覚えていませんが・・)

枝豆、まぐろのとろろ掛け。

串カツ盛り合わせ・・大阪風のソースやキャベツが付いたお得なもの。身も大きく、中には、餅の串カツなど変わり種もあり。なかなか満足度は高いものでした。

焼鳥・・ねぎまと、つくねを注文。つくねが独特な味わいでしたが、あっさりとした中にもミンチの旨みが活きていて、酒が進む一品でした。

野菜の天ぷら・・定番の野菜がたっぷり。かりっとした揚がり具合で良好な食感です。

キムチ、チヂミ・・キムチは自家製とのこと。かなりの辛味が強めのもの。かむとじわっと旨みが口の中に広がります。チヂミは、トッピングなども選べましたが、プレーンのものを選択。それでもニラなどの具がたくさん。それとふんわりとした食感を楽しめるものでした。

軟骨から揚げ・・定番の味ですね。

こちらは、京都駅近くで、カウンター席もあるので電車待ちのお客さんでも手軽に使えそうです。料理も、チェーン的なものではなく、しっかりとしたものが出されるので、味も飲みも楽しみたいという方にも、そこそこ対応できそうなお店だと思います。

↓串カツ盛り合わせ
140608-1.JPG

↓つくね、ねぎま
140608-2.JPG

↓野菜の天ぷら
140608-3.JPG

↓チヂミ(プレーン)
140608-4.JPG

↓軟骨から揚げ
140608-5.JPG

↓キムチ
140608-6.JPG

↓まぐろのとろろ掛け
140608-7.JPG

↓突出し
140608-8.JPG

↓枝豆
140608-9.JPG

↓赤星
140608-10.JPG

↓お店の外観です。
140608-11.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年06月07日

雨のち曇

京都1-0東京V(西京極)

3連敗、しかも内容もいまいちだった試合が続いた、ここ数日。

この日も、試合内容としては、東京Vのカウンターを受けピンチがあったこと、京都の攻撃も停滞していたこと、決定機をなかなか決められないこと。

現実として、チームが良くないことは、再度、確認しなければならないのだと思います。

ただ、試合自体は、オスンフンが大ピンチを防いだことと、ゴール前での混戦から、三平が飛び込んでヘッドで決めたことで、勝利することが出来ました。

この日の天気と同じく、雨のち曇という内容だと思いましたが、雨のち晴となるようになってほしいなと思います。

↓真面目なマイクパフォーマンスの三平。
140607-1.JPG

↓バドゥさん
140607-2.JPG
posted by たぬき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー

2014年06月05日

きん太・総本店@京都府久世郡久御山町林八幡講

京都や大阪に多くあるお好み焼・鉄板焼のお店「きん太」さんの城陽の総本店です。この日はお昼時に訪れました。

お店は、大久保バイパスと府道25号が交差する地点にあります。かなりの大型店舗で、1Fが駐車場、2Fがお店となっています。

店内は、広々とした造りで、テーブルにも鉄板が存在します。ただお好み焼などは、お店の方が焼かれるシステム。これが見ていると、とても手際のよい作業分担で、スピーディーにされていて、非常に面白いものでした。鉄板焼きを焼かれる人は、焼匠?みたいなお店独自の認定を受けた方のみがされているようで、トレーニングされているようです。

メニューは、お好み焼、鉄板焼を中心に、焼きそば・うどん、一品料理など豊富にあります。お好み焼も600〜900円くらいで、そこそこお手頃感のある価格帯です。

この日は2人で訪れ、肉入れすぎ豚玉880円(通常の豚玉の3倍量の肉)、焼きそば野菜多め680円、きん太焼(もちしょう油)360円の3品を注文。きん太焼は、薄生地のおやつおつまみ感覚のお好み焼のようです。

まず、きん太焼(もちしょう油)から登場。かなり薄い生地の上に玉子の薄い生地、その上に餅がトッピングされ、しょう油とマヨネーズで味付けられたシンプルなもの。これは、本当にサクッと食べられるもので、薄生地ですが、玉子と餅のふんわり感が出ていて、食感も楽しいものでした。

続いて、焼きそば野菜多め。野菜は人参、ニラ、ネギ、タマネギなどが入っており、野菜多めタイプを選択したのに、豚肉、イカもけっこうたっぷり入っています。味は、オーソドックスなものですが、秀逸なのは麺のもちもち感。わざわざミネヤ食品に特注で出されているようですが、さすがという味。家庭では食べられないような麺というのが良いですね。

最後に肉入れすぎ豚玉。メニュー写真では、切ると豚がごろごろ入っているように写っていますが、そんなにうまく切れません(笑)。でも、やはり切っているとポロポロと生地の間から豚肉が落ちてくる。量はたっぷりです。それと生地が一般的なお好み焼よりキャベツ、卵がふんだんに使われている印象で、ふんわり感がとてもあります。

なかなかお手ごろ価格で、良好なお好み焼を楽しめるお店でした。夜の飲み使いにも良さそうなので、いつか使ってみたいと思います。

↓肉入れすぎ豚玉
140605-1.JPG

↓焼きそば野菜多め
140605-2.JPG

↓きん太焼(もちしょう油)
140605-3.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年06月03日

サグン@奈良県大和高田市片塩町

大和高田市駅の北、近商ストアの近くにあるインド料理店「サグン」さんです。

店舗はガラス張りで、赤いテント屋根が目印となっています。駐車場は存在しないと思います。

店内は、こじんまりとした空間で、テーブル席が数席並んでいます。インドのポスターや置物が並び、本場の雰囲気。店員さんもインドの方で切り盛りされています。

この日は、ランチタイムに訪れましたので、ランチメニューが存在し、日替わりや6種類のカレーから選ぶセットが約800円。すべて、サラダ、ナンまたはライス、ドリンク付きです。他にも2種のカレーを楽しめるスペシャルセットや、学生向けのセットメニューなどがそんざいしました。単品メニューも豊富にありましたし、夜の宴会メニューも用意されていました。

この日は、2人で訪れ、私は、マトンカレーセット800円を注文。カレーの辛さは選べるので普通で。ドリンクは、マンゴージュースにしました。それと追加でグリーンナン(ホウレン草のナン)350円を注文し、シェアすることに。

登場したセット、カレー、サラダ、ナンのシンプルなものですが、とにかくナンが巨大。追加で注文しなければよかったと思えるほどの大きさです。

カレーは、かなり赤々とした色合いで、マトン肉が大きめのものが4つほどゴロリと入っています。その味わいは、トマトも使っておられるようで、その酸味、そして辛さ普通にしては、意外とピリッとした辛味があります。マトン自体は、臭みもなく、ボリューム感もあり食べ応え十分。

ナンは、プレーンのものは、外のカリッと食感、それと中のふんわり感が両立していて、とにかく食が進むものです。追加のグリーンナンは、ホウレン草の味がしっかりと練りこまれていて、これはカレーに付けずとも味を楽しむことができる一品でした。

それとサラダのドレッシングが人参の風味が強く効いたもので、これも独特ながらも美味しくいただけます。またマンゴージュースの甘さ・・・これも、独特でしたね。甘すぎて水で割りたくなるくらいの味がしました。

なんとなくお昼時に使わせていただいた、こちらのお店ですが、本場のカレーの味を安くで楽しむことができるし、ナンの巨大さから、お腹の満足度も高いし、なんとも使いやすい印象の残るお店でした。持ち帰りも出来るようで、近場にあれば重宝しそうなお店です。

↓マトンカレーセット
140603-1.JPG

↓グリーンナン(ホウレン草のナン)
140603-2.JPG

↓お店の外観です。
140603-2.JPG
posted by たぬき at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年06月02日

一番星@京都市伏見区深草飯食町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

藤森駅近くにあるラーメン店「一番星」さんです。一番星さんというと、岡崎のお店が有名ですが、この両店は友人同士と聞いた事があります。

お店の外観は、岡崎のお店はローカルな洋風店を思える外観なのに対し、こちらは昭和のラーメン店という感じです。お店の前に車が一台くらいは停められそうですね。

店内は、カウンター席とテーブル席が2つほどある、こじんまりとした雰囲気。お店は、老夫婦が切り盛りされておられ、庶民的で親しみやすい接客です。この日も、写真を撮らせてもらおうとお願いしようとすると、奥さんから先に、笑顔で何でも撮ってくれてもいいよ〜と。最近、写真を構えて食べる方が多いそうで、デジカメ持ってる時点で分かるよ〜とか言っておられました。

ラーメンメニューは、基本のラーメン650円にトッピングで値段が変わるようになっていますが、みそラーメン、カレーラーメン、冷麺など岡崎のお店では見ないものも。他にはごはん、ゆで玉子、ぎょうざ、キムチ、焼豚などシンプルなメニュー構成です。

この日は、岡崎のお店もチャーシューが旨いんだよな・・と考えながら、特製チャーシュー900円を注文。

調理されているのを見ていると、しっかりとしょうゆダレで味付けされたチャーシューの塊を、厚切りに一枚一枚切られている様子が、思わず美味しそう・・と思えます。

登場したラーメン、岡崎店と同じく、鶏ガラ+豚骨の醤油ラーメンだと思うのですが、見た感じは、あっさりとしてそうな薄めの色合い。具は、たっぷりのチャーシューとメンマ。ネギ、その下にもやしがトッピングされ、あらかじめ胡椒がかけられています。

スープをいただくと、あっさり系のとんこつ醤油味で、すっきりとした中に動物系のコクを感じる飲みやすいものです。岡崎店も同じような印象があるのですが、こちらは、胡椒がかかっている分、後味がピリっと引き締まります。

麺は、中細低加水ストレート麺を使用されています。かなり柔めの茹で具合で、これがクラシックスタイルのスープとの相性が良くて、個人的にはヒット。

そして、たっぷりのメンマも食べ応えがあるのですが、やっぱりチャーシュー。やや厚切りのチャーシューは、赤身、脂身のバランスもよくボリュームたっぷり。味付けもスープを邪魔しない程度にされていて、ラーメンとしてのバランスも良いものでした。

京都の老舗店というと、かなりこってりとしたお店が多い中、岡崎とこちらの一番星さんは、京都のクラシックスタイルの基本的な味は押さえつつ、あっさりとした仕上がり。しかしながらチャーシューのボリューム感・味もよく。なかなか通好みの素晴らしいお店だと思いました。

↓特製チャーシュー
140602-1.JPG

↓チャーシュー
140602-2.JPG

↓麺とスープ
140602-3.JPG

↓お店の外観です。
140602-4.JPG

↓メニュー
140602-5.JPG
posted by たぬき at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2014年06月01日

マラソン5月度練習&今後の予定

5月の練習はGWに発熱したため、GWに走りこむ予定だったのが中止。そして奥びわ湖健康マラソンは、意外とよく走ることが出来ましたが、5月21日にトレーニング後、家で、どうでもよいときに膝をひねり故障しました。膝の痛み自体は、5月中、休んで今日6/1に走ってみると、痛みが消えていたので、大丈夫だと思いますが、アクシデント続きの5月。走行距離も129kmと少なめでした。

2012年
1月 302km
2月 297km
3月 89km
4月 111km
5月 173km
6月 197km
7月 18km
8月 12km
9月 27km
10月 0km
11月 0km
12月 72km
2013年
1月 22km
2月 128km
3月 59km
4月 64km
5月 0km
6月 0km
7月 36km
8月 0km
9月 44km
10月 117km
11月 275km
12月 263km
2014年
1月 378km
2月 158km
3月 194km
4月 218q
5月 129km

今シーズンの大会は、これで終了。来週、奈良マラソンの申し込みがあるので、申し込みますが、年々、争いが厳しくなっているので、今年あたり、本当に申し込めるか不安です。申し込めなければ福知山マラソンあたりに切り替えるかもしれません。
posted by たぬき at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン練習