2014年08月03日

京田辺三山木食堂@京都府京田辺市三山木高飛

平日の夕食時に、三山木駅の近所でご飯を食べることに。駅前にある「まいどおおきに食堂」さんへ。

店舗はJR、近鉄の三山木駅の前にあります。お店の前に駐車場は多く停められるようになっていました。

店内に入ると、バチバチと炭火焼の上で焼き魚を焼いておられます。良い香りが〜。このお店は、単品を適当に取って清算する食堂形式ですが、その焼き魚の良い香りに誘われました。焼いておられたのは、さんまと鮭と、あと・・なんだったかな。

さんまが美味しそうに見えたので、季節外れだけど、それ頂戴というと、焼いていたやんちゃ風のアルバイトのお兄ちゃんが、今から新しく焼きますよ!って。なんか夏の屋台みたい(笑)ここは、大学が近いこともあり、大学生らしいバイトの方がほとんどでしたけど、そのせいか、まいどおおきに食堂にしては、賑やかな感じがしました。

さんまの塩焼きは後で持って来てくれるとのことで、小鉢の、丸ごぼうと豆腐の旨煮、オクラ胡麻和、ひじきの煮物を取ってご飯コーナーへ。あ・・・っと。いつも食べてみたいと思った中華そばがあるではないか。でも、おかずはご飯に合わせてとっちゃったし・・と、ごはん小を注文。

さて、塩焼きは、本当にやんちゃ風のバイトさんが丁寧に焼いてくれて、少し待って登場しました。

焼きたてのさんまは、塩味が少なめですが、焼き立ての香りが良いものです。脂の乗りは悪いように思いましたが、ホロホロと柔らかい感じの身でご飯と相性が抜群。

丸ごぼうと豆腐の旨煮は、やや濃いめの味付けに思いましたが、あとは、あっさりとしたもので、暑い夜でも、とても食べやすいものでご飯が進みました。豆腐も大きいものが入っているのが良いですね。

まいどおおきに食堂というと、おばさん達が切り盛りしている感じですが、ここはやけに若々しい雰囲気。元気も良い感じだし、こんな食堂もたまには、良いなと思いました。

↓さんま塩焼き、丸ごぼうと豆腐の旨煮、オクラ胡麻和、ひじきの煮物
140803-1.JPG

↓お店の外観です。
140803-2.JPG
posted by たぬき at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ